ソーシャルレンディング

Funds(ファンズ)は怪しいの?良い評判と悪い評判を正直に暴露します!

ぶるぶる
ぶるぶる
クラウドポートのFunds(ファンズ)ってみんな良い評判しか書いてないけどホントに信用できるの??
メカニック
メカニック
じゃあ今回はFunds(ファンズ)の良い評判と悪い評判を集めてみたから一つずつ見ていこう!!

クラウドポートが新たにスタートさせたFunds(ファンズ)。

社債のようにコツコツと資産運用ができる新しいサービスです。

日本初の貸付投資ということで気になっている人も多いのではないでしょうか??

でも、評判を聞いてからFunds(ファンズ)に投資しようか決めたい人もいますよね。

そこで今回は早速Funds(ファンズ)の評判をネット上から収集。

良い評判から悪い評判までとにかく色々と集めてみました。

是非参考にしてみてください。

もし、Funds(ファンズ)について知らないという方は先に下記記事の一読をお願いします。

Funds(ファンズ)を提供するクラウドポートの藤田社長へのインタビュー記事です。

Funds(ファンズ)に込めた想いや内容を聴き倒しましたよ。

 

Funds(ファンズ)の良い評判

メカニック
メカニック
まずはFunds(ファンズ)の良い評判から紹介していくね。
ぶるぶる
ぶるぶる
ネット上を見る限りはいい評判が多かったような気がしたな〜。

良い評判1:ベンチャー企業の新たな資金調達方法になるかも!?

ホリエモンこと堀江貴文さんがFunds(ファンズ)についてツイートしていました。

ロケットの資金調達に使いたいとのこと。

今までにない新しい資金調達方法として活用される可能性があります。

そうなれば投資家にとっても応援したい企業に融資できるようになるかも!?

新しい体験ができるようになるかもしれません。

良い評判2:Funds(ファンズ)なら個人が気軽に投資できる

Funds(ファンズ)ではたった1円から信用度の高い企業に出資が可能です。

誰でも気軽に資産運用ができます。

ソーシャルレンディングでは今までの最低投資金額は1万円から。

一気に1/10,000までハードルが下がりました。(オーナーズブックやクラウドバンクなど)

なんかそう考えると、Funds(ファンズ)の1円は画期的に感じますよね。

良い評判3:Funds(ファンズ)独自の画期的なスキーム

Funds(ファンズ)の一番の特徴はなんといっても今までにない画期的なスキームです。

関係会社貸付スキームでリスクを大幅に低減しています。

投資家達の資金はクラウドポートを経由してファンド組成企業に向かいます。

その後グループの子会社に貸付られ、そこから最終の貸付先へと融資されるという仕組みです。

ポイントは子会社への貸付というワンクッション。

これにより、ファンド組成企業の子会社がしっかりと返済するかどうかだけを判断すればよくなります。

最終の融資先が返済されなかったとしても、投資家に直接の影響はないんです。

しかも、ファンド組成企業は上場企業やVCから出資を受けている企業だけ。

信頼度の高い企業ばかりです。

このあたりが社債という表現に繋がっています。

もちろんこのスキームを採用しているのは日本でFunds(ファンズ)だけです。

良い評判4:スマホからでもサクサク。サイトが利用しやすい

Funds(ファンズ)はスマホからでもパソコンからでもサクサク操作ができます。

UIとUXは非常に洗練されており、ユーザーが使いやすいようにサイト設計されているんです。

スマホ一つでも簡単に資産運用できるのはFunds(ファンズ)の大きな強みです。

 

Funds(ファンズ)の中立的な評判

メカニック
メカニック
続いてFunds(ファンズ)における中立的な評判を見ていくよ。
ぶるぶる
ぶるぶる
冷静な判断は参考になりそう。

中立的な評判1:Funds(ファンズ)はミドルリスク・ミドルリターン

Funds(ファンズ)の利回りは1.5%〜6%。

リスクが低減されている分、既存のソーシャルレンディング事業者よりは低めに設定されています。

ミドルリスク・ミドルリターンの領域になり、利息でコツコツとお金が増えていく資産運用です。

よって、短期間で利益を得たいと思っている投資家には向いていません。

そういう方は株式投資や仮想通貨が向いています。

中立的な評判2:Funds(ファンズ)に実績がない

Funds(ファンズ)は2019年の1月にサービスをスタートさせました。

よって、実績はまだまだ。

直近では健全に運営していたにも関わらず行政処分を受けた事業者が多発。

一気に運用中のファンドが全て延滞になってしまったケースもあります。

用心深い人は実績がついてから利用するようにしましょう。

Funds(ファンズ)はリスクが低減されていますが油断はできません。

中立的な評判3:ファンドをしっかりと組成できるのか??

Funds(ファンズ)は先ほども言った通り、全く新しいスキームを採用しています。

このことからしっかりとスキームが構築できるか心配する声もありました。

クラウドポートはあくまで募集会社(オンラインマーケット)です。

ファンドは組成しません。

組成企業がどこまでしっかりとファンドを作り込めるかにかかっていますね。

 

Funds(ファンズ)における悪い評判

メカニック
メカニック
最後にFunds(ファンズ)における悪い評判を紹介。
ぶるぶる
ぶるぶる
これが一番気になるぞ!!

悪い評判1:Funds(ファンズ)の審査は適正にされるのか??

現在、ソーシャルレンディングで不祥事を起こしているのはmaneoファミリーです。

maneoファミリーとは業界最大手のmaneoに関連する企業のこと。

この不祥事はmaneoがしっかりと審査やモニタリングをしていれば事前に防げたのではないかという声もありました。

Funds(ファンズ)でもこの部分を心配している方がいます。。

確かにFunds(ファンズ)のスキームではファンド組成企業の信用が肝になってくるので、審査は大事な部分。

クラウドポートにはmaneoファミリーのような状況にならないよう適正なモニタリングと審査を期待したいですね。

悪い評判2:Funds(ファンズ)は会員登録がしずらい?

Funds(ファンズ)へ会員登録する際にやや気になる部分があるという方がいました。

どうやら本人確認書類のところで少しうまくいかなかったようです。

本人確認書類をアップロードするときは注意したほうがいいかもしれません。

ちなみに、自分がFunds(ファンズ)に登録した時は特に気になりませんでした。

 

Funds(ファンズ)の評判まとめ

今回はFunds(ファンズ)の評判をまとめてきました。

最後にもう一度要点を整理します。

Fundsの評判まとめ
  • 新しい資金調達の方法になるかも??
  • リスクが低減されたスキームの評価が高い
  • スマホユーザーでも問題なし
  • 1円から気軽に資産運用できる
  • 実績がなくて不安
  • 審査が適正にされるのか??

Funds(ファンズ)はサービス自体の評判は非常に高いです。

具体的にはスキームや最低投資金額の低さ、さらにはサイト設計が優れているところなど。

一方、実績がないところや審査が適正にされるかなどは心配している声がありました。(ごもっともな意見)

全体的に見ればいい評判と中立的な評判、そして悪い評判は8:1:1くらいの割合。

今の所は良い評判が多い状況です。

しかし、Funds(ファンズ)への最終的な判断はやはり自分で行うしかありません。

ほかの人の意見に左右されちゃダメです!!

Funds(ファンズ)はたった1円から投資ができますので、悩んでいるならまず少額から体験してみましょう。

その方が手っ取り早いと思います。

100円出資すれば分配金も貰えて、どんな資産運用なのか体験できますしね。

Fundsを今すぐチェック!!