口座開設+5万円以上入金で…

現金5,000円+株主優待本

【初心者必見】SBI証券のIPOルールはわかりずらい?? もう一度基本を確認しましょう!!

本日はSBI証券のIPOルールの基本を初心に戻って確認していこうと思います(^ ^)

なぜいきなり確認することになったかというと最近、最も問い合わせが多いのがSBI証券のIPOルールなんですよね

SBI証券 ロゴ 影

いま思えば、確かにSBI証券は他社とは変わったIPOシステムなので初心者の方にはわかりずらいかもしれません

ただ、特別難しいというわけではありませんから今回でSBI証券のIPOルールをしっかりマスターしちゃいましょう♪

スポンサーリンク

SBI証券のIPOルール【基本編】

SBI証券では個人に配分する数を100%とすると配分比率が違う二つの配分方法があります。

70%はノーマルの抽選

30%はIPOチャレンジポイントによる配分

「ノーマルの抽選」は機械による普通の抽選ですので特に説明はいらないと思います(^ ^)

「IPOチャレンジポイントによる配分」はIPOチャレンジポイントを上から多く使用した人に配分します。

例えば、IPOチャレンジポイントによる配分が5単元だった場合はポイント使用者の上位5名にIPOが配分される仕組みです

ちなみにIPOチャレンジポイントは抽選に落選すると1ptもらえますのでSBI証券のIPOに挑戦すればするほど溜まっていく仕組みとなっていますよ♪

IPOチャレンジポイント SBI証券

感のいい方ならわかると思いますが実はSBI証券では落選を重ねる度にIPOチャレンジポイントがたまっていきますから落選すればするほど当選にちかづいているということになるんですよね^ ^

SBI証券のIPOルール【抽選方法編】

SBI証券の抽選はイメージとしてはこちらが当たりくじを引くではなくて、SBI証券が数多くの需要申告から自分の申告分を当ててもらうイメージです

これは他の証券会社と一緒ですね♪

そしてSBI証券ではマネックス証券のような一人一票制ではありませんので一人で多くの需要申告ができますから需要申告数が多いほど当選しやすくなるという特徴があります!

たくさんの需要申告をすればするほど当選確率がアップです(^ ^)

よって自分の持っている資金いっぱいで申し込むのが一番当選率を高められるということなんですよね♪

SBI証券のIPOルール【資金編】

SBI証券では申し込み時に前受金が不要です。

よって、入金額が0円で数社のIPO抽選に参加することができます(^ ^)

しかしながら抽選日には最低100株分の資金がないと抽選対象外となってしまい抽選から弾かれてしまいますので注意が必要です。

ちなみに100株10万円のIPOに需要申告を10000株した場合、抽選日に20万円しか口座に入っていなかったとしても200株分は抽選対象となります。

よって抽選日までにいくら資金が集められるかわからない場合は需要申告の時に少し多めに申し込んでおくといいです♪

自分はいつもかなり多めに申し込みをしていますよ^ ^

注意点としては抽選日に2社以上のIPOが重なっている時です

下記の需要申告をしていたとします、

【例】
【需要申告】
A社 1000円 100株
B社 1500円 100株

【口座残高】
15万円

両方とも100株分の資金は足りていますから普通ならば両方のIPO抽選に参加できますが、もし先にA社から抽選を行われて当選してしまうと10万円の資金が拘束されてしまうためB社の抽選に参加できなくなってしまいます。

こうならないためにも2社以上IPOの抽選日が重なる場合は100株づつの資金を入金しておくといいですね♪

SBI証券のIPOルール【注意編】

SBI証券でIPOチャレンジポイントを使用して”補欠当選”になった場合には一つ注意が必要です。

もし、購入意思表示をしなかった場合は…

使用したIPOチャレンジポイントは消失してしまいます!!

こうなってしまうとIPOも貰えずにポイントも失ってしまうという最悪の事態になってしまうので補欠当選した場合は必ず購入意思表示をしてください!!

実はポイントを使用した場合は補欠当選すると一番やっかいです(^^;;

こうなってしまったらしばらく立ち直れないと思うので絶対気をつけてくださいね!!

まとめ

細かいところを説明するとまだまだありますが大まかなポイントは押さえたので今回記載した内容をしっかりと理解すればSBI証券のIPO参加は怖くないはずです♪

SBI証券の詳しいルールはこちらに記載されていますからさらに極めたい方は参考にしてみてください^ ^

ちなみに、まだSBI証券の口座をお持ちでない方はSBI証券が幹事入りしたIPOを一つ逃すたびにIPOチャレンジポイントを1pt逃していることになりますからかなりもったいないです(T . T)

この先も多くのIPOで幹事入りしますので早めに準備しておいたほうがいですよ♪

SBI証券の公式サイト→SBI証券

9月のIPOに参加する準備はできていますか??

 

9月も続々とIPOが規承認され始めました!!

 

でも中には「参加したいけど、資金が少なくて思うように参加できない」という人はいませんか??

 

そんな方へオススメしたい証券会社は…

 

岡三オンライン証券です。

 

 

岡三オンライン証券なら資金不要でIPOの抽選に参加できます。

 

岡三オンライン証券 IPO前受金不要

 

過去には日本郵政グループ、JR九州など注目度の高いIPOを数多く取り扱いしました♪

 

今後のIPO投資でも欠かすことができない証券会社ですよ。

 

また、そんな岡三オンライン証券ですが、現在当ブログとタイアップキャンペーンを実施しており…

 

  • キャンペーンコードを入力
  • 下記リンクからの口座開設
  • 5万円以上入金

 

上記3つを満たすと…

 

現金5,000円がキャッシュバックされます!!

 

 

さらに今なら株主優待本まで!!

 

 

資金不要でIPOに参加できる上に、現金5,000円+株主優待本まで貰えるという一石二鳥、いや、一石三鳥のタイミングなので、このお得な期間を逃さないでくださいね♪(9月30日まで)

 

ちなみに岡三オンライン証券は6月に初値高騰したDMソリューションズも取り扱いましたので、今後も期待大ですよ(^ ^)

 

タイアップキャンペーンを使って口座開設する

 

 

スポンサーリンク

コメント

  1. りゅー より:

    こんにちは。
    まさにSBIのIPOルールが良く理解出来ずに悩んでいて拝見させて頂きました。
    とても分かり易く多くの悩みが氷解しました。ありがとうございます。
    ちなみにですがSBIのBBの時少し多目で申し込みすると良いと在りましたが当選すること自体が大事なので有りもしない数(例えば10万株など)を入れてもそれが有利となるのでしょうか。
    ちなみにブログ主さんは上記例の様に100株10万円で口座は20万円しかない場合何株くらいで申し込みますか。
    宜しくお願いします。

    • IPOメカニック より:

      りゅーさんコメントありがとうございます。
      返信遅くなってすいませんm(_ _)m
      SBI証券のIPOルールはちょっとわかりにくいですよね(^^;;

      まず、多めに申し込めば当選しやすいのはしやすいんですが、原則として申込数と釣り合う金額が入金されていなければ意味がありません。
      例えば公募価格が10万円のIPOに1,000株申込みをした場合、必要な資金は100万円ですが、20万円しか入金されていない場合は200株分しか抽選対象にならないんです。
      残りの800株は意味が無くなってしまいます。

      ちなみにご質問のある”100株10万円で口座は20万円しかない場合”ですがこの場合なら素直に200株申し込めばいいと思います。
      直前になって”あと10万円くらい追加で資金を用意できるかもしれない”など、急に資金が用意できそうならば、その分を見越して多めに申込みしておくといいですよ。
      自分は計算が面倒くさいのもあるのでいつも10,000株申込みしています(^ ^)

      ちょっと説明がわかりにくくてすいません(^^;;