楽天ポイントをお得にゲットする裏技とは??
LENDEX

【LENDEX(レンデックス)に直撃インタビュー】ファンドのことから筧社長の経歴まで根掘り葉掘り聞き倒しました!!

 

みなさんソーシャルレンディング事業者のLENDEX(レンデックス)に対してどんな印象を持っていますか??

 

 

「東急リバブルと提携しているのはいいけど、こんなに利回り高くて大丈夫??」

 

「社長が過去に何か問題を起こしているみたいで不安。。」

 

こういうイメージを持っている方も多いと思います。

 

自分もLENDEXに投資をしてはいるんですが、この辺がやっぱりずっと心配だったんです。

 

最近はソーシャルレンディング事業者の行政処分も多いですし。。

 

それならいっそのこと「心配な事は社長に全部聞いちゃおう!!」ということで、今回LENDEXの筧社長に突撃インタビューしました。

 

 

LENDEXの詳細から、なぜソーシャルレンディングサービスを立ち上げようと思ったのか??、さらには高利回りのファンドを募集できる秘密まで根掘り葉掘り聞いちゃいましたよ。

 

LENDEXについてはメリット、デメリット含め下記記事で詳しく紹介していますのでご存知ない方がいましたら一読していただけますと幸いです。

 

あわせて読みたい
LENDEX(レンデックス)の評判や口コミは本当に怪しい?? 10万円投資をして検証してみました。新たなソーシャルレンディングサービスであるLENDEX(レンデックス)が2017年の7月から始まりました。 今回はこのLE...

 

LENDEXについての質問

 

メカニック

LENDEXさんの特徴を社名の由来を含めて簡単にご説明いただけますでしょうか??

筧社長

LENDEXの名前の由来は、LENDとEXCHANGEを複合させたものです。

条件のよい貸出先があるのに多額の資金を準備することができない、そういった貸出案件を探すことができないといった投資家の人たちと借り手の人たちとを結びつける意味で命名しました。
当社の特徴は、投資家に融資の内容を適切にご理解いただくために、極力第三者の目が入った案件を提供することです。現状は東急リバブルさんの不動産評価書を利用して担保不動産の価値を客観的にも評価する仕組みを取り入れていますが、今後は他の方法も模索していこうと考えています。

 

メカニック

他のソーシャルレンディング事業者にはないLENDEXさんの強みは??

筧社長

最近、ソーシャルレンディング事業者が金融庁から処分され、ファンド資金が回収されなくなり、投資家が大きな損失を蒙る問題がおきました。
当社はQ1の通り東急リバブルさんの不動産評価書を利用しており、客観性をもった評価ができていると考えています。今後も投資家の方々に対して発信する情報の透明性を高め、投資家の方々が安心して投資できる環境をつくっていこうと考えています。

 

 

LENDEX筧社長の経歴について

 

メカニック

社長の経歴を簡単に教えてください。

筧社長

1989年3月
慶應義塾大学商学部卒業
1991年3月
早稲田大学大学院商学研究科修了
1991年4月
大原簿記学校公認会計士課専任講師
1992年10月
KPMGセンチュリー監査法人(現 新日本有限責任監査法人)入所
1995年3月
公認会計士登録
1998年7月
税理士登録
2000年8月
株式会社アーケイディア・グループ(現 株式会社LENDEX)設立
2003年3月
税理士法人アーケイディア(現 清和税理士法人)設立
2004年3月
東京国際監査法人(現 RSM清和監査法人)設立

 

メカニック

公認会計士の資格を持っているソーシャルレンディング事業者の社長というのは非常に珍しいと思います。なぜあえてソーシャルレンディングという未知の領域に足を踏み入れようとしたのか?? またはじめるときに相談した方はいますか??

筧社長

公認会計士の有資格者が少ないので珍しいのかもしれませんが、上場企業の社長をしている公認会計士も何人かいます。
自分は、公認会計士が行う監査や税務業務ばかりでなく、他の分野にも積極的にでていきたいという気持ちが若いころからありました。というのも監査や税務業務は市場が飽和していて、ビジネスで考えるととても大変なマーケットだからです。
その中でなぜソーシャルレンディングを選んだかというと、自分の公認会計士としてのノウハウとシナジーが高い分野だと考えたからです。会社の経営状態を見極めるノウハウや金融に関するノウハウは公認会計士の監査業務と隣接したところにあります。この事業を始めるにあたり、相談した人はいませんでした。新しいビジネスですし、せっかくだから自分の思い通りに設計図を描きたいと思ったからです。

 

メカニック

すでに多くのブログでも取り上げられていますが、筧社長が代表をつとめていた監査法人は過去に行政処分を受けていると思います。この件について気にしていると人も多いです。経緯を簡単でいいので説明していただけますか??

筧社長

行政処分のことについてはコメントするのが難しいです。ただ清和監査法人に落ち度があったことに間違いはなく、いまは完璧なものを作りあげるよう鋭意努力しています。現状は改善策がよく機能しており、高い品質で監査業務を提供することができていると考えています。同じ間違いがLENDEXでも生じぬよう、日々努力をしています。

 

 

LENDEXが提供しているファンドについて

 

メカニック

LENDEXでは基本不動産担保型のファンドが中心となっています。利回りも高く非常に魅力的に映るのですがなぜこのようなファンドを提供できるのでしょうか?? またこの先利回りが低下していく可能性は??

筧社長

当社が取り扱っているファンドのほとんどは不動産を担保にしています。不動産といっても、不動産の転売を目的としたものや不動産を修繕して簡易宿泊所にするものを対象としています。
転売を目的とするものは3か月以内での転売を目標としており、運用益は基本的に考えていません。また、転売益を大きくとらず、早い転売を心がけています。よって、当社の貸出金利が高くても、短期転売を想定しているので、借入人のコスト負担が小さくなっています。
また簡易宿泊所は許可を取得すると大きく価値が高まります。違法民泊が多いなか、当社の案件は合法的な簡易宿泊所として運営されているので、今後行われる違法民泊の取り締まりは借主にとって追い風となるでしょう。また既存の金融機関は、民泊用物件への融資を行っていないため、当社は高い金利を設定することが可能となっています。
今後ですが、利回りは低下していくと考えています。ソーシャルレンディング業者は、投資家と借手の利益のバランスを保っていかなければなりませんが、現状では投資家が有利で、借手が若干不利になっていると考えています。

 

メカニック

具体的に答えるのは難しいと思いますが、ざっくりでいいので融資先はどのような企業が多いのか教えて欲しいです。自分の印象では民泊関連の会社が多いようですが…

筧社長

融資先企業は大企業ではありません。そもそも大企業であれば高利で資金を調達する必要はありません。転売案件については中規模の不動産業者さま、簡易宿泊所(民泊)案件については従来から旅館業を営んでいる業者さまです。
現状の融資先は2社のみです。不動産転売業者さんは回転がとても短いので融資残高はそれほど大きくなっていません。一方で簡易宿泊所(民泊)案件は融資期間を1年弱必要とするので、残高が積みあがってきています。そろそろ売却の実績がでるころですが、こうした実績を確認しながら今後の案件を進めていきたいと考えています。

 

メカニック

個人的に一番面白いと思ったのが東急リバブルさんとの提携です。なぜ東急リバブルさんを選んだのですか??

筧社長

東急リバブルさんとは従前より懇意にさせていただいていたので、そのご縁で当社から申し出ました。東急リバブルさんは知名度も高く、誰にとってもイメージしやすい評価主体だと考えたからです。

 

メカニック

ソーシャルレンディング初心者の方は十分な担保が設定されているため、安心と考えている人が多いと思います。どのような時に元本割れが起こるのか教えてください。

筧社長

一番怖いのは、リーマンショックの時のように不動産価格が急落するケースです。当然、どの不動産業者も物件を売却し逃げ切ろうとしますが、不動産価格が著しく下落すると逃げ切ることができなくなります。

しかし、当社の担保物権は基本的に手頃感のある不動産を対象としているので、借入人はその物件から安定して月々の家賃収入を獲得することが可能です。リーマンショックの時もそうであったように、不動産価格と比べ家賃は変動しにくい傾向にあるからです。一時的に元金の返済が滞ることがあっても、危機が去れば正常化するのも早いと考えています。

 

 

LENDEXの事業社リスクについて

 

メカニック

直近では投資家はファンドのデフォルトリスクよりも事業者リスクに過敏になっています。LENDEXさんでは今までに監査が入ったことはあるのでしょうか??

筧社長

当社の事業者リスクは問題ないと考えています。事業者リスクは借金をしていると発生しますが、現状、当社は借金をしていません。しかし今後、当社の規模が大きくなれば、借金をする必要も出てくるでしょう。その時は当社の事業者リスクを投資家の方々に理解していただくためにも外部監査をしていただく必要があろうと考えています。ない、内部監査については定期的に実施しています。

 

メカニック

LENDEXさんは他のソーシャルレンディング会社と比較するとまだまだ実績が少ないです。実績を気にする人は投資をためらっている人も多いと思います。信頼面でのアピールポイントはありますか??

筧社長

中長期的に投資家の方々から信頼を得るには、投資家の方々への返済を進め、実績を積み重ねていくしかないと考えています。実績が信頼を産み、信頼がさらなる実績を創り出す、好循環にするために、しばらくの間は真摯に事業に取り組むのが一番だと考えています。

短期的には、東急リバブルさんに担保物権を評価していただくことや、今後当社自信が監査を受けることによって、投資家の方々に当社のことを理解していただきながら信頼面を向上させていただきたいと考えています。

 

LENDEXにおける今後の展望

 

メカニック

会社としての今後の目標、また最終的なゴールはどこに位置付けていますか?? IPOも視野に入れているのでしょうか??

筧社長

最終的なゴールは社会にとって有益なサービスを開発し、存在意義のある組織体にすることです。IPOなどの大きな目標は現状ありません。

 

メカニック

最後に投資家へアピールをお願いします。

筧社長

投資家の方々からお預かりした資金が有効に働き、結果として投資家の方々にとっても利益となるサービスを、しっかりと構築していきたいと考えています。そのためにはスピードや規模を徒に追わず、組織の管理体制を強固にし地道に進めて行きたいと考えています。地味に聞こえるかもしれませんが、投資家の方々の大切な資金を預かっていることを常に自覚し、安全を第一に考え業務遂行していく所存です。

 

 

まとめと感想

 

今回は筧社長へのインタビューを通して、LENDEXをいろんな角度から見ていきました。

 

自分としては高利回りファンドを募集できる理由や、ざっくりではありますがどんな会社に貸し付けているかわかったのは嬉しかったです。

 

また、社長が過去に代表を務めていた監査法人のことについても正直に話してくれたのは好感が持てましたね。

 

質問した時に「これはNGかな〜」と思ったんですが、普通に答えくれて嬉しかったです。

 

ただ今回のインタビューで不安に思っていたことがゼロになったかといえば、そんなことはありません。

 

まだまだ開始したばかりのサービスですし、疑いたくなる部分はどうしてもでてきてしまいます。

 

とはいえ会社として信頼を勝ち取るには実績を積み上げていくしかありません

 

この実績が投資家に安心感を与える一番の材料になるはずです。

 

是非これからも健全な運営を続けて、僕たち投資家に安心して投資ができるサービスだということを証明してほしいと思います。

 

自分は応援の意味も込めて、引き続きLENDEXに投資をしていくつもりです。

 

筧社長!! 頼みますよ〜 笑

 

LENDEXの公式サイトはこちら

 

 

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。