IPO投資

9月IPOの個人への配分結果その2!!委託幹事だった松井証券の配分枚数は??

 

読者の方はすでに年末年始のお休みに入っていますでしょうか??

 

自分は月曜日も仕事なので本日はまだ普段の日曜日といった感じです(^^;;

 

本日は昨日の続きで9月IPO残りの4社、”ジェネレーションパス”、”リボミック”、”ホットランド”、”FFRI”の個人への配分状況をご紹介しようと思います♪

 

下記の証券会社の中にはネットから申し込みできない証券会社も入っていますがご了承くださいませ。

 

それではまずは「ジェネパ」ことジェネレーションパスから見ていきましょう(^ ^)

 

 

ジェネレーションパス個人への配分状況

スクリーンショット 2014-08-18 20.05.06
 証券会社割当枚数抽選配分枚数当選人数抽選割合
主幹事野村証券
3021枚
275枚
275人
9.1%
みずほ証券
284枚
30枚
30人
10.5%
東海東京証券
62枚
7枚
7人
11.2%
SBI証券
70枚
31枚
31人
44.2%
藍澤証券
75枚
15枚
15人
20.0%
岩井コスモ証券
37枚
4枚
4人
10.8%
委託幹事松井証券
5枚
5枚
5人
100%

主幹事の野村証券でも当選枚数が300枚未満しかないためかなりのプラチナチケットだったことがわかります。

 

注目すべきは委託幹事に入った松井証券ではないでしょうか??

 

配分枚数は5枚だけですがIPOは100%抽選配分に回しているため正規幹事の岩井コスモ証券よりも配分枚数が多かったことがわかります♪

 

やはり委託幹事が以外に狙い目になることもあるので軽視はできませんね(^ ^)

 

 

 

リボミックの個人への配分状況

リボミック
 証券会社割当枚数抽選配分枚数当選人数抽選割合
主幹事大和証券
14893枚
2381枚
2381人
15.9%
みずほ証券
755枚
80枚
80人
10.5%
SMBC日興証券
744枚
78枚
78人
10.4%
いちよし証券
570枚
86枚
86人
15.0%
エース証券
397枚
35枚
35人
8.8%
SBI証券
196枚
83枚
83人
42.3%
マネックス証券
197枚
197枚
197人
100%

自分も当選して約5万ほどの損失を被った憎っくきリボミックですww

 

主幹事の大和証券では2381枚と当選枚数が多かったので当選報告が多かったのは納得しました(^ ^)

 

また、自分が当選した”いちよし証券”を見るとIPOの抽選配分比率が15%と比較的高いです

 

平幹事の中ではマネックス証券の次に当選しやすかった証券会社といえますね

 

ちなみにいちよし証券は東海東京証券と同じくネットからではなくIPOが電話BBとなりますので少々面倒なところがあります

 

しかし、その面倒から中には「BBしない方」、「BBを忘れる方」なども多くいるので以外に当選確率は他の証券会社よりも高いと個人的には思います

 

野村証券と同じく、前受金は今の所必要ないので資金が少ない方でもIPOに参加できるので結構おすすめの証券会社です♪

 

 

ホットランド個人への配分状況

IPO ホットランド
 
証券会社
割当枚数
抽選配分枚数
当選人数
抽選割合
主幹事大和証券
12286枚
1949枚
1949人
15.8%
SMBC日興証券
742枚
77枚
77人
10.3%
みずほ証券
619枚
64枚
64人
10.3%
野村證券
461枚
42枚
42人
9.1%
SBI証券
150枚
70枚
70人
46.6%

たこ焼き屋さんもリボミック同様にマザーズの大型案件でしたし主幹事が大和証券だったので当選者は多くでていますね!!

 

ホットランドは平幹事でもそれなりの枚数が抽選に回っていたので主幹事以外で当選した方も多くいらっしゃるかもしれません

 

ただし初値は残念ながら公募割れだったのでいい思い出がない人もいそうです(^^;;

 

 

FFRIの個人への配分状況

FFRIの画像
 
証券会社
割当枚数
抽選配分枚数
当選人数
抽選割合
主幹事野村証券
2472枚
228枚
228人
9.2%
SMBC日興証券
54枚
6枚
6人
11.1%
みずほ証券
58枚
6枚
6人
10.3%
岡三証券
60枚
6枚
6人
10.0%
岩井コスモ証券
60枚
6枚
6人
10.0%
いちよし証券
58枚
10枚
10人
17.2%
丸三証券
60枚
6枚
6人
10.0%
SBI証券
56枚
27枚
27人
48.2%

9月では一番人気だったFFRIです!!

 

ジェネレーションパスよりもさらに当選枚数が少ないですね(^^;;

 

平幹事では”いちよし証券”、”丸三証券”辺りが大手証券とほぼ同じ当選枚数だったので狙い目だったといえると思います

 

こういうプラチナチケットでは大手証券よりも口座数がすくない証券会社を狙っていくのも一つの作戦といえそうです

 

確実にみずほ証券、SMBC日興証券よりは丸三証券の口座数の方が少ないでしょうからね(^ ^)

 

 

9月IPOの個人への配分状況はこんな感じになりました

 

当選した人は自分がどのくらいの枚数の中の1枚が当選したのかもわかりますのでなかなか面白いですよね♪

 

抽選結果に限らずこういう情報をしっかり確認してみるのは今後のIPO投資にも十分役立つと思います

 

今回、意外に好評だったのでこれからも毎月定期的にご紹介していこうと思いますのでよろしくお願い致します(^ ^)

IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【評判と口コミ】SBIソーシャルレンディングに投資してわかった5つのメリット・3つのデメリットSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。