【全員プレゼント】

FUNDINNOに投資家登録で

アマギフ1,000円相当が貰えます!!

IPO投資

【IPO初値予想】さくらさくプラスは公募割れに一直線!? 新型コロナの影響で仮条件の超絶下ブレが発動!!

ぶるぶる
ぶるぶる
さくらさくプラスって上場するんだ!! てっきり中止になると思ってた。
メカニック
メカニック
でもまだ油断はできないよ。取り消しになるかも。。

どうも、メカニックです。

さくらさくプラス(7097)の仮条件が決まりましたので、いつも通り初値予想をしていきたいと思います。

詳細なIPOデータは下記記事にまとめ済み。

上場日直前には最新の初値予想も更新予定です。

当選できた方は是非こちらもチェックしてくださいね。

マネックス証券

結論:さくらさくプラス(7097)は公募割れ濃厚!!

時間がない人向けにこの記事の内容をサッとまとめました!!

【仮条件】1,150円 〜 1,430円
【初値予想 】1,200円 〜 1,600円
【スタンス 】SBI証券のみ
【狙い目】SMBC日興証券

想定価格は2,060円でしたので、仮条件は大幅に下ブレしました。

さらに公募枚数、売出枚数、OA枚数がトリプルで削減されています。

これにより吸収金額は最大9.8億円と大幅にサイズダウンです。(承認時は20.4億円)

需給面ではマザーズの小型規模となりましたので優位性は高くなりました。

業種もテーマ性がありますし、スケジュールも問題ありませんが、最大のネックは地合いです。

IPOは総崩れで公募割れ銘柄が頻発!!

もはや公募割れがデフォルトとなっている状態です。

今は買いエネルギーが極端に低いので公募価格前後での初値形成が濃厚でしょう。

損失がでる可能性もあるので、BBスタンスは慎重に検討すべきです。

ちなみに当選を目指すなら主幹事のSMBC日興証券が狙い目となります。

新規口座開設者は3ヶ月間は無条件で優遇抽選が受けられますので、当選を目指す人はなるべく早く準備してくださいね。

そして、IPO投資を始めたばかりの人は当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめました。

IPOに申し込みする前に是非チェックしてみてください。

裏技やコツは? IPOの当選確率を劇的にアップさせる7つの方法IPO投資をなかなか当たりません。しかし当選確率をアップさせる方法やコツは存在します。今回はIPO歴7年の管理人が7つの方法を徹底解説。裏技ではありませんがしっかりと実践しましょう。...

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)も注目されていますよ。

10万円前後からエンジェル投資家になれます!!

 

さくらさくプラス(7097)のIPO仮条件

ではここからは自分の考えを織り交ぜながらゆっくりとチェックしていきますね。

まずはさくらさくプラス(7097)の仮条件からみていきます。

承認時の想定価格は2,060円。

仮条件はこのように決まりました。

【仮条件】

1,150円 〜 1,430円

まぁ、普通に考えてそうなりますよね。

下限では910円の下ブレ、上限でも630円の下ブレとなりました。

超、超、弱気の仮条件です。

理由は言わずもがなコロナウイルスで間違いありません。

直近IPOも公募割れが多く、上場延期になった企業も非常に多いです。

さくらさくプラスも上場しない方がいいと思うのは自分だけでしょうか。

残念ながら今の状況では上限で決まらないかもしれません。

 

さくらさくプラス(7097)のIPO直感的初値予想

続いて本題であるさくらさくプラス(7097)のIPO直感的初値予想をしていきます。

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります。

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってくださいませ。

1,200円 〜 1,600円

(公募比約0.8倍〜1.1倍)

公募価格前後の初値予想としました。

また、公募枚数、売出枚数とOA枚数が大幅に削減されています。

  • 公募枚数:457,000株 → 297,000株
  • 売出枚数:402,900株 → 296,300株
  • OA枚数:128,900株 → 88,900株

さくらさくプラス(7097)のIPOスペック考察

それではさくらさくプラス(7097)のスペックをもう一度確認していきましょう。

初値に影響を与える”規模”、”業種”、”スケジュール”、”業績”の4つに焦点をあてて説明していきますね。

まず、上場市場はマザーズ。

吸収金額は仮条件が大幅に下ブレしましたので最大9.8億円となりました。

想定価格ベースでは20.4億円でしたので10.6億円のサイズダウンです。

さくらさくプラス(7097)のIPOにおけるブル要素

まずはブル要素からチェックしていきましょう。

仮条件が大幅な下ブレ、公募枚数などが変更されたことにより吸収金額は承認時と比較して半分となりました。

10億円未満の小型規模となり需給面での優位性は大幅にアップ。

さらに業種も保育事業の運営とテーマ性があり、今後も需要が落ちることはありません。

目新しいビジネスではありませんが社会貢献性も高く、長生きする事業です。

さらに新規承認の取り消しが続いており、スケジュールも非常に恵まれています。

注目度はいつも以上に高くなるかもしれません。

さくらさくプラス(7097)のIPOにおけるベア要素

マイナス要素は誰がみても一目瞭然です。

地合いですね。

コロナウイルスの影響でとうとう非常事態宣言も出されており、リーマンショック級に経済環境が悪化しています。

同じ保育事業として上場したkids smile holdingsも上場以降下落が続いているのも印象が悪いです。

逆風どころの騒ぎではありません。

この程度のスペックでは初値高騰はかなり厳しいと思われます。

ぶるぶる
ぶるぶる
さくらさくプラスも無理に上場する必要はないと思うけどね。時価総額もほぼ半分になっちゃったし。
メカニック
メカニック
今はIPOへの関心も低いし、厳しい初値になりそう。

さくらさくプラス(7097)のIPO業績

【売上げ】

【純利益】

現在は3期目に入っています。

グループ化したことから3期分しかありません。

ただ、売上、純利益共に増加しているのがわかります。

成長性は十分に感じますね。

市場は拡大していますし、今後需要が落ちることは当分ないと思います。

これはプラス要素と言えそうです。

さくらさくプラス(7097)のIPO初値予想アンケート途中結果


さくらさくプラスにおける初値予想アンケートの途中結果も簡単にご紹介。

結果を見る場合は左下にある “View Results” をクリック、または投票していただいても結果が表示されます。

ご協力くださいますと幸いです。

参考までに現在の結果を見ると1位は公募割れ。

2位は一応プラス予想ですが公募価格近辺ですので、やはりこのあたりで着地する予想をしている人が多いように感じます。

地合いも地合いですし、初値高騰する可能性は限りなくゼロに等しいでしょう。

 

さくらさくプラス(7097)のIPOが当選しやすい証券会社は??

続いて、さくらさくプラス(7097)が当選しやすい証券会社を紹介していきます。

IPOの各社割当枚数は下記の通りです。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人期待度
主幹事SMBC日興証券
5,550枚
555枚
1
幹事大和証券
237枚
60枚
2
SBI証券
59枚
27枚
3
岩井コスモ証券
59枚
6枚
5
マネックス証券
17枚
17枚
4
エース証券
11枚
0枚
委託幹事岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚

※目論見書に記載後に更新。割当枚数が表示されている場合は目論見書に記載されている数字を元に算出したものです。実際の配分枚数は上記よりも少なくなる可能性があります。

1番当選しやすいのは主幹事のSMBC日興証券

上記を見ていただければ一目瞭然でしょう。

当選枚数が一番多いのは主幹事のSMBC日興証券です。

当選を目指すならここからの申込は必須ですよ。

また、優遇ステージの対象者なら当選確率が大幅にアップ!!

今回は参加者が少ないのでブロンズ以上でも十分に当選できそうな雰囲気。

また、新規口座開設後の3ヶ月間は無条件で優遇抽選が受けれますのでまだ口座を持っていない人はしっかりと準備しておきましょう!!

ただし、当選したとしてもプラスリターンが決まっているわけではありません。

油断はしないように。

その他狙い目の証券会社

平幹事になるとぐっと枚数が減ってしまいます。

申し込む価値があるのは大和証券SBI証券マネックス証券の3社ですかね。

当選を目指す人はしっかりとおさえておきましょう。

また、スルーする人が多いと思いますがSBI証券からは必ず申込をしてIPOチャレンジポイントだけはゲットするようにしてください。

ポイントの価値はどんどん下がってはいますがまだ数百円の期待値はありますからね。

IPOチャレンジポイントについて知らない人は下記記事をチェックしてみてくださいませ。

ぶるぶる
ぶるぶる
いくら人気がないといっても平幹事からの当選は難しいかな。
メカニック
メカニック
SMBC日興証券から申込をすれば高確率で当選できるかも。

 

さくらさくプラス(7097)のIPO最終BBスタンス

最後にさくらさくプラス(7097)における最終的なBBスタンスを紹介します。

 証券会社抽選結果
主幹事SMBC日興証券
不参加
幹事大和証券
不参加
SBI証券
参加
岩井コスモ証券
不参加
マネックス証券
不参加
エース証券
ネット申込不可
委託幹事松井証券(?)
不参加
楽天証券(?)
不参加
岡三オンライン証券(?)
不参加
GMOクリック証券(?)
不参加
ライブスター証券(?)
不参加
DMM株(?)
不参加

未定としていましたが、SBI証券からの参加としました。

かなり小型になりましたがそれでも強気で攻めたいとは思えません。

悪い銘柄ではないんですが、今の地合いではやはりリスクが高すぎます。

今のIPO投資はローリスクではありませんので、初心者の方はスルーで全く問題ないでしょう。

個人的には公募価格決定後に承認取り消しになる可能性も高いと思っています。

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【生の口コミ】SBIソーシャルレンディングに3年投資してわかったメリット7つ・デメリット3つSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。