2015年IPO

ゆうちょ銀行(7182)のIPO新規承認!! 全てが規格外の超大型IPO!!

 

ついにIPO日本郵政(6178)、ゆうちょ銀行(7182)、かんぽ生命保険(7181)の3社が新規承認されました

 

xデーは9月10日と言われていましたのでまさに予定通りとなりましたね♪

 

まず、初めに3社の中の1社である “ゆうちょ銀行” からご紹介していきたいと思います(^ ^)

 

先に言っておきますが、全てが今までのIPOとは規格外ですww

 

ゆうちょ銀行(7182)のIPO詳細

 

ゆうちょ銀行 ロゴ
銘柄 株式会社ゆうちょ銀行
事業内容 銀行業
市場 東証1部 or 2部
上場日 11/4
コード 7182
公募 0株
売り出し
OA
412,442,300株
0株
吸収金額 5,774億(想定価格ベース)
時価総額 約6兆3,000億(想定価格ベース)
株主優待 なし
BB期間 10/8~10/16
価格決定日 10/19
想定価格 1,400円
主幹事 野村證券
三菱UFJモルガンスタンレー証券
ゴールドマンサックス証券
JPモルガン証券
大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
岡三証券
東海東京証券
幹事証券 いちよし証券
SMBCフレンド証券
藍澤証券
岩井コスモ証券
東洋証券
丸三証券
水戸証券
マネックス証券
SBI証券
松井証券
エイチ・エス証券
エース証券
極東証券
髙木証券
立花証券
ちばぎん証券
内藤証券
日本アジア証券
むさし証券
光世証券
リテラ・クレア証券
クレディ・スイス証券
ドイツ証券
バークレイズ証券
メリルリンチ日本証券
UBS証券
シティグループ証券
あかつき証券
安藤証券
今村証券
ウツミ屋証券
岡三にいがた証券
岡地証券
木村証券
共和証券
上光証券
長野證券
中原証券
新潟証券
西日本TT証券
西村証券
日産センチュリー証券
ニュース証券
八十二証券
ばんせい証券
フィリップ証券
ふくおか証券
三木証券
三田証券
山和証券
豊証券
リーディング証券
委託幹事 カブドットコム証券
GMOクリック証券(?)
岡三オンライン証券(?)
楽天証券(?)

 

幹事団が多く、スクロールが大変ですいませんm(_ _)m

 

とりあえずスペックから紹介していきます!!

 

今のところ市場は “未定 “で吸収金額は脅威の5,774億円!!

 

超大型IPOとなりますね(^^;;

 

市場は未定ですが99,9%の確率で東証1部になると思います

 

これが東証2部になったら大笑いですよねww

 

そして、業種は説明がいらないと思いますが「銀行業」です

 

きっと日本人のほとんどがゆうちょ銀行の口座を持っているんではないでしょうか??

 

当然自分も持っています(^ ^)

 

今のところ1,000万円までしか預け入れることができないためそこがネックとなっていますが限度額の引き上げも検討されていますので、そうなれば業績は明るくなりそうですよね

 

ただ、意外と業績は緩やかに伸びており現時点でも悪くはありません

 

もちろん大企業なので成長性という面では物足りない面もありますがマイナス要因にはならないように感じます

 

スペックを見るに公募価格付近の初値になる可能性は大で、旨味はないかもしれませんが今の所は参加する方向です

 

ちょっと怖さもありますけどね(^^;;

 

 

ゆうちょ銀行(7182)の幹事団

 

上記の表で一番規格外なのは幹事の多さでしょう!!

 

予定通り、主幹事は全部で11社で平幹事も合わせれば60社以上となります(^^;;

 

もちろん今までこんな幹事構成は見たことがないので、これをみただけで普段のIPOとの違いがわかってしまいますよね

 

ただ、半分以上はネットから申し込むことができない証券会社なので抽選組はいつも通り野村証券などの主幹事を筆頭に、ネット証券ではSBI証券マネックス証券などを中心に申し込む形になると思います

 

その他にもむさし証券安藤証券、エイチエス証券などからも申し込みができ、後期型は松井証券岩井コスモ証券なども幹事入り!

 

さらにカブドットコム証券ではすでに取り扱いが確定していて、その他委託販売する証券会社も多くなることが予想されます(^ ^)

 

 

これは正に証券会社の総力戦といった感じしょう♪

 

全力でいけば確実に1枚はゲットできると思いますが、予定以上にゲットできてしまう恐れもあるのでこの辺はしっかりと考えて申し込みをしたいですね(^^;;

 

 

ゆうちょ銀行(7182)の新規承認まとめ

 

知名度、話題性はここ数年では確実にNo.1です

 

テレビやネットなど様々ねメディアで取り上げれていますので今までのIPOとは注目度は桁違いになると思います(^ ^)

 

公募割れは許されない形になっているとは思いますが、はっきりいって”安心は全くできない銘柄“なのは間違いありません

 

自分はとりあえず参加しますがきっと当選しても上場日までドキドキになりそうです(^^;;

 

申し込み期間まではまだ1ヶ月ほどありますので、何枚ゲットするか今のうちからしっかりと考えて臨みたいと思います♪

 

その他ゆうちょ銀行の最新情報はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

 

また、ゆうちょ銀行を機にIPO投資を始めようとしている方はとりあえずSBI証券マネックス証券に口座開設することをオススメします

 

とくにマネックス証券は大手証券と違い、100%抽選配分のため資金量に関係なく当選を目指せるんです(^ ^)

 

管理人はマネックス証券で今年メニコンが当選して10万円以上の利益がでましたの自信を持ってオススメできますよ♪

 

あわせて読みたい
脅威の100%抽選配分!! IPO投資に必須のマネックス証券におけるIPO抽選ルールや幹事実績などを徹底紹介!! IPO投資で欠かせない証券会社の一つがマネックス証券です。 必須口座といっても過言ではないでしょう(^ ^) 本日は...

 

口座開設はこちら→マネックス証券

IPO マネックス証券 2
ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
IPOがない時期にこんな投資はいかが??【PR】

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングの公式サイト

 

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

あわせて読みたい
SBIソーシャルレンディングの評判が良いので実際に投資してみましたソーシャルレンディング事業社の中でも古参の一つであるSBIソーシャルレンディング。 ネット証券のSBI証券と同じ、SBIグ...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。