11月IPO各証券会社の抽選配分結果! エイチエス証券はCRI・ミドルウェアをどれくらい抽選にまわしたのか??

11月に上場したIPOの各証券会社の抽選配分結果がでましたのご紹介したいと思います^ ^

11月は4つのIPOがありましたが2014年で一番利益がだせたCRI・ミドルウェアがどのくらい抽選にまわったのかが一番注目するところですね♪

それでは銘柄毎に一つづつ見ていきましょう

IPO エランの抽選配分結果

エラン

 証券会社割当枚数抽選配分枚数当選人数抽選割合
主幹事野村証券
7152枚
650枚
650人
9.0%
みずほ証券
269枚
28枚
28人
10.4%
SMBC日興証券
265枚
28枚
28人
10.5%
SBI証券
186枚
82枚
82人
44.0%
マネックス証券
187枚
187枚
187人
100%
いちよし証券
183枚
28枚
28人
15.3%
岩井コスモ証券
187枚
19枚
19人
10.1%
エース証券
187枚
17枚
17人
9.0%
岡三証券
187枚
19枚
19人
10.1%
高木証券
93枚
9枚
9人
10.7%
日本アジア証券
91枚
9枚
9人
9.8%
岡三オンライン証券
5枚
5枚
5人
100%

自分はマネックス証券で当選しましたがいつも通り100%抽選配分にまわしてくれてますね^ ^

さすがといったところでしょうか

野村証券主幹事だったので枚数は極端に少なかったわけではありませんが当選しにくかった銘柄だと思います。

11月IPOでは一番当選枚数が多かったんですけどね(^^;;

IPO SHIFTの抽選配分結果

IPO SHIFT シフト ロゴ

 証券会社割当枚数抽選配分枚数当選人数抽選割合
主幹事野村証券
3818枚
353枚
353人
9.2%
SBI証券
473枚
204枚
204人
43.1%
大和証券
117枚
18枚
18人
15.3%
マネックス証券
48枚
48枚
48人
100%
SMBCフレンド証券
46枚
5枚
5人
10.8%

こちらもエランに続き野村證券が主幹事だったIPOです

主幹事の野村證券でさえも抽選にまわした枚数は353枚なのでエランの半分ほどということになりますからかなりのプラチナチケットだったことがわかります。

注目点としては副幹事のSBI証券では野村證券の約1/8の枚数だったにも関わらず当選枚数は半分以上の204枚もありました^ ^

やはりこう見ると抽選割合ってかなり大事だなって思いますよね

SBI証券はIPO投資にははずせない証券会社だとつくづく認識させられました♪

IPO 日本PCサービスの抽選配分結果

日本PCサービス IPO

 証券会社割当枚数抽選配分枚数当選人数抽選割合
主幹事東海東京証券
1760枚
176枚
176人
10.0%
SMBC日興証券
108枚
12枚
12人
11.1%
SBI証券
68枚
30枚
30人
44.1%
マネックス証券
23枚
23枚
23人
100%
岩井コスモ証券
23枚
3枚
3人
10.1%

実は11月で一番当選枚数がすくなかったIPOでした

上場した市場のせいもあり、当選が困難だった割りにあまり利益がでなかった銘柄だったかもしれません(^^;;

こちらも主幹事をのぞけばネット証券のSBI証券とマネックス証券がやはり一番当選しやすかったといえると思います♪

それ以外の証券会社は抽選割合はほぼ10%で合わせてきていますね

IPO CRI・ミドルウェアの抽選配分結果

CRI・ミドルウェア

 証券会社割当枚数抽選配分枚数当選人数抽選割合
主幹事エイチ・エス証券
2271枚
239枚
239人
10.5%
SMBC日興証券
165枚
18枚
18人
10.9%
SBI証券
162枚
82枚
82人
50.6%
岩井コスモ証券
89枚
9枚
9人
10.1%
岡三証券
60枚
6枚
6人
10.0%
東海東京証券
50枚
5枚
5人

10.0%
東洋証券
24枚
3枚
3人
12.5%

2014年度で一番利益がでたIPOなのでやはりこの銘柄が一番興味がある方も多いと思います。

早速見てみるとなんと、意外や意外!!主幹事のエイチエス証券の抽選割合は予想以上に低く約10%でした!!

ネットでの当選者もそれなりにいたので自分の予想では20~30%ほど抽選にまわしてくれたと思っていたのですがまさかこんなに少なかったとは驚きです

ホントによく当選できたなとこの結果をみてつくづく思ってしまいました(^^;;

そう考えるとやはりSBI証券やマネックス証券に比べるとエイチエス証券の口座を開設している人がまだまだ少なく参加者が少なくて当選率が多少高くなったと考えるのが正しいのかもしれません

全体で何人の方がブックビルディングしたのかは調べようがないのでわかりませんがやはり普段、主幹事をしない証券会社が主幹事をつとめるときは狙い目になるといえそうですね^ ^


11月の各社抽選配分で一番注目する点はやはりエイチエス証券の抽選配分割合でしょう

少し前までは抽選配分が30%~100%のときもありましたのでかなりシビアになっているという印象です

もちろん銘柄により違うとは思いますが、最近IPOルールも変更しましたので今後の抽選配分がどうなるのか少し様子見したほうがいいかもしれませんね(^^;;

やはり今回の結果からもSBI証券、マネックス証券は抽選割合が多いので平幹事でも当選枚数が多くなる傾向があります

どの銘柄でも主幹事の次に当選枚数が多いのはSBI証券かマネックス証券のどちらかですから^ ^

この2証券はこれからもどんどん幹事入りしてほしいと思います!!

IPOを始めたばかりの方でまだこの2証券の口座を持っていない方は早めに開設しておいたほうがいいかもしれませんね♪

 

誰でもいつかは当選できる!? SBI証券のIPOルールと抽選方法やペナルティを徹底解説!!
SBI証券は自分が一番初めに口座開設した証券会社です そして、数ある証券会社の中でもIPO投資という項目に焦点...

マネックス証券の公式サイト→マネックス証券
マネックス証券

IPO投資と合わせてこんな投資もいかが??【PR】

 

IPO投資は非常にローリスクで、人気のIPOに見事当選できれば大きな利益を得ることができます

 

しかしながら安定した当選は難しく、当選できなければ利益は0円のままです(^^;;

 

非常に不安定な投資方法なんですよね

 

そこで自分はIPO投資だけでなく、最近はソーシャルレンディングにも力を入れ始めました

 

 

ソーシャルレンディングは"ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス"のことで最近は日本でも人気が高まっているんです

 

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%で運用することもできるんですよ(^ ^)

 

今は銀行金利が0.1%の時代ですからそう考えると100倍も違いますよね♪

 

現在は様々なソーシャルレンディングサービスがでてきていますが、その中でも特に高利回りのファンドを多く募集しているのが…

 

クラウドクレジットです

 

クラウドクレジットは海外のローンファンドに投資ができ、その利回りはなんと8%〜14%!!

 

自分は利回り9.6%のファンドに投資をしていましたが、最近満期を迎え、期待通りの利益を上げることができました

 

しかもクラウドクレジットの株主には大企業の伊藤忠商事がいますので、信頼面でも全く問題ありません(^ ^)

 

伊藤忠商事が信用できない会社に出資することはありませんからね♪

 

「IPOがなかなか当選できないな〜」と悩んでいる方はこのソーシャルレンディングもうまく取り入れてみてはどうでしょうか??

 

2017年度はさらに色々なメディアで取り上げられると思いますので、興味がある方は早いうちに始めておきましょう♪

 

クラウドクレジットの公式サイトはこちら

 

もっと詳しく知りたいという方は下記の記事に自分の経験を全て書きましたので、一読してくださると幸いですm(_ _)m

 

クラウドクレジットの評判や1年以上投資してわかったことをまとめてみました
クラウドクレジットで投資をしてから早いもので1年以上が経ちました。 自分はクラウドクレジットに...

 

 

スポンサーリンク

フォローする

直近IPOをチェックしよう!!

最新BBスケジュール


下記の表は管理人の独断と偏見によるものです。投資はあくまで自己責任でお願いいたします

銘柄
上場日
BB期間
評価
4/18
【公開価格】1,370円
B〜A
4/25
【公開価格】2,000円
A

スポンサーリンク

コメント

  1. 名無し より:

    CRI・ミドルウェア、エイチエスですら夫婦で落選でした。

    • IPOメカニック より:

      名無しさんコメントありがとうございます。
      夫婦で落選でしたか(T . T)
      やはり当選は困難だっということですね
      ただ、自分は運良く当選できましたし当選の報告をいくつかいただいたので他のプラチナチケットに比べれば当選しやすかったように感じていますm(_ _)m
      大手証券よりは多少いい程度だとおもいますけど…(^^;;