ネオモバがIPOの取り扱いを開始!!

金融機関・サービス

【裏技】ネオモバの手数料が無料に!? 楽天銀行の配当金受取プログラムを攻略せよ!!

ネオモバの人気が止まりませんね。

1株から購入でき、さらにTポイントも利用できるところが受けているんでしょう!!

間違いなくこれから投資を始めようとしている人にはおすすめできるサービスです。

ただ、唯一ネックなのが月額のサービス利用料です。

利用しなかったとしても最低で200円(税抜き)かかってしまうんですよね。。

これが嫌でなかなか始められないという人もいると思います。

しかし、実はネオモバの月額サービス利用料を実質無料にできる裏技があるんです。

むしろこの裏技を使えばプラスにすることも可能。

今回はこの裏技について徹底紹介させていただきます。

もしネオモバについて知らない人がいましたら先に下記記事をチェックしてくださいね。

 

結論:楽天銀行の配当金受取プログラムを利用しよう

時間がない人もいるでしょうから、早速裏技を紹介します。

それは楽天銀行の配当金受取プログラムを利用する方法です。

実は楽天銀行には配当金を受け取ると、件数に応じて現金がプレゼントされるというプログラムがあるんです。

1件につき10円プレゼントされるので、受取件数が多ければ多いほどたくさんの現金がもらえます。

もちろんこれは企業の配当金とは別です。

もし100件の企業から配当金を受け取ればそれだけで年間1,000円になります。(期末配当のみの場合)

ネオモバは最低でも月額220円の利用料がかかりますが、毎月Tポイントが200P貰えるので実質負担は月額20円です。

1年だと240円ですね。

つまり24件から配当金を貰えば240円プレゼントされるので、これで月額費を実質0円にできます。

むしろ還元率の高いクレジットカードで月額費を支払っていればその分はプラスです。

ただ、いくつか問題点もあるので下記ではその辺も含めながら紹介させていただきます。

楽天銀行を今すぐチェック

 

ネオモバの手数料はそもそもいくらなの??

ネオモバの手数料は月間の国内株式約定代金合計額で決まります。(下記はすべて税抜き)

  • 0円~50万円 → 200円
  • 300万円 → 1,000円
  • 500万円 → 3,000円
  • 1,000万円 → 5,000円

以下100万円ごとに1,000円が加算

このような料金テーブル。

つまり最低でも一ヶ月に200円のサービス利用料がかかります。

ただ、毎月Tポイントが200Pもらえるのでユーザーが負担するのは実質消費税分のみ。

今回紹介していくのはTポイントで賄えない部分を無料にしちゃおうという裏技になります。

 

ネオモバの裏技を利用するための手順

注意点の前にまずは上記の裏技を利用するための手順を紹介します。

  1. ネオモバのカスタマーセンターに連絡
  2. 配当金の受取方法の変更
  3. 受取口座を楽天銀行に指定
  4. 楽天銀行の配当金受取プログラムにエントリー

ネオモバに口座開設してすでに初期設定してしまった人はちょっと面倒です。

配当金の受取方法を変更するにはカスタマーセンターに問い合わせなければいけません。

そして配当金の受取口座を楽天銀行に指定。

最後に配当金受取プログラムにエントリーします。

これで準備完了。

あとは配当金1件につき10円がプレゼントされますよ。

 

裏技を利用する上での注意点

なかなか面白い裏技ではあるんですが、大きくわけて4つの注意点があります。

注意点1:大量の書類が届き処理が大変

まず一つ目は株式関係書類の数です。

株主優待の長期保有のために端株を大量に保有している人はわかりますよね??

この裏技は配当金が貰える企業を増やせば増やすほどプレゼントされる金額が大きくなります。

しかし、それは比例して株式関係書類が多く届くということでもあるんです。

もし100件から配当金をもらった場合、100通届くことになります。

郵便受けがパンクする可能性もあり、処理も大変。

苦行になる可能性も否定できません。。

注意2:毎月のエントリーが必須

楽天銀行の配当金受取プログラムは一度エントリーして終了ではありません。

実は毎月エントリーしなければいけないんです。

もしエントリーし忘れた場合は現金が貰えませんので注意してください。

注意点3:全証券会社で登録配当金受領口座方式に変更される

この裏技を利用するには登録配当金受領口座方式にする必要があります。

ただ、ネオモバでこの方式に変更すると連動して全ての証券会社が登録配当金受領口座方式に変更されてしまうんです。

証券会社毎に選べるわけではないので注意してください。

特に注意して欲しいのはNISA口座です。

この方式に変更した場合は、NISA口座で保有している企業から配当金をもらっても税金を払う必要があります。

注意点4:プログラムの中止

当然ですが、もし楽天銀行の配当金受取プログラムが中止になった場合、この裏技は利用できなくなります。

このリスクは必ず理解しておくようにしてください。

その場合は売却するしかないかなと。

 

効率よく現金をもらうお得な方法

この裏技を利用するにあたって効率よく現金をもらうお得な方法を紹介します。

お得な方法1:中間配当を実施している企業を探せ

やはり書類が大量に届くのは嫌でしょうから、できるだけ企業数を減らしたいですよね。

そこで重要になるのが中間配当の有無です。

中間配当があれば期末配当と合わせて年に2回貰えます。

そうすれば1つの企業で楽天銀行から20円の現金が貰えますよね。

できるだけ中間配当を実施している企業の株を保有するようにしましょう。

お得な方法2:ネオモバの口座停止を有効に利用しよう

ネオモバでは口座を停止することができ、この間は月額のサービス利用料を払う必要はありません。

なので一ヶ月の間に一気に株を購入してその後口座を停止すれば、サービス利用料を最低限にすることができます。

その後は企業が配当金の分配を実施する限り、楽天銀行にチャリンチャリンと現金が貰えます。

 

まとめ

だいたい理解できましたかね??

楽天銀行の配当金受取プログラムですが実は前から存在したプログラムです。

少し前まではどの証券会社でも単元未満株を購入するのに手数料が最低でも50円前後かかりました。

なので今回の技をやる旨味はそれほどなかったんです。

でも、ネオモバの登場でガラッと変わりました。

約定代金50万円までならば取引回数に関係なく手数料は200円(税抜き)。

その上、Tポイントで株が買えるというおまけ付き。

今頃になって「あれ!? ネオモバって結構革命的なサービスではないのか??」と思い始めている自分がいます。

今回紹介した方法は面倒な点や注意点はあるもののプログラムが廃止されなければネオモバの手数料を無料にできます。

むしろプラスにすることも可能で、そうなればある種の不良所得といっていいかもしれません。

是非、検討してみてくださいませ!!

楽天銀行を今すぐチェック

ユニコーン
FUNDINNO(ファンディーノ)
1円からコツコツ資産運用してみませんか??

だれでもコツコツと資産運用できる新しいサービスがスタートしました。

その名はFunds(ファンズ)です。

Fundsはたった1円から信頼度の高い企業にお金を貸して利息を受け取ることができる、いままでになかった社債”風”の資産運用方法になります。

投資経験に関係なくだれでも同じパフォーマンスを出せる画期的なサービスですよ。

スマホ一つで簡単に利用できるので、興味がある方はチャレンジしてみましょう。

さらに詳しく知りたい方は下記記事を合わせてご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。