IPO投資

2020年はIPOが壊滅状態!! 全銘柄に当選していたらいくらの利益になるのか計算したら驚愕の結果が待っていた

いや~、まさかコロナがここまで大きな影響を与えるとは全く思っていませんでした。

上場中止はもちろんのこと、上場をしても公募割れの雨あられ。

ここまで公募割れが続いているのは自分がIPO投資を始めてから記憶にありません。

2018年の12月も地合いが悪くなって公募割れがありましたがそれが可愛く感じるほど。

そこでちょっとおさらいの意味も込めてこの記事を書いている現時点までのIPO結果をまとめ、もし全てのIPOに当選していたらどんな成績になっているのか計算してみました。

始めにいってしまうと、それはもう悲しい結果になっております、。。

マネックス証券

2020年3月現在のIPO結果

まずは上場したIPOとその結果をまとめてみましたよ。

ジモティー13.0万円
コーユーレンティア6.2万円
AHCグループ13.5万円
カーブスHD-0.8万円
kids smile HD4.72万円
ウイルテック0万円
きずなHD-1.0万円
フォーラムエンジニアリング-2.8万円
ビザスク-1.9万円
コンピューターマネジメント16.1万円
リグア-0.4万円
フォースタートアップス-1.42万円
木村工機-3.5万円
ミクリード-0.7万円
ミアヘルサ-5.82万円
リビングプラットフォーム-3.5万円
ドラフト-3.59万円
関通5.42万円
日本インシュレーション-0.71万円
ゼネテック-0.8万円
リバーHD-2.4万円
ヴィス-0.66万円
アディッシュ8.71万円
CSC47.1万円
ジャパン・インフラファンド0.6万円

こんな感じになっています。

ざっと見ていただければわかると思いますがマイナス表示がとにかく多いですよね。

現時点での成績を計算してみると…

9勝15敗1分

がっつり負け越しています。

しかも途中は10連敗くらいしているようで、A級IPOとして見られていてフォースタートアップス、ゼネテックなども公募割れ。

目も向けられないとはこのことかもしれません。

あと、上場前から不人気のIPOは引受価格を大きくわりこんだ結果になっています。

フォーラムエンジニアリングや、ドラフト、ミアヘルサ、リバーホールディングスなどは騰落率で表すと-20%以上です。

流石に2018年で一世を風靡(?)したポートは-30%越えというということで、こちらには適いませんが、それに次ぐクラスの暴落がガンガン出ています。

もう、恐ろしいとしかいえません。

全部に当選していたらどのくらいの利益になっているの??

全部当選するのは不可能ではありますが、少し気になったので上記で紹介したIPOに全て当選して初値で売却していたらどのくらいの利益になっていたか計算してみましたよ。

合計してみたところ…

75万9,100円でした!!

あれ!? 意外と悪くない 笑

でも、でもですね。

この半分以上はS級のサイバーセキュリティクラウドが出した利益なんですよ。

もしこれがなかったらたった28.8万円。

参考までに2019年の結果を計算してみたら同じ時期までで余裕で300万円を超えてました。

1/10以下です。

IPOが多い3月含めてこの結果は本当に壊滅状態といっていいのかもしれませんね。

コロナウイルスマジで恐ろしい。。

 

今後のIPOはどうなるのか??

4月もすでにIPOが新規承認されていますが、おそらく地合いは変わらないと思います。

3月同様に公募割れするIPOが多く、中には上場を中止する企業もでてくるかもしれません。

個人的にはコロナの影響が出てくるのはこれからで今はまだ序の口じゃないのかなという感じがしています。

ここからいろんな企業の決算が出てきますが、きっとそこで現実を目にするのかと。

そしてIPO投資家としては回復する時期も気になると思いますが、流石にコロナウイルスの治療薬やワクチンが出揃ってこの混乱が収束しないと厳しいです。

まだしばらくはハイリスク・ローリターンという普段とは逆の展開が続くような気がしています。

また、おそらく5月以降の新規承認は一気に少なくなるはずです。

こんな状態の中で上場しても企業も投資家も旨味は全くありませんからね。

今年中に上場を予定していた企業もオリンピック同様に1年程度延期したところが多いと思います。

 

まとめ

ということで、今回は現在のIPO状況をまとめて内容にしてみましたが、再確認してみるとまぁ酷いですね。。

ここまで公募割れが続いている状況は見たことがないです。

ちなみに自分は現在、幸か不幸かMacbee Planetがネオモバで当選した1株のみ。

ほとんど影響はありません。

でも中にはIPOで10万円以上の損失を出している人がいるかもしれませんので、本当に笑えない状況だと思います。

気持ち的にはできるだけ早くIPO市場に活況が戻ってきてほしいところですが、先ほどもいったようにしばらくは盛り上がらないでしょうね。

とはいえ、絶対にいつかは復活します!!

ここは我慢して、地合いが戻ってきたときにフル参戦できるように気持ちを整えておきましょう。

また、今はIPO投資の効率が悪いので自分は他の投資にシフトしています。

先日も1円から投資できるFunds(ファンズ)に60万円ほどを投資!!

気づいたら総投資額が160万円を超えていました 笑

投資後は株式のように値動きがありませんので、コロナで心を乱されることはありません。

しかも、投資先は全て上場企業ですので「絶対に大丈夫」とは言えないもののかなり安心して投資ができます。

たった1円から投資ができるので、こんな時は気分転換に他の投資を体験してみるのもいいと思いますよ。

コロナショック時におけるおすすめの投資方法は下記でまとめてありますので興味ありましたら是非一読してみてくださいませ。

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ。

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【生の口コミ】SBIソーシャルレンディングに3年投資してわかったメリット7つ・デメリット3つSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。