IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
IPO投資

【料率最大5%】bitbank(ビットバンク)がレンディングサービスを開始!! リスクとリターンを一挙解説!!

 

仮想通貨大手取引所であるbitbank(ビットバンク)がレンディングサービスである…

 

仮想通貨を貸して増やす

 

 

をスタートさせます。

 

仮想通貨のレンディングサービスは国内だとまだまだ普及していないので、かなりニーズがありそうです。

 

先行してコインチェックが提供していましたが、あの事件以降利用をためらっていた方も多いと思いますからね。

 

今回はbitbank(ビットバンク)の新しいレンディングサービス「仮想通貨を貸して増やす」を徹底解説していきたいと思います。

 

bitbankについては下記の記事で詳しく説明していますので、ご存知ない方は先にこちらをチェックしてくださいませ。

 

bitbank.cc(ビットバンク)の評判は文句なし!! リップルの手数料が安いので実際に購入してみた。 国内の仮想通貨取引所の中でも急激に人気化しているのがbitbank(ビットバンク)です。 今回はビ...

 

「仮想通貨を貸して増やす」とは??

 

“仮想通貨を貸して増やす”を簡単に説明すると、自分が保有している仮想通貨をbitbankに貸し出して、一年後に金利分を上乗せして受け取ることができるサービスです。

 

お金を銀行に預けると利息分が上乗せされて戻ってきますが、表面的にはそれの仮想通貨バージョンと言った感じですね。

 

 

銀行に預けていても0.1%ほどしか増えませんが、このサービスは最大5%の金利がつきます。

 

約50倍!!

 

もちろんリターンが高い分、リスクも高くなります。

 

対象のユーザーはbitbank(ビットバンク)に口座を保有している人なので、特別な資格などは必要ありませんよ。

 

 

レンディングできる仮想通貨

 

対応予定の仮想通貨はbitbank(ビットバンク)で取り扱っている全ての通貨です。

 

なので…

 

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン
  • ライトコイン

 


この5通貨になります。

 

始めはビットコインのみの取扱いになり、順次対応していくとのことです。

 

 

利回り(最大料率)は??

 

bitbank(ビットバンク)が提供するレンディングサービスの利回りは預ける仮想通貨の量によって変わってきます。

 

今のところビットコインではこのようなテーブルです。

 

 

10BTC以上預けると最大料率である5%が適用されますが、ここまで預けられる人はほんの一握りでしょう。

 

また最小と最大申し込み数量も決まっています。

 

 

最低でも1BTC以上からしか預けられないのでそこそこハードルは高いです。

 

できれば0.1BTCとかもう少し少ない量から始められたらよかったのに。。

 

他の仮想通貨ではまた違ったテーブルになると思いますのでそちらに期待ですかね。

 

ビットコインもサービス開始後に変更になることを祈りましょう。

 

 

レンディングサービスにおける注意点やリスク

 

もちろんリターンが大きいので、注意点やリスクが存在します。

 

  • 価格下落リスク
  • 預金保険対象外
  • 貸出期間中の出金不可
  • 破産リスク

 

主なものは上記4つ。

 

一番注意しなくてはいけないのが出金ができないところです。

 

銀行の定期預金などは解約すれば現金を出金することができますが、bitbank(ビットバンク)でのレンディング中は出金ができません。

 

預けるのは余裕通貨だけにしてください。

 

また、預けたときと比較して戻ってきたときの方が価格が低ければ損失になってしまうので、こちらもご注意を。

 

 

レンディングの流れ

 

申込から返還までのざっと流れを紹介します。

 

毎月1日から月末にかけて募集し、その翌月の1日からレンディングがスタート。

 

例えば2018年1月に募集を開始したら2018年2月1日からスタートするという感じです。

 

そして1年後の2019年1月31日が満期日となり、満了期日の翌日を起算日として10営業日以内にbitbank口座に相当消費税額を含めた当該利用料が返還されるという流れになります。

 

基本、申込をしたらこちらがすることは何もありません。

 

雰囲気的にはソーシャルレンディングに非常に近いですかね。

 

 

まとめ

 

以上がbitbank(ビットバンク)が新たに始めるレンディングサービスの”仮想通貨を貸して増やす”の説明です。

 

コインチェックで体験したことがある人は単純にそれのbitbankバージョンになりますので、すぐに理解できると思います。

 

一応、レンディング(融資)という仕組みではありますが、よくわからないという人は”仮想通貨の定期預金”みたいなイメージでも問題ありません。

 

ただ、先ほど説明したとおりリスクは存在しますのでその点はお忘れなく。

 

挑戦する場合はあくまで余裕通貨で行ってくださいね。

 

しばらく売るつもりがない仮想通貨があれば利用価値の高いサービスだと思いますよ。

 

bitbankの公式サイトはこちら

 

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングの公式サイト

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

SBIソーシャルレンディングの評判が良いので実際に投資してみましたソーシャルレンディング事業社の中でも古参の一つであるSBIソーシャルレンディング。 ネット証券のSBI証券と同じ、SBIグ...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。