2014年IPO

12月IPOの証券会社別抽選配分枚数結果【その1】 GMOクリック証券がGMO TECHをどれくらい配分したかを想像で計算してみました

 

今回も少々遅くなってしまいましたが昨年12月IPOで各証券会社がどのくらい抽選にまわしたのか判明しましたのでご紹介したいと思います

 

12月はIPOラッシュだったこともありかなりの数がありますので何回かに分けてご紹介させていただく予定です(^^;;

 

ヘタレですいません_| ̄|○

 

まずは12月序盤に上場したIPOクラウドワークスまでの結果をご紹介しますね♪

 

ちょっと今回の記事は長文ですww

 

弁護士ドットコムの抽選配分枚数の結果

弁護士ドットコム ロゴ
  証券会社 割当枚数 抽選配分枚数結果 当選人数 抽選割合
主幹事 野村証券
8637枚
805枚
805人
9,3%
SBI証券
693枚
320枚
320人
46,1%
SMBC日興証券
96枚
10枚
10人
10,4%
いちよし証券
95枚
15枚
15人
15,7%
みずほ証券
94枚
11枚
11人
11,7%

 

野村證券主幹事のIPOでしたが相変わらず抽選には9%台しかまわしていないので他社に比べると物足りない印象です(^^;;

 

しかし、SBI証券では320人も当選者がいたそうなのでもしかしたら読者様の中に運よく当選できたという人もいるかもしれませんね!

 

やはりSBI証券抽選割合が他の証券会社に比べると格段に高いので抽選組みにとってはとてもありがたい証券会社といえるでしょう

 

SBI証券様、様です♪

 

 

スノーピークの抽選配分枚数の結果

スノーピーク ロゴ
  証券会社 割当枚数 抽選配分枚数結果 当選人数 抽選割合
主幹事 SMBC日興証券
2049枚
220枚
220人
10,7%
野村証券
226枚
21枚
21人
9,2%
大和証券
216枚
35枚
35人
16,2%
三菱UFJMS証券
80枚
9枚
9人
11,2%
SBI証券
87枚
42枚
42人
48,2%
いちよし証券
28枚
0枚
0人
0%
新潟証券
30枚
0枚
0人
0%
岡三にいがた証券
29枚
29枚
29人
100%
委託幹事 カブドットコム証券
1枚
1枚
1人
100%

 

知り合いにスノーピークの商品を持っている人がいるので個人的には身近に感じたIPOでした(^ ^)

 

SMBC日興証券が主幹事でしたがそれでも当選枚数は220枚しかなかったのでかなり当選が困難だったIPOということがわかります

 

またいちよし証券が1枚も抽選にまわしていないのが気になると思いますが、これはいちよし証券のIPOルールに記載されている「配分枚数が35単元未満の場合は抽選にまわさない」というものが適用されているためです(^^;;

 

ちなみに現在は50単元未満の場合は抽選にまわさないというさらに厳しいルールに変更されていますから注意してください。

 

 

ビーロットの抽選配分枚数の結果

ビーロット ロゴ
  証券会社 割当枚数 抽選配分枚数結果 当選人数 抽選割合
主幹事 SBI証券
712枚
344枚
344人
48,3%
SMBC日興証券
44枚
5枚
5人
10,6%
みずほ証券
46枚
5枚
5人
10,8%
エイチエス証券
10枚
2枚
2人
20,0%
岡三証券
10枚
1枚
1人
10,0%
極東証券
10枚
0枚
0人
0%
東海東京証券
9枚
9枚
9人
100%
東洋証券
9枚
1枚
1人
11,1%

こちらはSBI証券が主幹事の案件でした(^ ^)

 

さすがに配分枚数が少なかったせいか複数配分された方はいませんでしたがそれでも344人の方が約80万ほどの利益をゲットできたことになりますので羨ましい限りですねww

 

また、個人的に驚いたのは東海東京証券が100%抽選に回していたという点です

 

下位幹事にも関わらずビーロットでは2番目に多く当選しやすかった証券会社といえるでしょう

 

こういうこともあるのでやはり下位幹事だからといっても油断はできませんね♪

 

 

 

クラウドワークスの抽選配分枚数の結果

クラウドワークス ロゴ
  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 当選人数 抽選割合
主幹事 大和証券
7956枚
1,261枚
1,261人
15.8%
みずほ証券
495枚
52枚
52人
10.5%
SMBC日興証券
199枚
21枚
21人
10.5%
SMBCフレンド証券
198枚
21枚
21人
10.6%
SBI証券
199枚
91枚
91人
45.7%
岡三証券
102枚
11枚
11人
10.7%
いちよし証券
98枚
15枚
15人
15.3%

こちらは当選枚数が多くあったので当選報告もかなりあったIPOですね♪

 

主幹事の大和証券での当選者は1261人と4桁を超えていました!!

 

しかも当選者は5万円以上の利益がだせた銘柄でしたので言うことはなかったでしょう(^ ^)

 

平幹事でもそれなりの枚数が配分されていますのでこちらで当選した方もいたかもしれません

 

それにしても大和証券が主幹事だと「やっぱり当選に期待が持てるな〜」って思いますよね

 

 

GMO TECHの抽選配分枚数の結果

GMO tech ロゴ
  証券会社 割当枚数 抽選配分枚数結果 当選人数 抽選割合
主幹事 大和証券
1725枚
272枚
272人
15,7%
野村証券
123枚
11枚
11人
8,9%
SMBC日興証券
122枚
13枚
13人
10,6%
三菱UFJMS証券
41枚
5枚
5人
12,1%
みずほ証券
22枚
3枚
3人
13,6%
いちよし証券
23枚
0枚
0人
0%
岩井コスモ証券
25枚
3枚
3人
12,0%
委託幹事 GMOクリック証券
234枚
234枚
234人
100,0%

 

GMO TECHで一番気になるところといえばGMOクリック証券でどのくらい配分があったのかというところでしょうが残念ながら今回もGMOリサーチ同様にわかりませんでした(^^;;

 

しかし、大和証券の配分枚数の結果からおよそなら推測できると思いましたのでちょっと計算してみました

 

上記の表はあくまで個人にまわした配分枚数ですが大和証券が実際に持っていた枚数は2342枚です。

 

ということは…

 

2342枚 – 1725枚 = 617枚でこの617枚が機関投資家などに回った枚数となります。

 

これは配分枚数の26,4%に辺り、通常よりもかなり大きな数字なんです!

 

12月の大和証券主幹事案件を計算したところだいたい約20%前後を機関投資家などに回していますからざっくり計算すると

 

26,4% – 20% = 6,4%

 

この6,4%分がどこかに回ったことになります。

 

普通に考えたらやはりこの分はGMOクリック証券に回ったと考えるのが妥当でしょう(^^;;

 

すると 2342枚 × 6,4% = 150枚

 

ということでGMOクリック証券には…

 

150枚ほどまわった可能性があると思います。

 

もちろん、これは公表されたデータを使いましたがあくまで自分の妄想の中で組み立てた計算なので真相はわかりません。

 

「そういう考え方もできるな〜」くらいの軽い気持ちで受け取ってもらえると幸いですm(_ _)m

 

ただ仮にGMOクリック証券に150枚が本当にまわっていたとしたら100%抽選配分なので口座数などを考えると主幹事並みの当選確率だったかもしれませんね!(◎_◎;)

 

【追記】2015/4/26

GMOクリック証券
から配分枚数の報告がアップされていました。

 

上記表に更新していますが234枚も配分枚数がありましたのでかなりの穴場証券だったことがわかります。


今回は12月序盤、5銘柄の配分枚数結果をご紹介しましたがやはり一番の気になるのは GMOクリック証券がGMO TECHの配分をどれぐらいしたかという点でしょう

 

今回自分が出した枚数が真実に近ければ次にGMOグループが上場する場合はGMO TECH同様に主幹事並みに期待できるかもしれません♪

 

今のところ管理人はGMOクリック証券で当選できていないので次は是非とも当選を勝ち取りたいと思います(^ ^)

参考になりましたらクリックしてくださると幸いですにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

 

ちなみにGMOクリック証券が委託幹事入りする場合のアナウンスは仮条件決定後です

 

取り扱いが決まってから口座開設しても間に合いませんので注意してくださいね(^^;;

 

IPO投資を本気で取り組もうと思っている方はGMOグループが新規承認した時に焦らないように前もって準備しておくといいですよ♪

 

今なら(5/28日まで)下記リンクからの口座開設で最大3ヶ月現物取引手数料が無料になりますのでこの機会をお見逃しなく(^ ^)

 

口座開設はこちら→GMOクリック証券

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
IPOがない時期にこんな投資はいかが??【PR】

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングの公式サイト

 

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

あわせて読みたい
SBIソーシャルレンディングの評判が良いので実際に投資してみましたソーシャルレンディング事業社の中でも古参の一つであるSBIソーシャルレンディング。 ネット証券のSBI証券と同じ、SBIグ...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。