口座開設+5万円以上入金で…

現金5,000円+株主優待本

IPOチャレンジポイントの価値は低下気味!? 2015年と2016年の結果を比較してみました

2016年はSBI証券が主幹事ラッシュだったこともあり、IPOチャレンジポイントを突っ込んで当選を勝ち取った人も多いのではないでしょうか??

ガッツポーズ 3

自分は2015年に上場したモバイルファクトリーでIPOチャレンジポイントの大半を突っ込んでしまったために、残念ながら2016年は参加することができませんでした

モバイルファクトリー (3912) のIPO抽選結果!! IPOチャレンジポイントを使って当選できたのか!?
3月IPOで抽選組が一番期待していたといっても過言ではないモバイルファクトリー(3912) 抽選配分が多いSBI証券主...

ただ、ポイントを使ったにも関わらず意外にも思ったほどの利益を上げられなくて「う〜ん、まぁ悪くはないけど…」とモヤモヤした人もいたと思います

自分的にも「あれ!? ちょっとポイントパフォーマンスが下がっているのでは??」と感じることが多かったです

なので、今回は2016年と2015年のSBI証券主幹事IPOにおけるIPOチャレンジポイントのボーダーラインを比較して、1Pの価値が本当に下がっているのかを少々検証してみたいと思います(^ ^)

ちなみに今回紹介するボーダーラインはあくまで自分がネット上、SNSで見かけた情報を整理したものになりますので、本当のボーダーラインとは違っている可能性もありますのでその点はご了承くださいm(_ _)m

スポンサーリンク

2015年と2016年を比較

では早速比較していきましょう

2015年と2016年のボーダーラインはこのような結果でした

【2015年】

銘柄上場日推測ボーダーライン当選枚数1Pの価値
モバイルファクトリー3/26120P300株約3,500円
レントラックス4/24130P300株約2,150円
あんしん保証11/19170P200株約5,000円
インベスターズクラウド12/03140P300株約3,700円
ダブルスタンダード12/15210P300株約4,000円
ソーシャルワイヤー12/24170P300株約1,600円
2015年はモバイルファクトリーからの集計になります。

【2016年】

銘柄上場日推測ボーダーライン当選枚数1Pの価値
3/11100P300株約-450円
3/31160P300株約1,481円
3/31105P300株約2,485円
4/15200P200株約1,535円
6/21245P100株約1,767円
7/21150P200株約1,880円
9/27215P200株約1,713円
11/22205P200株約2,624円
11/29245P100株約1,926円
12/14115P(?)200株約156円
12/1690P(?)300株約-500円
12/20200P200株約1,700円
シンシアとキャリアインデックスは情報が少なかったので、参考程度。

もう、パッと見でも2015年に比べると2016年のポイントパフォーマンスが落ちているのがよくわかるかと思います

詳しくみていくと、2015年で最もパフォーマンスがよかったのはあんしん保証で、なんとその価値は…

5,000円!!

驚く 金

これはSBI証券に申し込みする度に最高で5,000円ゲットしていた人がいたということになります

申し込みは数分で可能なので、その数分の作業が5,000円ですから、時給換算すると物凄いですね(^^;;

一方2016年で最もパフォーマンスがよかったのは、フィルカンパニーで2,624円!!

あんしん保証とは2,376円もの差があります

2倍には届きませんが、そのくらい違ってきています

全体的にみても1,000円〜2,500円くらいのレンジの中でほぼ納まっていますから、ちょっと物足りない数字といっていいでしょう

エルテスやAWSホールディングスではポイントが非常に多く必要でしたし、なんか必要ポイント数が底上げされている印象を受けますよね

2016年は公募割れ銘柄もあったので、2015年の方が粒ぞろいだったいうこともあるかもしれませんが、それを差し引いてもポイントパフォーマンスは低下しているように感じました。

まとめ

これは推測でしかないのですが、ポイントパフォーマンスが悪くなっている原因としては、やはりIPO投資をやる人が増えてIPOチャレンジポイントを多く持っている人が増えたからだと思います

また、一時開催されたPOの申し込みでIPOチャレンジポイントが貰えるというキャンペーンも影響があったかもしれません

この時は結構ばら撒いていた印象ですからね(^^;;

ポイントが増えればその分価値は減っていきますからこの流れは自然だったと思います。

そして2017年はどうなるかというと、日本郵政からIPO投資を始めた方もぼちぼちIPOチャレンジポイントが貯まってくる年度になるでしょうから、引き続きポイントパフォーマンスは芳しく無い状況が続いていきそうです。

いいIPOが出てきたら早めにポイントを使うなど、ある程度ポイントパフォーマンスを低下させないための対策を自分なりに考えていく必要があるかもしれませんね

自分が200P貯まる頃に、”300P使わないと当選できない状況”になっていなければいいのですが…

IPO投資と合わせてこんな投資もいかが??【PR】

 

IPO投資は非常にローリスクで、人気のIPOに見事当選できれば大きな利益を得ることができます

 

しかしながら安定した当選は難しく、当選できなければ利益は0円のままです(^^;;

 

実際、6月〜7月のIPOで一個も当選できなかったという人も多かったと思います。

 

非常に不安定な投資方法なんですよね

 

そこで自分はIPO投資だけでなく、最近はソーシャルレンディングにも力を入れ始めました

 

 

ソーシャルレンディングは"ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス"のことで最近は日本でも人気が高まっているんです

 

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%で運用することもできるんですよ(^ ^)

 

今は銀行金利が0.1%の時代ですからそう考えると100倍も違いますよね♪

 

現在は様々なソーシャルレンディングサービスがでてきていますが、その中でも特に注目を浴びているのが…

 

オーナーズブックです

 

 

オーナーズブックでは1万円から不動産投資ができ、その利回りはなんと4.5%〜14.5%!!

 

自分は過去に利回り5.0%のファンドに投資をしていましたが、早期償還が行われ、最終的には…

 

9%の利回りになったこともあります!!

 

しかもオーナーズブックには価格.comを運営しているカカクコムが出資をしているので、信頼面でも全く問題ありません(^ ^)

 

カカクコムが信用できない会社に出資することはありませんからね♪

 

「IPOがなかなか当選できないな〜」と悩んでいる方はこのソーシャルレンディングもうまく取り入れてみてはどうでしょうか??

 

ちなみにオーナーズブックは最近テレビなどでも頻繁に紹介されるようになってきて、口座開設者が殺到しています。

 

興味がある方は早目に口座開設することをオススメしますよ。

 

オーナーズブックの公式サイトはこちら

 

もっと詳しく知りたいという方は下記の記事に自分の経験を全て書きましたので、一読してくださると幸いですm(_ _)m

 

オーナーズブックの評判は?? 実際に投資してみてわかった特徴やメリットのまとめ
現在、自分は"クラウドバンク"、"LCレンディング"、"スマートエクイティ"の3社でソーシャルレンディングをしています ...

 

 

スポンサーリンク