IPO投資

【ショック】IPOの審査落ちが急増!? 新規承認数が極端に増えない3つの理由

ここ数年を見るとIPOする企業は年間100社ほど。

リーマンショックが起こってからは急激に減りましたが、景気が悪くなければこのぐらいの数字に落ち着いています。

でも、「もっとIPO増えてほしいな~」と思っている人もいるのではないでしょうか??

IPOが増えればそれだけ当選のチャンスも比例して増えますから、利益を出せる可能性が上がります。

しかし、どうやらこれ以上増えない事情がいくつかあるそうなんです。

実は先日Twitterでこのあたりの話題で盛り上がりましたので、SNSをやっていないブログ読者にも共有したいと思います。

ということで、IPOの承認数が増えない要因を一緒に考えていきましょう。

マネックス証券

東証の審査で落ちる企業が多くなった??

フォロワーのろびんさんが先日気になるツイートをしていました。

どうやら東証に上場の申請をした後で承認にいたらなかった銘柄が急増しているとのこと。

調べてみたら2018年は254件審査して46件が審査落ち!!

つまり1/5はIPOの申請をしたものの審査で落とされたということになりますね。

ちなみに上場するまでのスケジュールはこのようになっており、東証の審査前に主幹事証券がいろいろと審査することになっています。

それでも審査落ちするケースが頻発しているようです。

さらに理由についてもろびんさんがつぶやいていました。

完結にいうと管理体制が不十分ということですね。

さらにこう続けています。

どうやら上場後、すぐに下方修正する企業が増えたのも要因の一つにあるとのこと。

このようなケースが目立ち始めたのはスマホゲームのgumiからです。

gumiは上場後に黒字から一転して4億円の赤字を下方修正!!

上場ゴールの代表的な例となりました。

直近でいうとパーソナルジムを運営するトゥウェンティフォーセブンが記憶に新しいと重追います。

こちらも上場1ヶ月で業績を下方修正。

投資家から批判が殺到しました。

こうした背景が、東証の審査を厳しくしている要因ということになります。

 

証券会社の審査も乱雑に!?

また直近ではIPOには適さない会社の審査も増加しているようです。

フォロワーさんのFibocatさんからこのような興味深い情報も聞けました。

その上、証券会社の指導レベルも落ちている可能性があるとのこと。

確かにIPOに適さないレベルの企業だったら落とされるのは普通のことです。

さらにこう続けています。

取引所がゼロから審査したら時間がかかり、IPO数はさらに減るとのこと。

主幹事証券である程度はじめに審査をしているのは、東証の負担を軽くするという理由もありそうです。

もちろん主幹事的にはサポートした企業がIPOすれば大きな利益につながりますから、審査は厳しめに行うとは思いますが、証券会社によってかなりバラツキがあるのが実態です。

某ネット証券は審査が緩いという話は有名ですよね。

もしかしたらそういう証券会社がサポートしている案件は実はかなりの数が裏で落とされているのかもしれません。

 

監査会社の取り合いも激化

IPOをする上では監査会社の協力も必須です。

しかし直近では監査会社のリソースが全く足りず、企業による争奪戦が起きています。

出資先の社長からもこのようなリプライがありました。

どうやらよほどのツテがない限りは監査法人にお断りされるようです。

 

まとめ

少し殴り書きになってしまいましたが、まとめるとIPO数の数が増えない原因としては下記の3つが大きく関係しています。

  1. 審査に落ちる
  2. 東証の審査数に限界がある
  3. 監査法人のリソースがない

①はまだ改善することはできると思いますが、②と③を改善するのはかなり難しいです。

というか今は人手不足なこともあり、実質不可能な言わざる終えません。

ここ数年は100社前後のIPOが続いていますが、減ることはあっても増えることはないように思います。

審査をもっと簡略化すればいいですが、そうするとgumiやトゥウェンティフォーセブンのような企業が続出可能性もあるので現実的ではありません。

投資家に大きな不利益が被る恐れもあることを考えればむしろ厳しくしていくと考えた方が普通かと。

とはいえ、ITバブル全盛期には200社以上がIPOする時期もありました。

新型コロナの影響もありすぐには難しいかもしれませんが、またいつか全盛期並みに戻ってくれたらIPOファンとしては嬉しいですよね。

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ。

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【生の口コミ】SBIソーシャルレンディングに3年投資してわかったメリット7つ・デメリット3つSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。