当ブログ一押しキャンペーン!!

【限定タイアップ】

ファンディーノへの投資家登録で…

1,000円分のAmazonギフト券が貰えます!!

IPO投資

リクルート、すかいらーくの10月IPO抽選配分枚数の結果その1

 

10月IPOの個人への抽選配分枚数が公表されましたので今回も銘柄毎に紹介したいと思います(^ ^)

 

9月同様に10月もリクルート、すかいらーくなどの注目度が高かったIPOが多くありましたので”どの銘柄でどのくらいの枚数が抽選にまわったか”というのをを見ておくと今後に役立つかもしれません

 

10月もIPOが多かったので2回に分けてご紹介していきますね♪

 

 

IPOヤマシンフィルタの抽選配分枚数結果

IPOヤマシンフィルタ 画像
  証券会社 割当枚数 抽選配分枚数 当選人数 抽選割合
主幹事 野村証券
3546枚
338枚
338人
9.5%
SMBC日興証券
208枚
23枚
23人
11.0%
三菱UFJモルガンスタンレー証券
206枚
23枚
23
11.1%
いちよし証券
90枚
14枚
14人
15.5%
大和証券
87枚
14枚
14人
16.0%
SBI証券
44枚
11枚
11人
25.0%
SMBCフレンド証券
43枚
5枚
5人
11.6%
岡三証券
45枚
5枚
11人
11.1%

 

ヤマシンフィルタは人気がなかったにも関わらず初値が想像以上に高くなった銘柄ですね(^ ^)

 

全力でとりにいった方も少なかったような記憶があります

 

表を見ると比較的、どの証券会社でもいつも通り割当枚数の10%~15%ほどを抽選にまわしているのがわかると思います

 

ただしいつも45%ほどを抽選にまわしているSBI証券が25%しか抽選にまわしていないのは少し意外です

 

みんなとりあえずチャレンジポイントをもらうためにBBするとおもうのでBBはそれなりにつみあがったと思うのですが何故でしょう(^^;;

 

こういうことがあるとこの先も抽選割合が低くなっていかないか少し心配してしまいますね

 

 

IPOすかいらーくの抽選配分枚数結果

すかいらーく
  証券会社 割当枚数 抽選配分枚数 当選人数 抽選割合
主幹事 野村証券
148,569枚
4,866枚
4866人
3.2%
三菱UFJモルガンスタンレー証券
80,957枚
1,460枚
1,460人
1.8%
メリルリンチ日本証券
-枚
-枚
-%
みずほ証券
65,781枚
1,087枚
1,087人
1.6%
SMBC日興証券
7232枚
755枚
755人
10.4%
大和証券
5,432枚
841枚
841人
15.4%
SBI証券
950枚
233枚
220人
24.5%
マネックス証券
987枚
987枚
987人
100%
東海東京証券
889枚
188枚
188人
21.1%
委託幹事 auカブコム証券
1335枚
1335枚
1335人
100%

 

IPOすかいらーくも注目度は高い銘柄でしたが再上場案件ということもあり人気化はしなかった銘柄ですね

 

そのせいかわかりませんがどこのあまりBBが積みあがらなかったようで抽選割合が低いところが多いです(^^;;

 

抽選割合が1%台のところもありますねww

 

また、個人的に一番驚いたのが委託幹事だったauカブコム証券の配分枚数です

 

なんと抽選枚数がみずほ証券よりも多く、全体で3位にランクインしています

 

IPOは100%抽選配分ということもありかなり当選しやすかったのではないでしょうか

 

残念ながらすかいらーくは初値が公募同値だったのでおいしい銘柄ではありませんでしたが委託幹事でもこういうことが起こるので侮れませんね

 

ちなみにメリルリンチは記載がありませんでした(T . T)

 

 

 

IPOリクルートの抽選配分枚数結果

リクルート画像
  証券会社 割当枚数 抽選配分枚数 当選人数 抽選割合
主幹事 野村証券
115,983枚
6,894枚
6894人
5.9%
みずほ証券
76,713枚
2,016人枚
2,016人
2.6%
SMBC日興証券
74,407枚
4,629枚
4629人
6,2%
三菱UFJモルガン
スタンレー証券
50,631枚
2,440枚
2,440人
4,8%
大和証券
6,780枚
1,079枚
1,079人
15.9%
マネックス証券
378枚
378枚
378人
100%
いちよし証券
37枚
6枚
6人
5.9%
岩井コスモ証券
38枚
4枚
4人
5.9%
エース証券
38枚
4枚
4人
10.5%
SMBCフレンド証券
36枚
4枚
4人
11.1%
SBI証券
37枚
18枚
18人
5.9%
岡三証券
38枚
4枚
4人
10.5%
極東証券
38枚
0枚
0人
0%
東海東京証券
32枚
4枚
4人
12.5%
丸三証券
38枚
0枚
0人
0%
水戸証券
38枚
0枚
0人
0%
委託幹事 auカブコム証券
319枚
319枚
319人
100%

 

続いてリクルートです

 

この銘柄もすかいらーく同様に嘘かホントかは確かめようがありませんが「予想以上にブックビルディングがつみ上がらなかった」結果抽選割合がかなり低くなったようです(^^;;

 

それでも主幹事団の配分枚数が多かったために抽選割合が低くても全力で申し込んだ人はどれかに引っかかったのではないでしょうか

 

実際、自分もみずほ証券、三菱UFJモルガンスタンレー証券、マネックス証券3社で当選できましたからね(^ ^)

 

さらに、これまた驚きなのが委託幹事だったauカブコム証券の配分枚数です!!

 

下位幹事の比ではありませんww

 

やはり、三菱UFJモルガンスタンレー証券が幹事入りしたときはauカブコム証券にもそれなりの枚数が流れることがわかりますね

 

リクルートは少しではありますが利益がでた銘柄なのでauカブコム証券一番の穴場証券だったといえそうです♪

 

 

個人的感想

やはり大型案件のときは各社、抽選にまわす枚数を少なくすることが多いです

 

ジャパンディスプレイの時もそうでしたからね!

 

またもう一つは三菱UFJモルガンスタンレー証券が主幹事に入った時にauカブコム証券の配分枚数がかなり多くなっているのも面白い結果でした

 

三菱UFJモルガンスタンレー証券が主幹事の時に配分枚数が多くなるのは知っていましたが幹事証券よりも多くなる時があるというのは驚きです

 

auカブコム証券は後期型で2回の申し込みが必要など少し面倒くさいところはありますが諦めず申し込む価値は十分にありそうですね(^ ^)

 

委託幹事の大事さを再認識できました♪

 

それでは10月残りのIPOの抽選配分結果はまた後日ご紹介させていただこうと思います!

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック