sMedio エスメディオ (3913)のIPO初値予想と詳細

 

sMedio(3913)詳細

このページではsMedio エスメディオ (3913)のIPO初値予想と詳細について記載していきます

3月の新規承認はこのsMedioで16社目となり昨年以上に多くのIPOがでてきている

吸収金額は約10億円。市場はマザーズとなっておりこの規模ならば荷もたれ間はないだろう

業種は「ソフトウェア開発、販売」ということでIPOでは人気化しやすい。

ソフトウェア関連の小型マザーズIPOということで初値高騰も望めそうだ

現段階では単独上場ではあるがほかのIPOとも重なる可能性があることは十分頭にいれておきたい。

 

主幹事はSMBC日興証券

今年は主幹事、平幹事どちらでもほとんどのIPOで幹事入りしているため3月IPOでは一番活躍する証券会社になるだろう。

ネット証券では抽選配分が多く期待できるSBI証券マネックス証券が狙い目になりそうだ。

sMedioの紹介記事はこちら

 

エスメディオ ロゴ
銘柄 株式会社sMedio
事業内容 マルチメディア、ネットワークに関する技術を中心としたソフトウェア
の開発及び販売
市場 マザーズ
上場日 3/27
コード 3913
公募 130,000株
38,400株(自己株処分)
売出
OA
209,100株
55,000株
吸収金額 約10,4億(想定価格ベース)
時価総額 約41,5億(想定価格ベース)
株主優待 なし
BB期間 3/12~3/18
価格決定日 3/19
想定価格 2400円
主幹事 SMBC日興証券
幹事証券 いちよし証券
SBI証券
岩井コスモ証券
東海東京証券
みずほ証券
マネックス証券
委託幹事 安藤証券(?)

 

 

 

 

sMedio(3913)の仮条件

【仮条件】

2400円 〜 2520円

 

 

 

sMedio(3913)公開価格

【公開価格】

2520円

 

 

 

sMedio(3913)割当枚数

証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人的期待度
主幹事 SMBC日興証券
3553枚
355枚
1
いちよし証券
37枚
4枚
4
SBI証券
37枚
16枚
3
岩井コスモ証券
37枚
4枚
4
東海東京証券
37枚
4枚
4
みずほ証券
37枚
4枚
4
マネックス証券
37枚
37枚
2
委託幹事 安藤証券(?)
-枚
-枚

 

 

 

sMedio(3913)抽選結果

証券会社 抽選結果
主幹事 SMBC日興証券
当選
いちよし証券
落選
SBI証券
落選
岩井コスモ証券
落選
東海東京証券
落選
みずほ証券
落選
マネックス証券
落選
委託幹事 安藤証券(?)
取り扱いなし

 SMBC日興証券当選画像
sMedio IPO SMBC日興証券 当選

抽選結果の記事はこちら 

 

 

 

sMedio(3913)初値予想

【仮条件決定後の直感的初値予想】

3300円 〜 4500円

直感的初値予想の記事はこちら

 

【上場直前の独断と偏見初値予想】

4200円

独断と偏見初値予想の記事はこちら

 


 

 

sMedio(3913)個人的評価

sMedio レーダー

【総合評価】

 

19/25

 

 

【スタンス】

 

強気

 

【市場】
5点=マザーズ 4点=ジャスダック 3点=東証一部 2点=東証2部 1点=その他

【吸収金額】
5点=小型 4点=中小型 3点=中型 2点=大型 1点=超大型

【業種】
5点=ネット系+特殊 4点=ネット系 3点=特殊 2点=旬な業種 1点=その他

【公募売出比】
5点=公募のみ 4点=公募 〉売出 3点=公募=売り出し 2点=公募〈 売出 1点=売出のみ

【業績】
5点=右肩上がり 4点=黒字(波があらい) 3点=横ばい 2点=赤字 1点=赤字(成長性なし)

 

その他sMedioの初値予想にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

 

↓↓幹事のSBI証券の口座開設はこちら↓↓

 

↓幹事のマネックス証券の口座開設はこちら↓
マネックス証券

Funds
FUNDINNO(ファンディーノ)