金融機関・サービス

マイトレードは神ツール!? 評判や安全性が本物なのか実際に利用して確かめてみました

みなさんは購入した株の管理はどうしてますか??

メイン業者1社で取引している方ならば悩む必要はありませんが、数社で取引をしている人は確認作業だけでも結構大変じゃないですか??

自分の場合はSBI証券がメインなんですが、GMOクリック証券やauカブコム証券も利用しているので株価の確認だけでも時間的ロスが大きいです。

「もっと簡単に確認できないかな〜」っと思っていた矢先、マイトレードという結構良さそうなツールを発見!!

少し使ってみたんですが、これがなかなかかゆいところに手の届く仕様で使いやすい!!

今回はこのマイトレードについて徹底解説していきます。

評判や口コミが気になっている人は参考にしてくださいね。

マネックス証券

マイトレードの代わりとなる商品は??

マイトレードのサービスが終了したことで代わりとなる商品を探している人もいると思います。

現在のところ2つほど候補があります。

どちらも無料で利用できるので自分にあった方を選択してください。

 

結論:マイトレードはこんな人にオススメ

結論からいうとマイトレードはこんな人にオススメです。

  • 複数の証券会社を利用している
  • 利確、損切りのアラートを設定したい
  • 資産推移を日々チェックしたい
  • 費用はできるだけ抑えたい

マイトレードがあれば複数の証券会社で保有している株式を一括管理でき、日々の値動きをチャートで表示してくれます。

しかも利確と損切りの初期値を設定すれば夕方にPUSH通知やメールでお知られしてくれるんです。

月額費用も0円から利用できてオススメのツールですよ。

 

マイトレードを実際に使ってみました。

マイトレードを実際に利用してみました。

auカブコム証券とGMOクリック証券、SBI証券の3口座を登録。

同期が終わり、表示された画面がこちら。

これは保有資産の画面です。

上部に資産推移のグラフ、下には銘柄が並んでいるのがわかるかと思います。

資産推移の画面では”DAY”、”WEEK”、”MONTH”に切り替えが可能。

さらに下部には毎日の含み損益も表示されます。

アセットアロケーションでは円グラフや時系列チャートが表示され、保有銘柄のリストもチェック可能です。

今はちょうど4月の優待をクロス中なのでそれらが保有割合の多くを占めているのがわかりますね。

この3つの画面をみていただければわかると思いますがUI、UXはかなり優秀です。

説明不要で誰でも迷うことなく利用できると思いますよ♪

 

マイトレードって何??

ではここからマイトレードについてゆっくりと説明していきます。

マイトレードは複数の証券会社の口座情報を一括管理できるアプリです。

1日1回夕方以降に取引データを取得し、各種分析レポートを自動作成してくれて、わかりやすくグラフ表示までしてくれます。

株式取引の記録や振り返りを簡単に行うことができるんです。

ざっくりいうと株取引に特化したマネーフォワードという感じですかね。

しかも、管理だけではなくアプリ内で利確や損切りラインまで設定でき、その株価に達成したらプッシュ通知で教えてくれる機能まで搭載しているんです。

マイトレードならアプリ一つで管理、通知、分析、これら3つの機能を利用できるようになります。

最近流行りのロボアドバイザーではないのでそこは勘違いしないようにしましょう。

ユーザー数は5万人を突破したとのことです。

 

マイトレードの評判は??

マイトレードの評判をちょこっと調べてみました。

基本的には高評価ばかりでした!!

やはり”見やすい”、”管理しやすい”というのが評価されているようです。

 

マイトレードで利用料は??

マイトレードの利用料はプランによって変わってきます。

無料のFreeプランから月額最大2,500円(税込)かかるProプランまであります。

無料と有料で大きな違いは…

  • 口座登録数
  • 取引履歴の管理期間
  • 資産推移
  • 分析

この4つです。

個人的には口座数が一番大事になってくると思うので、4口座以上を管理したい場合は有料プランを利用すればいいんじゃないかなと思います。

短期トレードが中心の方は無料プランで十分でしょう。

 

マイトレードに登録できる証券口座

マイトレードで登録できる証券口座は下記の通りです。

上記7証券のみです。

残念ながら手数料が安いライブスター証券、DMM株の2証券は対応していません。

これは痛い。。

おそらく今後どんどん対応口座は増えていくと思いますので、改善に期待したいところです。

 

マイトレードの登録方法

念のためマイトレードの登録方法を画像付きで紹介します。

「説明されなくてもわかるよ〜」という方はこの項目は飛ばしてください。

起動すると下記の画面がでてくるはずです。

  • Google
  • Twitter
  • メルアド

この3つで登録できます。

自分はGoogleアカウントで登録しました。

ちなみにGoogleとTwitterアカウントがあれば一瞬で登録可能ですよ。

続いてアカウントと紐づけているメルアドに認証番号が届きますので、そちらを入力すればオッケーです。

認証が完了したらユーザー情報を登録していきます。

項目は少ないのでさくっと入力していきましょう。

その後、利確/損切りラインの初期値設定。

マイルールがある人は修正してください。

自分はひとまずデフォルトのままにしました。

そして最後に証券会社を選択して終了。

自分はとりあえずSBI証券の口座を選択しました。

しばらく同期に時間がかかり、同期が完了するとプッシュ通知がきますよ。

 

マイトレードの安全性

登録時に各口座のIDとパスワードを登録するので「安全性は大丈夫??」と心配になる方もいるかもしれません。

SBI証券はログインパスワードと取引パスワードが違うので、こういう証券会社は比較的安全だと思います。

一方、ログインパスワードと取引パスワードが一緒の場合は少し心配ですね。

ただ、危険性はマネーフォワードのような大手でも一緒ですし、今の所ハッキングや不正利用の被害報告は上がっていません。

一応、リスクがゼロでないということは頭に入れておいてください。

参考までに記載するとマイトレードで取り扱う情報は下記の3つです。

  • メールアドレス
  • 証券口座のログインID/パスワード
  • 証券口座の保有資産や取引履歴

住所などの個人情報は取り扱いませんのでその点は安心してくださいね。

また、もちろんマイトレードでは安全性を向上させるために、高セキュリティルームで情報管理は徹底していますし、通信時のデータは全て暗号化されています。

サーバーセキュリティ製品も導入しているので、何重もの対策が施されていますよ。

 

マイトレードのまとめと感想

最後にマイトレードについてもう一度まとめます。

要点まとめ
  • 複数の証券会社を管理
  • 月額費用は0円から
  • スマホがないと利用できない
  • 利確、損切りの通知をしてくれる
  • 登録できる証券会社が少ない

まだまだ対応している証券口座は少ないですが、対応口座で取引している方にとってはなかなか使えるツールです。

今までもマネーフォワードのように各証券会社のデータを取得できるサービスはありましたが、それをグラフ化して分析してくれるサービスってありませんでしたので株取引をしている人にとっては利用価値が高いと思います

ほとんどの機能が無料で使えるのもグッド。

まずはお試しで利用して「使えないな〜」って思ったらアンインストールって感じでもいいと思います。

現在、複数証券で銘柄を保有している人は一度使ってみてくださ~い♪

追記

現在はサービスを終了しているので下記の二つを試してみてください

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。