IPOの取扱急増中!!

【全プレ】

LINE証券に口座開設で最大3,000円分の株が貰えます!!

IPO投資

【必見】2021年のIPO投資で期待できそうな3つの当選戦略を考えてみた!!

ぶるぶる
ぶるぶる
今年こそはIPO投資で結果だしたいんだけどいい戦略ないかな??
メカニック
メカニック
じゃあ今年効果が期待できそうな戦略をまとめていくね。

2021年もすでに第一弾IPOが新規承認され、今年も多くの新規承認が見れそうです。

2020年はIPOの初値結果もかなりボラリティが激しい展開でしたが、今年はどうなりますかね。

ただ、IPOはまずは当選しなければ何も意味がありません。

購入する権利を取得しなければ初値がどうなろうが自分には全く関係ありませんからね。

そこで、今回は2021年のIPO投資で期待できそうな戦略をまとめてみました。

昨年からIPO投資をはじめた人も多いと思いますので是非参考にしてくださいませ。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

スマホ証券が続々参戦!!

まず注目なのがスマホ証券でしょう。

PayPay証券が「誰でもIPO」でスマホ証券で初の委託幹事を行い、2019年にはネオモバが誕生!!

ネオモバはコンスタントにIPOの取り扱いを続けており、礎を気付きました。

そして2020年の12月には大和証券グループのCONNCETが満を辞してIPOの委託販売を開始!!

当選者が多くでたことでも話題になりましたよね。

スタメンなど当選できた人もいたのではないでしょうか??

2021年も大和証券主幹事のIPOではそれなりに期待できそうな感じです。

さらに、PayPay証券も2021年はIPOに再挑戦するとのこと。

みずほ証券の主幹事IPOをPayPay証券で委託販売する計画だそうですよ。

最近はみずほ証券が主幹事になることが多いので、そこそこ期待できそうな雰囲気。

また、LINE証券の動きはありませんが野村證券が株主にいることもあり、新規参入する可能性はゼロではないと思っています。

2021年はスマホ証券に注目しましょう!!

ECFでIPOを目指すベンチャーを青田買い!!

上級者向け、さらにすぐに結果がでる方法ではありませんがエンジェル投資にも期待しています。

IPOを目指すベンチャー企業に先回り投資し、その企業が見事上場すれば大きな利益をえることが可能。


もちろん出資した企業がIPOすれば抽選に参加する必要はなし。

すでに株は保有していますので、その株を市場で売買すればいいんです。

しかもリターンはIPO投資の比ではありません!!

IPOまでいけばその時点で出資額の数倍〜十数倍になっている可能性が高く、初値高騰すればさらに利益が上積みされます。

また、IPOまでいかなくてもM&Aや相対取引でイグジットする可能性もあるんです。

実際に自分は2020年は3度のイグジット機会を得ることができました。

まだまだ怪しい投資と考えている人もいると思いますが、実績は着実にでてきています。

来年、もしくは再来年にはIPOする企業が出てくる可能性は高いと思っていますので、数年先を見越して出資してみるのもいいかもしれませんよ。

上場企業への投資では得られないことも多いです。

そして2021年は未上場株のセカンダリーマーケットも開始予定。

そうなれば未上場株を上場企業のように売買できるようになるため、新たなイグジット方法が一つ増えます。

今までは投資後の流動性が大きな問題でしたが、多少改善されるかもしれません。

ちなみに現在はプラットフォームを運営する企業が6社。

今年はさらに新たな事業者が増える可能性もあります。

ただし、もちろん投資として考えると超ハイリスクです。

始める場合はその点をしっかりと理解してくださいね。

自分の最新ポートフォリオは下記にまとめていますのでこちらも合わせてどうぞ。

 

IPOチャレンジポイントが狙い目になるIPOが増えるかも

実はIPOチャレンジポイントもについても2021年は注目しています。

「え!? なんで!?」と思う人もいるかもしれません。

直近ではポイントのばら撒きキャンペーンが多く行われた影響でむしろボーダーがインフレしていますからね。

確かに人気IPOはボーダーがどんどん高くなっており400P以上は当たり前という状況になっています。

それでも注目している理由はSBI証券の主幹事数が増加するんじゃないかと思っているからです。

2020年を見てみると主幹事数は15社でした。

2019年は7社でしたから、倍以上に伸びています。

しかもここ10年を見ても2020年は過去最高を更新。

この感じだと2021年はさらに増えると思いませんか??

主幹事数が多くなればIPOチャレンジポイントを利用する人が多くなり、さらに主幹事案件が短期間で重なれば分散しやすくなります。

その上、大型案件ならボーダーも低くなりやすいですよね。

実際にこれらの環境が重なったウェルスナビのボーダーは100P台で300株配分、しかも初値売りで5万円以上となり、ポイントパフォーマンスは1,000円以上となりました。

こんな美味しい案件が2021年も登場するかも!?

 

まとめ

2021年も今の地合いが続けば多くのIPOが新規承認されると思います。

ただ、最近はIPO投資が色んなメディアやSNSでローリスク投資として紹介されているためライバルが非常に多くなってきました。

あくまで個人的な感覚ですが節約やポイ活している人も宝くじ感覚でIPO投資に参加してきているように感じています。

おそらく年を増すごとにライバルは増えていくんではないかと。。

あきらめない事はもちろんですが、IPO投資の情報は日々アップデートされていきます。

アンテナを高くしてお得な情報は逃さないようにしましょう。

ちなみに株式投資型クラウドファンディングの最大手であるFUNDINNOと当ブログはタイアップを実施中です。

下記リンクからの口座開設でアマゾンギフト券1,000円がもらえます。

2021年に新しい投資に挑戦してみたい方は是非ご活用ください♪

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック