米国株

【2019/11】米国株投資はサルでもできる!? 運用実績が過去最高を記録で感涙にむせぶ!!

ぶるぶる
ぶるぶる
米国市場が堅調だけど運用実績はどんな感じ??
メカニック
メカニック
ふ、ふ、ふ、ではお見せしよう!!

どうも、メカニックです。

日本の株高が止まりませんが、それ以上にやばいのは米国市場です。

ダウ平均株価は連日の高値更新!!

すでに28,000ドルを視野に入れている展開となっています。

まさかここまで絶好調になるとは想像していませんでした。

当然、自分が保有している米国株も恩恵をもろにうけております 笑

では早速どのくらいの含み益がでているのか、2019年11月現在の米国株における運用実績をチェックしていきますね。

米国株投資とは??

米国株投資は米国市場に上場している企業の株を購入して、キャピタルゲインやインカムゲインを狙う資産運用方法です。

「米国株ってなんか難しそう。」と感じる人もいるかもしれませんが、実は自分たちの周りには米国市場に上場している企業の”製品”や”サービス”がたくさん存在しています。

  • アルファベット(Google)
  • アップル
  • マイクロソフト
  • フェイスブック
  • ネットフリックス
  • ツイッター
  • アマゾン
  • マクドナルド

どうですか??

利用している商品やサービスがあったんではないでしょうか。

iPhoneはアップルですし、Googleマップはアルファベット。

アマゾンで買い物する人も多いと思います。

こんな感じで米国企業も日本企業と同じくらい普段の生活に密接に関係しているんです。

米国株については下記記事で購入方法まで詳しく紹介していますので、気になる人は是非チェックしてください。

 

管理人が米国株を保有している証券会社

まずは自分が米国株投資に利用している証券会社から紹介します。

自分は下記の証券会社で米国株を保有中。

初めはSBI証券しか利用していませんでした。

ある日、スマホ専用証券という響きにつられてワンタップバイを利用したらかなり操作がしやすかったんです。

それから並行して利用しています。

ちなみに現在は米国株投資をするならマネックス証券SBI証券楽天証券の3社を利用するのがベストです。

ただ残念ながらスマホからの操作性はお世辞にもいいとは言えません。

個人的にスマホで米国株投資をする場合はワンタップバイをおすすめします。

購入できる銘柄が少ないのがネックですけど、とりあえず有名どころは購入できますよ。

自分みたいに二刀流も全然ありだと思います。

手数料はマネックス証券が革命を起こしたことで、今年に入って一気に手数料が下がりました。

最低0ドルから購入できるなんて本当に良い時代ですよね。

 

管理人の米国株ポートフォリオ

では早速管理人が現在保有している米国株と株数を紹介します。

SBI証券での保有分

アマゾンドットコム1株
アルファベット1株
コストコホールセール2株
マスターカード3株
テスラ1株
コカ・コーラ1株
アルトリア・グループ2株

SBI証券における投資元本の合計は35万7,276円です。

先月と比較するとコカ・コーラとアルトリア・グループが増えています。

高配当株につられて購入しちゃいました 笑

ワンタップバイでの保有分

アマゾンドットコム0.00569株
VISA5.31759株

ワンタップバイにおける投資元本の合計は10万1,198円です。

こちらは先月から変更はありません。

株数がかなりへんてこな数字になっていますが、ワンタップバイは購入額を日本円で決めるためどうしてもこうなってしまうんです。

でも最低1,000円から購入できるというメリットがありますよ。

SBI証券と合算すると合計45万8,474円です!!

 

【2019/11】管理人における米国株の運用実績

では2019/11の運用実績を紹介していきます!!

今月の損益はこうなりました!!

アマゾンドットコム101,380円
アルファベット48,784円
コストコホールセール28,110円
マスターカード2,504円
VISA2,832円
テスラ8,934円
コカ・コーラ-280円
アルトリア・グループ351円

合計192,895円

先月は合計166,580円でしたのでめちゃくちゃ伸びました!!

一歩間違えれば20万円に到達していた可能性もあります。

想像以上の運用結果で大満足です!!

むしろ一ヶ月で25,000円も増加したのに文句をいったらバチがあたりますね。

牽引しているのは引き続きアマゾンドットコム。

ついに含み益が10万円を越えました。

そして先月から不死鳥のごとく復活したのがテスラです。

先月はマイナスだったにもかかわらず今月は約9,000円ほどの含み益。

チャートも良い感じになってきているのでこのまま続伸を期待しています。

新たに仲間入りした2社はアルトリア・グループが含み益になってくれたおかげでなんとかプラス。

ただこの2社はキャピタルゲインもそうですがどちらかというとインカムゲインに期待していますよ。

コカ・コーラだけマイナスだったのがちょっと悔やまれます 笑

 

今月は追加購入はしない方向

先月はコカ・コーラとアルトリア・グループを購入しましたが今月は新規購入はしません。

理由はずばり、米国市場が好調だから。

株価が上がっていると買いたくなってしまいますが、そんな時に購入すると高値掴みになってしまう可能性が高くなります。

株式は安く買って高く売るのが基本。

あえて高い時期に購入する理由はありません。

ずっと上がり続けるということは絶対にないので、下落したところで追加購入を検討したいと思っています。

もちろんリーマンショック級の下落は嫌ですが、そんな時に購入するのが一番賢いやり方ですからね。

 

まとめ

今月は過去最高の結果を残してくれました。

これもすべてアメリカ市場の株高のおかげですね。

この記事を書いている一週間はダウが市場最高値を何回も更新したので、「そりゃそうなるよな〜」という感じです。

でも高いと含み益が増えるのでいいんですが買い増しができないのは残念。

今後も下がったところで買い増しをしていき、最終的には日本株よりも米国株中心の投資にしていきたいと思っています。

やはりバフェットも言っている通り、米国株に投資するのが一番手堅く資産運用できる気がしているんですよね。

その上、SBI証券、マネックス証券、楽天証券の手数料は最低0ドルと購入手数料が大幅に引き下げられましたし、より利益を出しやすい環境になっています。

100ドル以下で購入できる銘柄が多いので日本株よりも購入しやすいと思いますよ。

また、米国株を購入するなら為替なども考慮するとSBI証券がもっとも優秀です。

これから始めようとしている人はSBI証券を選択するようにしましょう!!

今回の記事で米国株に興味を持った人がいたら是非チャレンジしてみてくださいね。

ただし今は高値圏で推移しているので購入するときはしっかりと吟味するように。

SBI証券を今すぐチェック

ユニコーン
FUNDINNO(ファンディーノ)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。