IPO日本郵政グループ3社における現段階での申し込みスタンスについて

IPO日本郵政グループの申し込み期間がどんどん近づいてきましたね!!

9/21の本日から数えると申し込み開始まで残り18日となりました(^ ^)

スケジュール

承認時から比べると新たに新規承認のIPOがでてきて環境が変わってきましたので、日本郵政グループにおける現時点でのBBスタンスを記載していこうと思います

あくまで自分のBBスタンスということで正解、不正解という概念はありませんのでご了承いただければ幸いです

スポンサーリンク

日本郵政グループの現段階でのBBスタンス

現段階で決まっているIPOスケジュールは下記の通りです

銘柄
上場日
BB期間
評価
3/23
【公開価格】1,400円
C〜D
3/24
【公開価格】2,070円
B〜A
3/24
【公開価格】185円
D
3/27
【公開価格】6,060円
C
3/28
【公開価格】1,570円
B
3/28
【公開価格】1,520円
C~B
3/29
【公開価格】1,100円
C〜D
3/29
【公開価格】9.3万円
D
3/30
【公開価格】3,600円
D
3/30
【公開価格】2,940円
S
3/31
【公開価格】1,140円
C~B
4/06
【仮条件】 2,400円 〜 2,550円
A
4/10
【仮条件】 720円 〜 750円
C〜D
4/12
【想定価格】2,120円
C
4/18
【想定価格】1,180円
B〜A
4/25
【想定価格】1,720円
A

そして、日本郵政グループのブックビルディング期間と被っているIPOが…

・グリーンペプタイド

・GMOメディア

・パートナーエージェント

の3社になります

自分はグリーンペプタイドの申し込みはSBI証券のみにする予定ですので、実質資金的に影響がでてくるのはGMOメディア、パートナーエージェントの2社。

とりあえずこの2社は当選できれば日本郵政よりも大きな利益が出せると思いますので優先的に申し込みをします(^ ^)

そうなるとどうしても資金が少なくなってしまうので、残念ではありますがIPO日本郵政グループの申し込みを減らす予定です( ;  ; )

「日本郵政グループ3社を平等に申し込むのか」、「どこかに偏らせて申し込むのか」というのは今の所決めていませんがとりあえずは”3社におけるトータルの申込数は減らす”ということに決めました

ただ、申し込み枚数を減らすことにはなりましたが資金の限り申し込むというスタンスは変わっていませんので苦渋の決断と行った感じです

詳しい申込数の配分や申し込みを優先する証券会社などはまだ決めておらず、しばらく考えてから決める予定でいます

その際は、またこちらのブログで記載させていただきますね♪

その人の環境により、日本郵政グループの申し込みスタンスや申し込みをする度合いは違うと思いますので、納得するまで考えて自分に合った申し込みをしていきましょう(^ ^)

これだけの規模だと色々考えることが多くなってきて大変ですww

また、冒頭でも行った通り日本郵政グループの申し込み期間がどんどん近づいてきています

下記がネットから申し込める証券会社となっていますので、この中でまだ口座を持っていないところがありましたら早めに準備しておくことをお勧めしますよ♪

特にマネックス証券岡三オンライン証券カブドットコム証券は狙い目だと思いますのでこの3社は必ず抑えておくようにしてくださいね(^ ^)

口座開設はこちら→マネックス証券

IPO マネックス証券 2