キャッシュレス

【改悪】Kyash Card Liteの口コミは上々!? 使ってわかった5つのデメリット

ぶるぶる
ぶるぶる
Kyash Card Liteの評判が凄くいいけどなんでなの??
メカニック
メカニック
ポイントが2重取りできて使わないと損するからだよ。

Kyashが実店舗でも利用できるように出したのがKyash Card Liteです。

無料で保有できる上にポイントの3重取りが可能。

気をつけるところさえおさえておけば節約効果抜群のツールです。

今回は使ってわかったKyash Card Liteの特徴からメリット・デメリットを徹底紹介

これから作成しようとしている方は是非参考にしてください。

評判や口コミも紹介していきますよ。

Kyash Card Liteは以前Kyashリアルカードという名称でしたがKyash Cardが新たに誕生したので名称が変更になりました。

結論:Kyash Card Liteは作らなきゃ損!!

結論を先に言うとKyash Card Liteは保有していなければ損だと思います。

理由は下記の通り。

ポイント
  • 発行手数料は300円
  • 還元率が最大0.5%
  • 3重取りが可能
  • 利用上限額がある
  • 公共料金など支払えないものがある

Kyash Card Liteは300円で作成できる還元率が最大0.5%のプリペイドカードです。

クレジットカードと紐づけることでポイントの2重取りが可能。

さらにはQRコード決済も駆使すれば3重取りもできます。

還元率を1.5%以上にすることも可能です。

利用上限が決められていたり、公共料金など支払えないものがありますがルールを理解すればなんら問題ありません。

Kyash Card Liteを使えば普段の買い物で節約ができますよ。

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

 

Kyash Card Liteとは??

ここからはゆっくりと説明していきますね。

Kyash Card LiteはキャッシュレスアプリのKyashが発行しているプリペイド型のVISAカードです。

Kyashには下記の3種類があります。

  • Kyash Card
  • Kyash Card Lite
  • Kyash Card Virtual

一番使い勝手がいいのはKyash Cardで、Kyash Card Liteはその簡易版という位置づけです。

 

Kyash Card Liteを作成できる人

Kyash Card Liteはクレジットカードではありませんので基本的には誰でも作成することが可能です。

年齢制限はなく、審査も不要。

社会人はもちろんのこと学生でも発行できます。

 

Kyash Card Liteの発行費用・年会費

Kyash Card Liteは発行費、年会費は無料。

ランニングコストは一切かかりません。

 

Kyash Card Liteの作成方法

作成方法はとっても簡単。

  1. 申し込み
  2. カードが到着
  3. アプリをダウンロード
  4. カードを有効化

申し込みはたった1分で終わります。

その後、数日すればKyash Card Liteが到着しますよ。

到着したらKyashアプリをダウンロードしてKyash Card Liteを有効化しましょう。

これで利用できる状態になります。

 

Kyash Card Liteのチャージ方法

Kyash Card Liteはプリペイドカードなので利用するにはチャージしなければいけません。

チャージ方法は下記の3通りから選べます。

  • コンビニチャージ
  • セブン銀行ATMチャージ
  • 銀行ATMチャージ
  • クレジットカードチャージ

コンビニチャージの方法

コンビニチャージはまずアプリからチャージ申請をしなければいけません。

その後、下記のコンビニで入金をします。

  • ローソン
  • ミニストップ
  • ファミリーマート
  • セイコーマート

残念ながらセブンイレブンは対応していません。

セブン銀行ATMチャージ

セブン銀行ATMチャージはATMでの操作が必要になります。

  1. セブン銀行ATMにいく
  2. スマートフォンでの取引をタッチ
  3. アプリを開いてATMのQRコードをスキャン
  4. 企業番号をATMに入力
  5. チャージ金額を入金
  6. チャージ完了

初めてチャージするときは少し戸惑うかもしれません。

銀行ATMチャージ

銀行ATMチャージはPay-easyを利用してチャージします。

  1. アプリからチャージ申請
  2. 金額を入力
  3. 入金する

入金は銀行ATMでもできますし、ネットバンキングからも可能です。

チャージ金額は最低3,000円から。

楽天銀行からのチャージはできませんので注意してください。

みずほ銀行からのチャージも1回/日となります。

クレジットカードチャージ

登録したクレジットカードからチャージすることができます。

登録方法は自動チャージと手動チャージの2種類。

利用できるのはVISAとMastercardの2つだけです。

自動チャージ

自動チャージは不足分を自動で充当する仕組みです。

もし1,000円しか残高になく2,000円の買い物をした場合、自動的に不足分の1,000円が即時チャージされます。

自動チャージならばチャージ不足に陥ることはありません。

Kyash Card Liteでは1番簡単な方法ですよ。

手動チャージ

手動チャージは金額を決めてチャージする方法です。

使いすぎを防止したい人には最適なチャージ方法だと思います。

 

Kyash Card Liteの利用方法

Kyash Card Liteをお店で利用するときは「クレジットカードで!!」といえばオッケーです。

厳密にいえばプリペイドカードですが、店員さんもクレジットカードと言う方がわかりやすいでしょう。

また、支払い回数をもし聞いてきたら「1回で!!」と言ってください。

分割払いはできません。

 

Kyash Card Liteのメリット

ぶるぶる
ぶるぶる
Kyash Card Liteはメリットがたくさんありそうだね。
メカニック
メカニック
たくさんあるから一つずつ紹介していくね。

メリット1:還元率が最大0.5%

Kyash Card Liteの最大のメリットは0.5%という還元率です。

利用した金額の最大0.5%相当がポイントバックされます。

つまり、Kyash Card Liteで支払いができれば0.5%節約できるということです。

10,000円を支払ったら50円が即時ポイントでキャッシュバックされますよ。

ちなみにキャッシュバック金額は1回の決済ごとに0.5%を乗じて算出します。

例えば498円だったら2円、205円だったら1円です。

キャッシュバックは翌月25日〜末日までに付与されます。

また、以前の還元率は1%でしたがKyash Cardが誕生したことで2020年の5月1日から0.5%になってしまいました。

メリット2:審査不要でランニングコストはかからない

審査不要の上、ランニングコストがかからない点も魅力の一つ。

誰でも気軽に作成できるのはいいですね。

メリット3:利用通知メールがくる

Kyash Card Liteを利用すると通知メールが来ます。

可能性はかなり少ないですが、もし悪用されてしまったとしてもすぐに知ることができます。

メリット4:アプリからカードをロックできる

Kyash Card Liteをもし紛失してしまっても大丈夫です。

アプリから利用をロックすることができます。

これにより不正利用される危険性はなくなりますよ。

 

Kyash Card Liteのデメリット

ぶるぶる
ぶるぶる
Kyash Card Liteはデメリットもあるの??
メカニック
メカニック
メリットの方が多いけど一応デメリットもあるよ。

デメリット1:利用限度額がシビア

まず知っておいて欲しいのが利用限度額です。

  • 24時間あたりの利用限度額は5万円以下
  • 1回あたりの利用限度額は5万円以下
  • 1ヶ月間での利用限度額は12万円まで

Kyash Card Liteでは上記の縛りがあります。

特に5万円以上の買い物が利用できない点は注意しましょう。

高価な物は買えませんね。

デメリット2:Suicaチャージはキャッシュバック対象外

中にはSuicaへのチャージとしてKyash Card Liteを利用したい人もいるでしょう。

しかし、残念ながらSuicaへのチャージはキャッシュバック対象外です。

以前は対象だったんですが、2019年の2月に改悪されました。

デメリット3:利用できない取引や店舗がある

プリペイドカードという性質上、利用できない取引や店舗があります。

  • 毎月の継続的なお支払いや、自動更新手続き(契約)が発生する加盟店
  • 一部の月額・継続契約の利用料金のお支払い
  • ガソリンスタンドでのお支払い
  • 高速道路通行料金でのお支払い
  • 航空会社、航空券予約、購入
  • ホテル(ホテル内の店舗)でのお支払い
  • レンタカーのご利用料金のお支払い
  • 各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い
    nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカ などへのチャージ
  • 公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウオーターサーバ定額サービス/通信教育/各種月会費など

ガソリンスタンドやホテルは特に注意してください。

デメリット4:3Dセキュアは非対応

残念ながら本人確認である3Dセキュアは非対応です。

セキュリティは万全とはいえません。

ただ、プリペイドカードですししょうがない部分はあるかと思います。

デメリット5:発行手数料がかかる

Kyash Card Liteは発行手数料が300円かかります。

元を取るには最低でも60,000円利用しなければいけません。

とはいえメインカードとして利用すれば1ヶ月で達成することも十分可能。

そこまで気にしなくて大丈夫です。

 

Kyash Card Liteをお得に利用する方法

Kyash Card Liteをお得に利用する方法がありますので紹介します。

高還元率のクレジットカードを登録する

Kyash Card Liteにクレジットカードを登録すればKyashのキャッシュバックとクレジットカードポイントが2重取りできます。

例えばもし還元率1.25%のREXカードを登録した場合、還元率が最大1.75%になります。

還元率1%の楽天カードヤフーカードを登録した場合でも最大1.5%の還元です。

高還元のクレジットカードを登録すればお得になりますよ。

ポイントカードも忘れずに提示する

ポイントカードの加盟店では提示することにより3重取りも可能です。

もしTポイント加盟店ならばTポイントカードを提示して、クレジットカードを紐づけたKyash Card Liteで支払うのがベスト。

これで3重取りのコンボが完成します。

もしポイント加盟店での還元率が0.5ならば、さらにその分も還元率をアップさせることができますね。

 

Kyash Card Liteの評判や口コミ

Kyash Card Liteの口コミをネット上で調べてみました。

評判はこの通り。

スマートに会計できるところ、あとはQRコード決済との相性の良さは好評価でした。

一方では暗証番号がないところや、カードのしょぼさは気になっている人もいるようです。

 

Kyash Card Liteのまとめ

では最後にKyash Card Liteをまとめます。

要点まとめ
  • ランニングコストはなし
  • 発行手数料は300円
  • 還元率が最大0.5%
  • 3重取りが可能
  • カードロックができる
  • 利用上限額がある
  • キャッシュバック対象外がある
  • 3Dセキュア非対応

利用上限があったり、3Dセキュアが非対応など多少気になる点はありますがメリットの方が非常に大きいです。

単体で使っても還元率は最大0.5%ですし、クレカと紐づければ還元率1.5%以上も余裕で達成できます。

Kyash Card Liteがあれば日々の生活コストを節約できますよ。

まだ持っていない人は絶対作成しておくことをおすすめします。

ちなみに還元率にこだわる人は上位版のKyash Cardを作成するようにしてくださいね。

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

【キャッシュレスに必須】楽天カードの作成と利用で5,000Pをプレゼント

楽天カードが神キャンペーンを実施しています。

今なら新規カードの入会&利用で…

5,000円相当のポイントがプレゼントされます。

入会で2,000P、一回利用で3,000Pで

しかも楽天カードは2020/9から始まるマイナポイント事業にも対応しています。

申込をしてから楽天カードを利用すると期間中最大5,000Pが貰えるんです!!

キャッシュレスに必須のカードですのでまだお持ちでない方は急いで申込しましょう!!

年会費は永年無料ですよ。

楽天カードについて詳しく知りたい方は下記記事にまとめてありますので一読くださいませ。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。