テンポイノベーションで主幹事が確定!!

いくらお得になったの?? 損益通算するために確定申告にいってきました

IPO投資家は多くの証券会社の口座を持っているため、年間取引報告書が多く届きますよね

特に2015年は日本郵政グループがあり、普段当選しない証券会社で取引した人も多かったでしょうからいつも以上に多くの書類が到着した人も多いと思います

自分も今年はこんなに届いてしまいました(^^;;

年間取引報告書 1

これでも半分以下ですww

チェックしていくと、IPO以外でも株主優待を取得するために取引したりしているので、中には損失がでている証券会社もあったんですよね

自分は全て特定口座の源泉徴収ありにしているので確定申告をする必要はないんですが、損失がでている場合は損益通算すれば税金が還付されますので、久しぶりに確定申告をすることにしました

スポンサーリンク

確定申告をする方法

確定申告は税務署に行けば当然できますが、最近はe-TAXといってインターネットからもできます

しかしながらインターネットの場合はICカードリーダーが必要になるためパソコンだけでは、行うことができません(^^;;

自分はe-TAXを使って、スマートに確定申告を行おうと思っていたんですがこのICカードリーダーがなかったために、諦めて税務署にいくはめになりました_| ̄|○

しかも、土日はやっていないということでしかたなく平日にいくために有給を使わなければいけなくなってしまったんですよね

準備する物

確定申告をする時には年間取引報告書は必須です

こちらは提出しなければいけませんので、忘れたら一貫の終わりとなります

そもそも、これを忘れたら計算も何もできなくなってしまうので、取りにいくしかありません

遠足に行くのにしおりを忘れるようなものですね(^^;;

また、印鑑を打つところがありますので、認印も必要になります

印鑑 1

“年間取引報告書”と”認印”この二つが必要アイテムです

ちなみに、自分は小学校の時の宿泊訓練でしおりを忘れたことのある人なので、年間取引報告書は2回も確認しました

税務署に行く

必要なものを持ったら、いよいよ税務署にいくことになります

税務署 1

初めての人は「何も知識がないけど大丈夫??」と心配になるかもしれませんが、その心配は無用です

相談すれば”書き方”から”計算方法”まで、税務署員の方が何から何まで手取り足取り教えてくれます(^ ^)

税務署にいったのに確定申告ができずに帰ってくるなんてことはありませんので安心してくださいませ

いくらお得になったのか??

20分ほど教えてもらいながら、電卓を叩きまくって計算した結果…

2万円ほど多く払っていることがわかりました

この分は還付されます

混んでいる時間帯にいってしまったので待ち時間も含めると2時間ほどかかってしまいましたが、時給1万円と考えれば十分いった価値があるでしょう(^ ^)

終わった後は自分で「グッジョブ!」といってしまいましたww

まとめ

損失がでた証券会社と利益がでた証券会社があれば、損益通算することにより還付を受けることができます

特にIPO投資はどの証券会社で当選できるかわからないという性質上、確定申告をすれば還付を受けれる人が多いはずです

確定申告に初めて行く時はドキドキするかもしれませんが、一回経験してしまえばなんてことはありませんから、もし、今年のIPO投資で自分と同じ状況になったら損益通算してみるのもいいかもしれません(^ ^)

利益がでた分はもちろん税金を納めなければいけませんが、払いすぎた分はしっかりと取り戻すことも大事だと思います♪

この先のIPOに参加する準備はできていますか??[PR]

 

9月、10月とIPOが次々新規承認され始めました!!

 

そんな中、岡三オンライン証券がSUS、PKSHA Technology、壽屋、ロードスターキャピタルと一気に4社の取扱を発表!!

 

 

ここにきて急激にIPOに力を入れている感じが見受けられます♪

 

岡三オンライン証券は資金不要でIPOの抽選に参加できますので、必ず申し込みをしてくださいね♪

 

岡三オンライン証券 IPO前受金不要

 

ちなみにそんな岡三オンライン証券ですが、現在当ブログとタイアップキャンペーンを実施しており…

 

  • キャンペーンコードを入力
  • 下記リンクからの口座開設
  • 5万円以上入金

 

上記3つを満たすと…

 

現金5,000円がキャッシュバックされます!!

 

 

さらに今なら株主優待本まで!!

 

 

資金不要でIPOに参加できる上に、現金5,000円+株主優待本まで貰えるという一石二鳥、いや、一石三鳥のタイミングなので、まだ口座をお持ちでない方は是非このお得な期間内に口座開設をしてくださいね♪(9月20日まで)

 

ここから年末にかけてさらに多くの取り扱いを期待できますよ(^ ^)

 

タイアップキャンペーンを使って口座開設する

 

 

スポンサーリンク

コメント

  1. mac より:

    いつも拝見させていただいています。
    IPOを始めて3年目ですが初めて損益通算をするために確定申告に行くことになりました。
    税務署に行けば教えていただけるということなのですが、平日に会社を抜けることになる為時間短縮のために事前に下書きして用意して行きたく、教えていただきたいことが2点あります。
    一つ目は計算明細書に各証券会社別に収入金額等を記載しますが枠が5社分しかなくそれ以上の証券会社と取引した場合はどういう風に記載するのでしょうか?
    二つ目はブックビルディングのみのお金のやり取り(一度も当選できなかった)やNISA口座での取引で譲渡所得等の金額(差引金額)がゼロの場合も申告の対象として記載しないといけないのでしょうか?

    覚えていらっしゃらなかったらスルーしていただいても構いませんが、もし覚えていらっしゃればご教示いただけると幸いです。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    • IPOメカニック より:

      macさんこんにちわ。
      1つ目の収入金額が5社分しかないという件ですが、こちらは会場にいくと新しい紙がいただけます。
      6社以上の場合はその紙にも記載していく形です。
      自分は確か3枚か4枚になった覚えがあります。
      なので、前もって記入していきたい場合は先に紙を入手しておくといいかもしれません。

      2つ目の差し引きが0円の場合ですが、確か記入しなかったような気がします。
      ただ、こちらは対応してくれた人に聞けば一瞬でわかることなので、時間のロスもないと思いますから、それほど気にしなくていいと思いますよ。

      自分の時は待ち時間の方が長くて、申告自体は30分ほどで終了でした。
      空いている時間にいけばそれほど時間もかからないはずです(^ ^)
      頑張ってくださいね♪

  2. mac より:

    IPOメカニックさんこんばんは。
    IPOやってると取引する証券会社が多くて申告が大変ですよね。
    申告自体初めてなのに損益通算+医療控除のダブル申告で頭の中でテンパってましたが疑問が晴れて気分が少し楽になりました。

    お忙しい中コメントいただきありがとうございました。
    がんばって申告してきます!

    • IPOメカニック より:

      macさん返信ありがとうございます。
      初めてで、その二つはなかなかヘビーですね(^^;;
      自分も初めていった時は「あ〜面倒くさい〜(−_−;)」と思っていましたが、終わった後はすっきりしていい経験をしたように感じました。

      一番大変なのは”初”である今回だと思いますので、次回からは大分楽になると思いますよ♪
      頑張ってください(^ ^)