ソーシャルレンディング

【独占】CREAL(クリアル)って何処が良いの?? 失礼を承知で社長に直接聞いてきた。

投資型クラウドファンディングといったら今まではソーシャルレンディングが人気でしたが、最近は不動産投資クラウドファンディングも盛り上がってきています。

その中でも最近特に人気になってきているのがCREAL(クリアル)です。

初回に8億円越えの大型ファンドを満額調達させたことで一気に注目を浴びました。

その後も出る一瞬でソールドアウトするファンドが多数。

ネット上にもいい評判が非常に多いです。

実は今回幸運にもCREAL(クリアル)を運営する株式会社ブリッジ・シー・キャピタルにインタビューさせてもらえる機会をいただきました。

失礼を承知でかなり突っ込んだ質問もしてきましたよ 笑

インタビューに答えてくれた人は??

今回インタビューに答えてくれた人は代表取締役社長の横田大造さんです。

経歴を簡単にご紹介。

宅地建物取引士、不動産証券化マスター、医療経営士

2000年、アクセンチュア株式会社入社。2005年、オリックス株式会社にて不動産ファイナンス業務に従事した後、2007年、ラサールインベストメントマネージメント株式会社にて、オフィス、レジデンシャル、商業施設等への投資業務に携わる。2011年、株式会社新生銀行に転職し、病院や介護施設を担保としたノンリコースローンファイナンス業務へ従事する一方、ヘルスケアREITの企画・設立を担当。投資運用部長として物件取得業務を統括する。2017年4月より株式会社ブリッジ・シー・キャピタルの経営に参画し、代表取締役社長に就任。グループの不動産テック事業およびヘルスケア開発ファンド事業の責任者として各種新規事業を牽引。早稲田大学政治経済学部卒。

代表取締役社長自ら宅地建物取引士、不動産証券化マスターなどの資格を保有しています。

ちなみに株式会社ブリッジ・シー・キャピタルさんでは役員さんも公認会計士や税理士の資格を保有した方がいらっしゃいます。

エリート集団といった感じです。

メカニック
メカニック
横田社長、本日はよろしくお願いします。
はい、よろしくお願いします。

 

そもそも株式会社ブリッジ・シー・キャピタルって何をやっている会社なの??

メカニック
メカニック
CREAL(クリアル)について聞きたいところではあるんですがまずは株式会社ブリッジ・シー・キャピタルさんについて教えてくださいますか?? 一体何をしている会社なんですか??
当社はブリッジ・シー・グループの中で親会社としての位置づけでして、主に不動産ファンド事業をメイン事業としております。
投資対象として特徴的なのは、伸びているアセット、社会に必要とされているアセット、に対して投資していくというスタンスです。
近時は老人ホームやホテル、病院など幅広く運用しております。
不動産ファンドのお客様は機関投資家なのでBtoBというサービスですが、今般CtoC事業という位置づけでクラウドファンディング事業CREAL(クリアル)というサービスをローンチ、運営しています。
メカニック
メカニック
なるほど。グループってことは他にもあるということですか??
ブリッジ・シー・グループは当社の他に株式会社ブリッジ・シー・エステート、ドムスレジデンシャルエステート株式会社の2社がございます。
当社を含めた3社で構成されています。

 

CREAL(クリアル)ってどんなサービスなの??

メカニック
メカニック
ではCREAL(クリアル)について簡単に教えてください。
はい。CREAL(クリアル)は1万円から投資ができる投資クラウドファンディングサービスです。
投資クラウドファンディングにはソーシャルレンディング、株式投資型クラウドファンディング、不動産投資クラウドファンディングの3つがありますがCREAL(クリアル)は不動産投資クラウドファンディングに位置します。
1万円から気軽に不動産投資が可能です。
メカニック
メカニック
1万円からというのはいいですね。
従来の不動産投資ではどうしても高額の資金が必要でしたので、CREAL(クリアル)では投資家様に手軽に投資を体験してほしいという思いも込めまして1万円からという設定にさせていただきました。
メカニック
メカニック
投資の流れも簡単に教えていただけますか??
CREALではまずはみなさんに出資をしていただいた資金で不動産を買います。
そして、運用期間中にその物件から入った賃料をみなさんに分配します。
最終的には不動産を売却して投資元本を回収。
このような流れです。

 

ソーシャルレンディングとの違いは??

メカニック
メカニック
CREAL(クリアル)は不動産投資クラウドファンディングとのことですが、融資型クラウドファンディング、つまりソーシャルレンディングとの違いはどこでしょうか??
1番の違いは投資物件が明示できるところです。
ソーシャルレンディングは法令上の問題で貸付先が公開できません。
一方、不動産投資クラウドファンディングでは不動産特定共同事業法の許可に基づいたスキームですので、投資不動産の情報をオープンにできます。
物件の外観から内観、さらには住所まで様々な情報をサイト上に公開することが可能です。
メカニック
メカニック
確かにソーシャルレンディングって貸付先がわからないのが1番の問題なんですよね。
具体的に投資物件がわかるというのは投資家にとって大きなメリットだと思います。
情報の開示は非常に大事です。もちろん現地にいけば実際に対象物件を見に行って確認することもできますよ。

 

CREAL(クリアル)のメリットは??

メカニック
メカニック
CREAL(クリアル)は1万円から不動産投資できるのも大きなメリットだと思いますが他にはどんなメリットがありますか??
投資元本評価がキャピタルマーケットに影響されず、ボラティリティが少ないのもメリットだと思います。
株式やREITの場合は株価変動リスクがありますが、CREAL(クリアル)ではあくまで不動産価格に基づく評価のため、ボラティリティは株価と比較して少ないです。
また、後にご紹介する優先劣後構造等の仕組みも、ボラティリティを軽減する秘訣となっております。
さらに投資してからの時間的コスト(手間)も少ないです。
つまり我々、不動産のプロにアセットマネジメント(資産運用)を委託できるので、不動産管理の手間も不要、投資家はほったらかしでOKというのも大きなメリットと言えるでしょう。

 

投資物件はどのように探しているの??

メカニック
メカニック
ファンドを見るとホテルアマネクなど大型の案件もありますが物件はどのように探してきているのですか??
CREAL(クリアル)で扱う物件についてはグループ会社である株式会社ブリッジ・シー・エステートが探しています。
メカニック
メカニック
先ほど言っていたグループ会社ですね!!
物件を探す際に気をつけている部分はありますか??
主に気をつけているところは下記の4つです。

  • 不動産バリュー(立地条件、売却できそうか)
  • 運営事業者のクレジット・コンプライアンス
  • 運営事業者の運営能力・サービスレベル
  • 反社のチェック

特に投資家に元本毀損リスクに直結する物件の出口(売却できそうかどうか)については特に気をつけています。

 

どのような場合に損失がでるのか??

メカニック
メカニック
CREAL(クリアル)は投資なので当然リスクもありますよね??
例えばどんな時に損失が確定するのですか??
リスクの種類は様々ありますが、1番大きなリスクは案件の売却時に発生します。
想定した価格よりも売却額が安くなってしまった場合には元本が毀損する可能性があります。
災害リスクについては保険をかけているのでご安心ください。
メカニック
メカニック
なるほど。やはり売却時の相場リスクが問題ということですね。
はい。
しかし、当社では優先/劣後出資方式を採用しており、優先出資者であるお客様の出資元本のリスクの低減を図っております。
劣後出資者である当社の元本部分がクッションとなります。
メカニック
メカニック
投資家が優先出資というのはありがたいです。ちなみに運用期間中に不動産の借主が退出してしまったらどうなるんですか?? その場合は賃料が入ってこないと思いますが。
ファンドページのリターンの項目に載っておりますが当社のファンドでは、当社が必要であると判断した場合、株式会社ブリッジ・シー・エステートからの転貸借(マスターリース)という形をとっています。
つまり実際の借主が退出してしまった場合でも株式会社ブリッジ・シー・エステートは株式会社ブリッジ・シー・キャピタルに賃料を払わなければなりませんので投資家様への分配金が滞ることはありません。
メカニック
メカニック
そうだったんですか!!
確かにファンドページを見たらそのような記載がありますね。
というか月額賃料まで載ってるじゃないですか!?
はい。情報格差を無くすようにできるだけ明記するようにしています。

 

CREAL(クリアル)は手触り感さえも伝えたい

メカニック
メカニック
失礼なことを聞くようで申し訳ないんですがCREAL(クリアル)って他の不動産投資クラウドファンディングと比べて何か特徴があるんでしょうか??
はい!! CREAL(クリアル)では透明性を非常に大事にしています。
ファンドページには画像はもちろんのこと、動画も必ず載せるようにしています。
また、不動産調査価格の報告書も会員限定ではありますが閲覧することが可能です。
メカニック
メカニック
え、不動産調査価格の報告書も載せているんですか??
うわ、ホントだ!!
ファンドのページを見たら調査した会社名までしっかり載ってる!!
調査報告書はどうしても掲載したかったんです。
調査会社に交渉をしてなんとか実現することができました。
メカニック
メカニック
CREAL(クリアル)を完全に舐めてました。
すいません!!
先ほども言いましたがCREAL(クリアル)では当社と投資家様との情報格差をできる限りな無くしたいと思っています。
あらゆる情報を開示して、「手触り感さえも伝わってくる」、そんなサービスを目指しています。

 

投資家へ一言

メカニック
メカニック
では、最後に投資家へ一言お願いできますか??
CREAL(クリアル)では今後も様々なファンドを予定しています。
現在はレジデンシャルが多い状況ですが社会貢献性が高いファンドも取り扱い、ラインナップを充実させていくつもりです。
引き続き、投資不動産についてできるだけ多くの情報を掲載し「顔が見える投資」を提供していきたいと思っています。
メカニック
メカニック
横田社長、今回はありがとうございました!!

 

インタビューを終えて

最後にインタビューの重要なポイントをまとめます。

要点まとめ
  • 1万円から不動産投資ができる
  • 不動産調査報告書が見れる
  • 優先劣後出資
  • 透明性が非常に高い
  • ボラティリティが少ない

CREAL(クリアル)については十分理解していたつもりでしたが、今回のインタビューでまだまだ浅かったことがわかりました。

特に1番驚いたのは情報の透明性です。

確かにファンドページを見るとかなり詳細な情報まで明記されています。

他のサービスもチェックしてみましたが不動産調査報告書のPDFがアップロードされているところは1社もなし。

これは国内でもトップクラスです。(トップと言ってもいいかもしれない)

不動産投資クラウドファンディングではソーシャルレンディングのように借主の情報が開示できないというデメリットはありませんが、CREAL(クリアル)はその中でも頭一つ抜け出ているように思います。

利回りも4%前後と無理のない数値なのは好印象。

自分は現在35万円ほどを投資していますが、さらに追加投資したくなっちゃいました。

今回のインタビューで少しでも興味が出た方は是非投資を検討してみてくださいませ。

CREALを今すぐチェック!!

さらにCREAL(クリアル)について知りたい方は合わせて下記記事で自分の投資体験をまとめています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。