株式型クラウドファンディング

FUNDINNOで投資した会社がついにエンジェル税制の適用を申請!? メリットしかないので早速申し込んでみました

日本初の株式投資型クラウドファンディングであるFUNDINNO

今の所は全ての案件が成立していて絶好調!!

この勢いはまだまだ続きそうです。

やっぱり、IPOを目指す会社に投資できるというのが魅力なんですかね♪

最近はIPOが全く当選できないので、多くの人がこちらにも力をいれてきている印象を受けます(^ ^)

さて、そんなFUNDINNOですが、ついにエンジェル税制を適用する企業がでてきました。

しかも一気に2社!!

一つ目は第1号案件であるBank Invoice

そして2社目は第3号案件であるオールユアーズです。

この記事を書いている時点では他の案件でエンジェル税制を適用することはできません。

「エンジェル税制を適用してくれる企業がでてこないかな〜」と思っていたので、これは本当にありがたいです。

今回エンジェル税制の適用を受けるために早速申し込んでみましたので、手順なども含めて紹介したいと思います(^ ^)

ちなみに上記案件に投資した時の記事はこちらです。

FUNDINNOでIPOを目指している日本初の案件に10万円投資してみました!! ついに、ついに、この日が!! 株式型クラウドファンディングを提供するFUNDINNO(ファンディーノ)が… ...
FUNDINNO(ファンディーノ)の3号案件に投資をしてみましたがこの会社はIPO以外の道もあるのではないかと感じた件について FUNDINNO(ファンディーノ)から第3弾の案件が登場しました。 前回のJAMから1ヶ月弱ほどでのリリースですね...

 

そもそもエンジェル税制ってなに??

エンジェル税制はベンチャー企業への投資を促進させるためにある税の優遇制度のことです。

制度の対象であると認められたベンチャー企業に投資をする投資家は税制上の優遇措置を受けれるようになります。

http://angel-tax.tokyo/zeiyugu.php

詳しくは下記の記事で説明していますので、そちらをみていただけますと幸いです(^ ^)

エンジェル税制とは?? 株式型クラウドファンディングは節税対策としても"あり"かもしれません 2017年はソーシャルレンディングがさらに盛り上がっていくと思いますが、自分は株式型クラウドファンディングも盛り上がっていくと考...
エンジェル税制って適用されるの?? 無性に気になったのでFUNDINNO(ファンディーノ)に問い合わせてみました 「そういえば、ファンディーノで投資した分ってエンジェル税制の対象なんだろうか??」 仕事していたら突然こんな考えが...

 

エンジェル税制に申請してみました。

善は急げということで、早速エンジェル税制の申請をしてみました(^ ^)

簡単に申請方法を紹介していきますね。

まずはファンディーノにログインしてマイページにいきます。

メニューにある”応募した投資一覧”をクリックしてください。

すると、投資した案件がでてきます。

この中でエンジェル税制の申請ができる案件には下記のように”エンジェル税制書類“という項目がでていますので、こちらをクリック。

エンジェル税制の簡単な説明がでてくるので、しっかりと読んで納得をしたら下記の2つの欄にチェックをいれて、一番下にある”確認した上で同意する”というボタンを押してください。

書類が表示されたら2部印刷します。プリンターが必要になりますのでご注意ください。

印刷ができたら2枚とも捺印をします。

片方は自分で保管して、もう片方は指定された住所に発送をして完了です♪

保管する方は無くさないようにしてくださいね。

ちなみに送料はこっちが負担しなければいけませんので、82円切手を貼って送るか、心配ならば簡易書留、またはクリックポストで発送しましょう。

一番最安で送れるのは郵便書簡かもしれません(^ ^)

 

申請後はどうなるの??

エンジェル税制の適用を受けるには、書類を発送して終わりではありません。

まだやることがあります!!

投資した会社がエンジェル税制の申請後に要件を満たしていると判断されると、都道府県庁から「確認書」が発行されます。

その確認書とベンチャー企業から交付される「株式移動状況明細書」・「個人が一定の株主に該当しないことを確認した書類」の3つと一緒に確定申告を行えば、全ての手続きが完了です。

確定申告しなければ適用されませんので注意してくださいね。

ちなみに確定申告はプロに任せた方が間違いありません。

自分はこのあたりはよくわからないので、今年はプロの方にお任せします(^_^;)

その後

プロの方がe-taxで行ってくれましたが、寄附金控除という項目で処理したとのことでした。

 

【追記】続々とエンジェル税制の適用可能な企業が登場

2018年に入り、エンジェル税制が適用される企業がどんどん出てきました。

しかも最近は募集前に適用可能か判断できるようにっ!!

これによりエンジェル税制が適用される企業だけに出資するということも可能になったんです。

今後節税という面でも注目が高くなっていきそうですね♪

 

まとめ

エンジェル税制適用までの流れはこんな感じになります。

投資家にとってはメリットしかありませんので、適用される企業に投資した方は絶対に行いましょう(^ ^)

それにしても、ついにエンジェル税制が適用される企業がでてきたとなると、今後は節税目的で投資する人も増えてきそうですよね。

特に優遇措置Aが適用されれば【対象企業への投資額‐2000円】をその年の総所得金額から控除されるので、効果は大きいです。

これで投資した企業が本当にIPOしたら、最高以外のなにものでもありません!!

もしかしたら感極まって、泣いてしまうかも( ;  ; )

おそらく今後もIPOを目指し、かつエンジェル税制も適用される企業は出てくると思います。

こういう案件に投資したい方は早めにファンディーノの口座開設をしておきましょう。

口座がなければすぐに投資できませんからね(^ ^)

ファンディーノの公式サイト

1円からコツコツ資産運用してみませんか??

だれでもコツコツと資産運用できる新しいサービスがスタートしました。

その名はFunds(ファンズ)です。

Fundsはたった1円から信頼度の高い企業にお金を貸して利息を受け取ることができる、いままでになかった社債”風”の資産運用方法になります。

投資経験に関係なくだれでも同じパフォーマンスを出せる画期的なサービスですよ。

スマホ一つで簡単に利用できるので、興味がある方はチャレンジしてみましょう。

今すぐ無料で口座開設

さらに詳しく知りたい方は下記記事を合わせてご覧ください。

POSTED COMMENT

  1. tetussy より:

    メカニック様

    いつもブログを大変楽しく読ませて頂いております。
    エンジェル税制に関して、教えて下さい。

    小生はFUNDINNOのサイトを頻繁にチェックしておらず、エンジェル税制申請企業が定める申請書送付期間内に必要書類が送付ができなかった企業がございます。

    期間内に送付できなかった企業は、確定申告することは不可能でしょうか?
    それとも、期間を過ぎていても、企業に対応して頂けるものでしょうか?

    また、何か別のやり方等あれば、ご教授下さい。

    宜しくお願いします。

    • メカニック より:

      tetussyさんこんにちは。
      結果から先にいいますと不可能だと思います。
      まず、エンジェル税制を行うには企業から送られてくる書類が必要になります。
      そしてその書類は企業側も取得するのに手間がかかるので、遅れた場合は対応していただけないと思います。
      残念ですが、今回は諦めるしかないかと。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。