IPOを目指すベンチャー企業を青田買い!!

【特別キャンペーン】

1,000円分のAmazonギフト券が貰えます!!

仮想通貨

【2021年9月】分配金は?? 暗号資産レンディングに2,000万円分預けた結果がこちら

ぶるぶる
ぶるぶる
暗号資産がまた値上がりしてるね??
メカニック
メカニック
ビットコインが600万円を奪還したよ。

どうも、メカニックです!!

暗号資産の勢いが復活してきました!!

一時はビットコインが300万円台にまで下落しましたが、直近では再度600万円代に突入。

この記事を書いている時点では620万円ほどになっています。

もちろん、他の暗号資産も絶好調!!

比例して、暗号資産レンディングも好調です!!

ということで、今回は2021年9月における暗号資産レンディングの運用実績を紹介したいと思います。

YouTubeでも紹介していますので、動画の方がいい方はこちらをご覧ください。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

暗号資産レンディングって何?? 美味しいの??

まずは簡単に暗号資産のレンディングの説明をしていきます。

簡単に説明すると暗号資産を事業者に預けて利息をもらう資産運用方法です。

投資なので、元本が保証されているわけではありませんが、仕組みは銀行預金同じ。

例えば利回り5%の事業者に1BTC預けたら、1年後に0.05BTCの利息がもらえるという事ですね。

単利、複利は事業会社ごとに異なり、月利複利で提供して利回りを高めているところも存在します。

直近では国内でも取り扱う事業者が急増中。

大手はもちろん、ベンチャー企業も参入し始めています。

傾向としてはビットコインやイーサリアムなどのメジャーコインよりも、マイナーコインやステーブルコインの方が利回りが高い傾向にあります。

レンディングサービスを実施している人気の事業者は下記の通りです。

国内だとHashHubレンディングの利回りが頭一つ抜けています。

やや低下しましたが、それでもビットコイン、イーサリアムの利回りが5%前後です。

まだ公式リリースはされていませんが、多くの人が利用しています。

海外サービスだと、NEXOBlockFiです。

BlockFiは非常に良かったんですが、預け資産に応じて利回りが変わってしまい、たくさん預けると利回りが低下してしまいます。

なので、今後はNEXOを利用していこうかなと考え中。

ちなみに暗号資産レンディングについては下記記事でまとめていますのでさらに詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

 

暗号資産を貸付けている事業者と数量

現在自分はBITMAXとBlockFi、HashHubレンディングレンディングしています。

BITMAXに貸出している暗号資産

BITMAXには下記の暗号資産を預けています。

ビットコイン 0.5BTC
イーサリアム 20ETH

2020/10/14から貸し出し中。

現在のレートでは約1,073万円です。

9月のビットコインの利率は2%、イーサリアムの利率も2%です。

どんどんと低下してきて、とうとうここまできてしまいました。

流石にこれ以上の低下はないと思いたいです。

貸借料は貸出し通貨での受け取りです。

BlockFiに貸出している暗号資産

BlockFiには下記の暗号資産を預けています。

ビットコイン 0.35
テザー 0.92
イーサリアム 1.5
ライトコイン 3.47
USDC 498
 GUSD 1.93

現在のレートでは26,701ドル、おおよそ299万円です。

こちらは大きく変わっています。

ビットコインは1.8ほど預けていましたが、利回りが変更になったことから、0.35にまで下げました。

代わりにイーサリアムとライトコインを預けて、その分をカバーしています。

ただ、利回りはまだまだ改悪しそうで、正直今後の期待はしていません。。

改善しなければこれ以上増やすことはないかな。

HashHubレンディングに貸し出している暗号資産

ビットコイン 1btc
イーサリアム 10ETH

HashHubレンディングにビットコインとイーサリアムを預入中。

現在のレートで700万円ほど。

こちらは利回りが5%と高水準なので、ビットコインを追加で貸し出そうかと考えています。

どうやら11月に正式にサービスをリリースするとのことなので、その様子をみて、追加しようかどうかの最終判断をするつもりです。

 

2021年9月における暗号資産レンディングの収支結果

では暗号資産レンディングで2021年9月に得た利益を紹介します!!

下記は現在のレートになります。

BITMAX 25,477円
BlockFi 7,022円
HashHub レンディング 43,497円

合計75,996円です!!

ちなみに2021年4月の時点では合計120,920円

4.5万円ほど下がってしまいました。

原因はもちろん各社における利回りの低下です。

以前の利回りで、現在のレートだったら15万円を超えていたかもしれません。

残念ではありますが、今はレンディングの需要が非常に多いということでしょうね。

しばらくはこの利回りを維持してくれるだけでも、ありがたいという感覚でいた方が良さそうです。

ただ、それでも7万円越えの利益でしたら、これでも十分です。

数年前に暗号資産を恐る恐る購入して、今まで売却しなかった自分、グッジョブ!!

 

まとめ

暗号資産自体の価格は上昇していますが、レンディングの利回りは反比例しています。

とはいえ、まだまだこの利回りならばリスクをとってでも貸し出した方がいいかなという状況。

最近は以前よりも健全に運営している事業者が多いですし、個人的にはやめるつもりはありません。

市場規模もまだまだ大きくなっていますから、今のうちに貯めるだけ貯めておきたいと思います!!

中国のリスクもひとまず落ち着きましたし、ここからの高値更新を期待しています。

ちなみに、暗号資産をまだ保有していない人は下記記事で紹介しているキャンペーンを利用することで、タダでゲットすることが可能です。

【10月更新】ビットコインは無料で手に入れる時代!? 簡単に入手できる6つの方法

保有するだけでも勉強になると思いますよ。

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
1円からコツコツ資産運用してみませんか??

だれでもコツコツと資産運用できる新しいサービスがスタートしました。

その名はFunds(ファンズ)です。

Fundsはたった1円から信頼度の高い企業にお金を貸して利息を受け取ることができる、いままでになかった社債”風”の資産運用方法になります。

投資経験に関係なくだれでも同じパフォーマンスを出せる画期的なサービスですよ。

スマホ一つで簡単に利用できるので、興味がある方はチャレンジしてみましょう。

さらに詳しく知りたい方は下記記事を合わせてご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック