IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
金融機関・サービス

One Tap buy(ワンタップバイ)のIPOはデメリットもある!? 考え直して気づいた3つの懸念

ぶるぶる
ぶるぶる
One Tap buy(ワンタップバイ)がIPO取扱開始か〜。早く申込したいな〜。
メカニック
メカニック
そうだね。でももう一度考えたらいくつか懸念点がでてきたんだ。

IPOの取扱を始めるOne Tap buy(ワンタップバイ)。

1株から申込ができるということでIPO投資家の中では一気に話題になっています。

自分もテンションが上がり、記事でも紹介しました。

ただ、もう一度冷静になって考えたらメリットばかりではないなと考えるようになったんです。

今回は自分が感じたデメリットや注意点について紹介していきますね。

ちなみOne Tap buy(ワンタップバイ)でソフトバンクの委託販売がほぼ確定しています。

One Tap buy(ワンタップバイ)の”誰でもIPO”とは??

One Tap buy(ワンタップバイ)は”誰でもIPO”という簡単にIPOに申込できるサービスを開始しました。

1株からIPOに申込ができるという、いままでにない画期的な仕組みを利用しています。

詳しくは下記の記事で説明していますので、知らない方はこちらを先に一読してみてください。

【日本初】One Tap buy(ワンタップバイ)がIPOの取扱を開始!! 1株から申込できるってよOne Tap buy(ワンタップバイ)で新たにIPOの取扱をスタートします。1株から参加できるという日本初の試みです。IPOルールを徹底解説していきます。...

 

現状のIPO投資家には物足りないかも!?

1株から申込ができるということは、単元株と比較すると利益は大幅に少なくなります。

例えば売出し価格が1,000円のIPOが初値で1,500円になった場合を考えてみましょう。

  • 100株 → 5万円の利益
  • 1株 → 500円の利益

当然ですが、1株と100株を比べると100倍違います。

これからIPO投資に参加する人には全く問題ありませんが、いま現在IPO投資をやっている人には少し物足りなさを感じるかもしれません。

なんというか、IPO投資というよりも立会外分売投資の方が近い印象をうけます。

また、さらに物足りないのが店頭でIPOに参加している人たち。

数百円ぐらいの利益なら「参加するのやめようかな」と感じる人も多くなるでしょう。

委託販売する他の証券会社よりも当選できる確率は高くなるのは間違いありませんが、その分、利益の部分でデメリットがでてくるように思います。

 

他社が追従しないか心配

個人的に一番しているのが他証券会社の動向です。

IPOが1株から申込できれば手間はかかりますが、投資家に今までの100倍配ることが可能になります。

One Tap buy(ワンタップバイ)ができて、他の証券会社でできないということはないでしょう。

証券会社はIPOを個人投資家に多く配れば配るほど手数料が多くなり、大きなメリットが得られます。

IPOは購入時の買い付け手数料は無料ですが、売却時は手数料がかかりますからね。

証券会社の手数料利益を簡単に100倍にできます。

そうなったらOne Tap buy(ワンタップバイ)に追従して他社も「ネット抽選分は1株配分にしようかな〜」と追従する可能性もゼロではないのかなと。

大手証券は同様のことをするとは考えにくいですが、委託販売中心のネット証券なんかはありえそう。

 

さらにIPOが争奪戦になる!?

One Tap buy(ワンタップバイ)はスマホ専用証券ということもあり、利用しているユーザーは今まで投資を経験したことがないユーザーが多いです。

と、いうことはIPOを知らなかったという人も一定数いるはず。

“誰でもIPO”からIPO投資を知ったという人も多いでしょう。

そうなると”IPO投資”の美味しさに気づき、今後は他社でも積極的に申込するようになって、今まで以上に参加者が多くなる可能性もあります。

魅力的なIPOがさらに激戦になってしまうかもしれません。。

すでにかなり激戦になっているので体感的に感じないかもしれませんが、少しだけ警戒しておいたほうがいいかも!?

 

最後に

1株から申し込めるOne Tap buy(ワンタップバイ)の”誰でもIPO”は非常に面白い仕組みですが、今回紹介したようなデメリットや注意点もあります。

1株で申込できるようになったら100株と比較して当選確率は100倍ですが、利益は1/100。

この2つはどうしても反比例になってしまうということは理解しておきたいポイントです。

しかし、少額からIPOに申込できるというメリットもありますし、株取引でなかなか利益を挙げられていない人にとっては数百円、数千円をローリスクでゲットできるようになるのは絶大なメリットでしょう。

発行価格が5,000円のIPOだったら今まで50万円必要でしたが、それが5,000円で申込できるわけですからハードルはかなり下がりますよね。

一応、メリットとデメリット、両方あるということは頭にいれておいてくださいませ。

でも、自分は単元未満株でのIPOがどんなものになるかめちゃくちゃ楽しみにしてます 笑

One Tap BUYを今すぐチェック

Fintech関連のこんな資産運用もいかが??【PR】

手堅く資産運用したい方にはソーシャルレンディングがおススメ!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングの公式サイト

 

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

SBIソーシャルレンディングとは?? 評判が良いので実際に投資してみましたSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者。評判が凄くいいので利回り7%のファンドに実際に投資してみました。自分が投資した際のスクショ画像を使いながら投資申し込みの方法から注意点など徹底的に紹介しています...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。