どこが狙い目!? 日本郵政グループに申込可能な証券会社の抽選割合をまとめてみました

IPO日本郵政グループのブックビルディング期間が近づいてきてなんだかソワソワしてきた感じがしますね

9月の優待取りも終わりホッとしたのも束の間、すでに次の山場は着々と近づいてきています(^^;;

日本郵政グループ ポスト3

日本郵政グループの特徴は吸収金額が多かったり、3社同一上場だったりと上げていけばきりがないですが、やはりインパクトが特別大きいのは…

幹事の数でしょう!!

普通のIPOならば15社もいれば「かなり多いな〜」と感じてしまいますが今回は60社越えですからね

ネットから申し込める証券会社も日に日に増えていっている状況なのでなかなか頭の整理がおっつきません

少し自分の頭の中を整理する意味も込めまして今回は日本郵政グループに申し込める証券会社とその証券会社の抽選割合についてまとめてみました(^ ^)

スポンサーリンク

日本郵政グループにネットから申し込める証券会社とその抽選割合

証券会社抽選割合
☆野村証券約10%
☆三菱UFJモルガンスタンレー証券約10%
☆大和証券15%+チャンス抽選5%
☆みずほ証券約10%
☆SMBC日興証券約10%
☆岡三証券約10%
☆東海東京証券約10%
いちよし証券約10%
SMBCフレンド証券約10%
岩井コスモ証券約10%
東洋証券約10%
マネックス証券100%
SBI証券約45%
松井証券100%
エイチエス証券約10%
むさし証券約10%
安藤証券100%
カブドットコム証券100%
立花証券約10%
岡三オンライン証券100%(優先ルールあり)
丸三証券約70%

※ ☆=主幹事証券

ずらずら下に長くなってしまいましたが、今のところ21社もあります(^^;;

その中でも意外と目を引くのが15%以上抽選にまわす証券会社が多いということです

100%抽選配分する証券会社は現時点でも5社ありますし、それ以外でも高い数値がポツポツと見受けられます♪

配分枚数がまだ判明していないので断定はできませんが今回は100%抽選配分する証券会社は間違いなく狙い目になりそうですよね(^ ^)

マネックス証券カブドットコム証券なんかは当選者続出しそうですww

特に岡三オンライン証券はステージ制を導入して少々抽選組には厳しいルールにはなりましたが前受金不要になり誰でも申し込めるようになったので当選のチャンスは高そうです

岡三オンライン証券がIPOルールを変更へ!! ステージ制を導入で少し厳しくなりました…
みなさんのところにもすでに岡三オンライン証券からメールが来ていると思いますのでご存知の方が多いと思いますがなんとIPO抽選で… ...

また個人的には松井証券安藤証券丸三証券(今回は特別な抽選割合)なんかも狙い目ではないかな〜と密かに感じています

この辺は今回あまりいろいろなところで取り上げられず少しインパクトが薄い印象があるので穴場になるかもしれません(^ ^)

まとめ

こうして表にまとめてみたらどこが狙い目かがよくわかり、イメージした以上に頭がすっきりできました

自分的には8割方申し込む証券会社も固まってきているので後は最終的な調整といった感じになると思います(^ ^)

ただ、「楽天証券」や「GMOクリック証券」さらには+αで取り扱いが決まると予定が少し狂ってしまうのでこの辺がなんともいえません(^^;;

申込期間の初日には取り扱い証券会社が最終決定すると思いますのでそうなったら、またもう一度最終まとめを作成したいと思っています

一応、申込期間まではまだ時間がありますので上記の証券会社の中でをもっていない口座がありましたら準備だけはしておいた方がよさそうですね♪

参考になりましたらクリックしてくださると幸いです→にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

10月、11月のIPOの申込期間まで後わずかです!!

申込しようと思っていたら”証券口座を開設していなかった”という凡ミスだけはしないようにしましょう(^^;;

特にマネックス証券は日本郵政グループ、パートナーエージェント、GMOメディア、AppBank、バルビバーニとこの先のIPOでほとんど幹事入りしています♪

大手証券と違い、”100%抽選配分”のため資金量に関係なく当選を目指せますので、まだ口座をお持ちでない方はしっかりと準備して数十年に一度の歴史的IPO、日本郵政グループに挑戦しましょう(^ ^)

マネックス証券のIPOルールや魅力を確認

IPO マネックス証券 2

G.W後のIPOに参加する準備はできていますか??

 

ついにG.W後のIPOが続々と新規承認されてきましたが、申し込みするための準備はできていますか??

 

個人的にオススメしたい証券会社は東海東京証券です

 

 

毎年コンスタントに幹事入りしていますし、2016年は初値高騰した"バリューゴルフ"、"グレイステクロのジー"など多くのIPOで主幹事をつとめました(^ ^)

 

2017年もすでに安江工務店で主幹事をつとめていて、6月30日に上場するSYSホールディングスでも主幹事をつとめます

 

ちなみに自分は東海東京証券でA級IPOの"海帆"、大注目された"日本郵政"、"ゆうちょ銀行"、"グレイステクノロジー"などが過去に当選していて、すでに55万円以上の利益が出ているんです

 

グレイステクノロジー 東海東京証券 当選

 

グレイステクノロジーに関しては一撃40万オーバーの利益!(◎_◎;)

 

この時は本当に嬉しかったです

 

今から口座開設すればSYSホールディングスの申し込みに十分間に合いますので、是非早めに準備してくださいね♪

 

IPOは口座数の多さが当選確率アップに直結しますので、なかなか当選できない方は"口座開設が最大の特効薬"になると思いますよ(^ ^)

 

東海東京証券の公式サイトはこちら

 

詳しいIPOルールや知りたいという方は下記の記事に自分の当選履歴を含めてを全て書きましたので、一読してくださると幸いですm(_ _)m

主幹事実績急増中!! 東海東京証券のIPOルールを徹底紹介!!
2015年にネットからIPOの申し込みができるようになって注目を浴びているのが… 東海東京証券です ...

 

スポンサーリンク