テンポイノベーションで主幹事が確定!!

主幹事実績急増中!! 東海東京証券のIPOルールを徹底紹介!!

2015年にネットからIPOの申し込みができるようになって注目を浴びているのが…

東海東京証券です

東海東京証券

2014年はボパール興業、日本PCサービス、東京ボード工業の3つで主幹事をつとめ、2015年では第一弾IPOの主幹事、さらに2016年はバリューゴルフやグレイステクノロジーなどここ数年で主幹事IPOが多くなっている印象です

IPO投資する上では無視できない証券会社になってきましたので今回は東海東京証券のIPOルールのまとめを記載していきたいと思います(^ ^)

東海東京証券の公式サイトはこちら

スポンサーリンク

東海東京証券の基本IPOルール

東海東京証券でかんたんダイレクトサービス(ネット取引)を選択している人はネットからIPOに参加できます

もちろん家族がいる場合、家族の人が口座開設していればそれぞれでIPOに参加可能です(^ ^)

実は冒頭でもいった通り、2015年までは電話でなければ需要申告できませんでした

しかしそれが変更されて、今では逆に電話からの申し込みはできません

自分のようなフルタイムサラリーマンですと、平日に電話する時間もなかなか取れないので、ネットからの申し込みができるようになったのは嬉しい改善といえますね♪

ただ、逆にネットから気軽に参加できるようになったため、以前よりも競争率が高くなったという話も聞きます

この辺は人によって捉え方が違ってくるのかもしれません(^^;;

資金拘束

気になる資金拘束ですがブックビルディング時には需要申告分の前受け金が必要ですが…

同じ資金で他銘柄への同一BBも可能です

オッケー ゼロ 1

よって、東海東京証券で複数のIPOの申し込み期間が重なった場合は一番価格の高いIPO分の金額さえ、入金しておけば全てのIPOに申し込むことができます(^ ^)

重複申し込みが可能だと、資金がだいぶ節約できますので少ない資金でIPO投資している人にはかなり助かりますよね♪

実は2016年の途中からこのような仕様になり、以前は重複BBが不可能で申し込み時に資金拘束がされていました(^^;;

個人的に東海東京証券は日々投資家のことを考えて改善していってくれているように感じます

入出金の方法は??

東海東京証券ではネットから入金するいわゆる即時入金サービスに対応していますので、夜間でも休日でも手軽に入金することができます。

昼間仕事で入金できないという人でも全く心配いりません。

また、銀行振り込みでも入金が可能で、振り込み手数料は東海東京証券が負担してくれますから金銭的にもマイナスになりません

振込手数料は基本お客側が負担することが多いので、ここは非常に嬉しいサービスです♪

出金に関してもネットから申請できますのでこちらも特に難しいことはないと思います

また、自分は以前、振り込み手数料無料の住信SBIネット銀行から東海東京証券に入金した時があったんですがわざわざ、

「振り込み手数料の負担はありませんでしたでしょうか??」

とわざわざ電話をいただきました

かんたんダイレクトサービスのユーザーにもこうして丁寧に確認の電話をくれたので少しびっくりしましたが”会社がとてもしっかりしているんだな”と関心してしまいましたね

自分はかなり東海東京証券に好印象を持っています(^ ^)

IPOの抽選方法は??

東海東京証券は引き受け枚数が”2,000単位以上“か”2,000単位未満“で抽選方法が変わってきます

下記で詳しく紹介していきますね(^ ^)

2,000単位以上

東海東京証券の引き受け枚数が2,000単位以上の場合は10%を以上を完全抽選で当選者を決めます

“資金量”や”払った手数料”に関係なく誰でも公平に抽選を受けることができますよ♪

2,000単位未満

東海東京証券では2,000単位未満ですと少し抽選方法が変わってきます

まず、10%をコンピュータによる抽選

残りの90%は優遇ステージサービスによる抽選で配分先を決定します

優遇サービスは手数料と預かり資産の多さに比例してステージが上がっていき上にいけばいくほど当選率が高くなる設定です

東海東京証券 優遇ルール 1

ステージは上記画像のような仕組みでステージSが最高ランクとなっています

一応、裁量配分はなしとなっていますがこの優遇サービスはほぼ裁量配分と一緒ですね(^^;;

引受枚数が2,000単位未満の場合は”資金量が多い人”、”手数料を多く払っている人”が有利になるシステムといっていいでしょう

ただし、10%分は誰でも平等にチャンスがありますからネット組みでも十分チャンスはあると思います♪

IPOキャンセル時のペナルティは??

IPOが当選した後に「やっぱり、公募割れしそうだから購入するのやめよ!」とキャンセルしたくなる場合もあるでしょう

東海東京証券でも他の証券会社同様にIPOが当選した場合はキャンセルすることができます

以前は電話でIPOを申し込むという都合上、キャンセルできなかったのですがネットから申し込もみができるようになりキャンセルも可能になりました

ただし、ペナルティについては公式サイトでも記載されておらず不明です(^^;;

ペナルティがある可能性は低いですが、念のため注意はしておきましょう!!

管理人の当選実績

管理人は東海東京証券で5つのIPOが当選しています

一つ目は”海帆

東海東京証券 海帆 IPO 当選

この時はまだ電話での申し込みしかできず、当選画像がないのですが当選連絡があった後に目論見書が送られてきました(^ ^)

2つ目は”ゆうちょ銀行

東海東京証券 ゆうちょ銀行 当選

3つ目は”日本郵政

東海東京証券 日本郵政 当選

そして4つ目が2016年の11月に上場した岐阜造園

岐阜造園 東海東京証券 当選

最後が2016年の12月に上場したグレイステクノロジーです!!

グレイステクノロジー 東海東京証券 当選

この5つのIPOで52万円以上の利益を得ています♪

海帆に関しては主幹事でもないIPOだったので期待していなかったのですが、当選の連絡をもらった時は本当に驚いてしまいました

「こんな自分にも配分してくれるなんて、しっかりと抽選してくれているんだな〜」と感じた覚えがあります(^ ^)

そして東海東京証券が主幹事だったグレイステクノロジーでは40万円以上の利益!(◎_◎;)

この時は驚きすぎて、当選が信じられずに何回もログインして確認しちゃいました(笑)

まとめ

東海東京証券のIPO詳細はこんな感じです

口座開設では他の証券会社とほぼ同じ手順なので気をつけるところはないと思います

ただ、2,000単位以上か未満で抽選方法が変わるという特徴がありますので、ここは必ず覚えておいてください(^ ^)

東海東京証券は毎年コンスタントに幹事入りしていますし、直近では主幹事になることも多くなってきました

しかもネットからIPOに参加できるようになったのはかなり魅力的だと思います

ライバルは多くなるというデメリットはありますが、申し込みがいつでも気軽にできるようになったのはやっぱり嬉しいですからね

電話での申し込みは少し緊張してしまいますし、日中時間が取れる人も少ないでしょうから(^^;;

IPO投資をする上では必須証券になったと思いますので、まだ口座をお持ちでない方は作成しておくようにしましょう♪

主幹事IPOが新規承認された時は狙い目ですよ!!

東海東京証券の公式サイトはこちら

この先のIPOに参加する準備はできていますか??[PR]

 

9月、10月とIPOが次々新規承認され始めました!!

 

そんな中、岡三オンライン証券がSUS、PKSHA Technology、壽屋、ロードスターキャピタルと一気に4社の取扱を発表!!

 

 

ここにきて急激にIPOに力を入れている感じが見受けられます♪

 

岡三オンライン証券は資金不要でIPOの抽選に参加できますので、必ず申し込みをしてくださいね♪

 

岡三オンライン証券 IPO前受金不要

 

ちなみにそんな岡三オンライン証券ですが、現在当ブログとタイアップキャンペーンを実施しており…

 

  • キャンペーンコードを入力
  • 下記リンクからの口座開設
  • 5万円以上入金

 

上記3つを満たすと…

 

現金5,000円がキャッシュバックされます!!

 

 

さらに今なら株主優待本まで!!

 

 

資金不要でIPOに参加できる上に、現金5,000円+株主優待本まで貰えるという一石二鳥、いや、一石三鳥のタイミングなので、まだ口座をお持ちでない方は是非このお得な期間内に口座開設をしてくださいね♪(9月20日まで)

 

ここから年末にかけてさらに多くの取り扱いを期待できますよ(^ ^)

 

タイアップキャンペーンを使って口座開設する

 

 

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 東海東京証券のIPOルールまとめ!キャンセルや抽選方法は?? | IPOで稼ぐメカニックの株ログIPO KeePer技研が新規承認されましたが主幹事がまさかの& 東海東京証券 昨年もボパール興業、 […]