2015年IPO

日本郵政(6178)のIPO新規承認!! 時価総額はいきなり日本のTOP10!!

 

日本郵政グループで一番注目度が高いのはなんといっても本家本元の…

 

日本郵政(6178)でしょう

 

同日上場する”かんぽ生命保険” 、”ゆうちょ銀行” は日本郵政の子会社となりますので、やはり日本郵政が親分的存在です(^ ^)

 

それでは早速、IPO日本郵政(6178)の詳細をご紹介させていただきます♪

 

 

日本郵政(6178)のIPO詳細

日本郵政 ロゴ
銘柄 日本郵政株式会社
事業内容 郵便・国内物流事業、国際物流事業
金融窓口事業、銀行業、生命保険業
を営む子会社の経営管理及びそれに付帯関連する事業
市場 東証1部 or 2部
上場日 11/4
コード 6178
公募 0株
売り出し
OA
495,000,000株
0株
吸収金額 約6,682,5億(想定価格ベース)
時価総額 約6兆750億(想定価格ベース)
株主優待 なし
BB期間 10/8~10/23
価格決定日 10/26
想定価格 1,350円
主幹事 野村證券
三菱UFJモルガンスタンレー証券
ゴールドマンサックス証券
JPモルガン証券
大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
岡三証券
東海東京証券
幹事証券 いちよし証券
SMBCフレンド証券
藍澤証券
岩井コスモ証券
東洋証券
丸三証券
水戸証券
マネックス証券
SBI証券
松井証券
エイチ・エス証券
エース証券
極東証券
髙木証券
立花証券
ちばぎん証券
内藤証券
日本アジア証券
むさし証券
光世証券
リテラ・クレア証券
クレディ・スイス証券
ドイツ証券
バークレイズ証券
メリルリンチ日本証券
UBS証券
シティグループ証券
あかつき証券
安藤証券
今村証券
ウツミ屋証券
岡三にいがた証券
岡地証券
木村証券
共和証券
上光証券
長野證券
中原証券
新潟証券
西日本TT証券
西村証券
日産センチュリー証券
ニュース証券
八十二証券
ばんせい証券
フィリップ証券
ふくおか証券
三木証券
三田証券
山和証券
豊証券
リーディング証券
委託幹事 カブドットコム証券
GMOクリック証券(?)
岡三オンライン証券(?)
楽天証券(?)

 

吸収金額は約6,680億円、時価総額は6兆750億円です

 

ちなみに本日の時価総額ランキングではみずほ銀行を抜いて堂々10位の数字となっております

 

セブン&アイ、日産自動車を余裕で抜いているんですよね(^^;;

 

実は、子会社のゆうちょ銀行もほぼ同じ規模なので日本郵政の凄さがさらに感じられます

 

ちなみに日本郵政グループは下記のような構成になっており

 

日本郵政グループ

 

ゆうちょ銀行と日本郵便、かんぽ生命保険が子会社という風になっています(^ ^)

 

ご存知の通り、日本で暮らしていれば知らない人はいないほどの有名企業ですから注目度は間違いなく今年No. 1、むしろここ数十年でもNo. 1かもしれませんね

 

しかし、IPO投資として考えると大きな成長性は感じられず、すでに成熟しきった企業となりますので初値高騰は期待できません

 

通常で考えれば公募価格付近の初値形成となり、よくて数%の利益といったところでしょうか(^^;;

 

ただ、証券会社がそれぞれのサイトでもいつも以上に気合をいれてアピールしており、”力の入れようがハンパない”です!!

 

「これだけ力を入れて公募割れでは面目がたたない」と思いますので公募割れの可能性も低いと感じています

 

判断が難しいIPOとなりそうですがかんぽ生命保険、ゆうちょ銀行同様に強気で申し込みはするつもりでいますよ♪

 

また、ブックビルディング期間が”かんぽ生命保険”、”ゆうちょ銀行”よりも長く設定されています

 

申し込みするときに混乱しないようにしっかり覚えおきましょう(^ ^)

 

 

日本郵政(6178)の幹事団

 

幹事団はゆうちょ銀行、かんぽ生命保険と同じ構成となっていますので主幹事は11社、平幹事は60社以上!!

 

日本証券会社の総力戦という構図ができています(^ ^)

 

こちらも子会社の2社同様に全力で申し込めば複数枚ゲットできるIPOだと思いますので、当選ラッシュが期待できるはずです

 

もちろんそれなりの資金が必要になりますが “野村證券”、”いちよし証券”では前受金不要ですし、取り扱いが期待される岡三オンライン証券でもこの度前受金が不要になりました

 

岡三オンライン証券 投資本キャンペーン

 

この3社を使えば申し込み資金を節約できますので有効に活用するようにしてくださいね♪

 

 

日本郵政(6178)のまとめ

 

昔のNTT株とよく比較されているようですが現在とは全く環境が違いますからそこまでの初値高騰は見込めないと思います

 

先ほども言った通り、良くて数%ほどの利益ではないでしょうか??

 

しかし、長期的に持つ方にとってはディフェンシブ株として魅力的な銘柄かもしれません

 

NISA口座で購入するのもありでしょう(^ ^)

 

また、最近はやたらCMなども流し、購買欲を掻き立てていますのでこれで公募割れしたとあっては…

 

くら投資といえどニュースになるほどの大問題にもなりかねません

 

その辺も少なからず公募割れへの抑止力にはなっている感じです

 

判断が難しいIPOですが自分はしっかりと参加して経験値を増やしていきたいと思っています(^ ^)

 

その他かんぽ生命保険の最新情報はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

 

また、ネットから抽選に参加できる証券会社を下記にまとめてみました♪

 

 

上記以外でもこれからどんどん取り扱いが発表されるはずです!!

 

大体どの証券会社も1週間ほどで口座を作成できますが、安藤証券などは時間がかかります

 

開設していない証券会社がありましたら早めに準備しておきましょう

 

特に管理人は4回も当選実績があるマネックス証券が一番オススメです(^ ^)

 

大手証券と違い、100%抽選配分のため資金量に関係なく当選を目指せますよ♪

 

あわせて読みたい
脅威の100%抽選配分!! IPO投資に必須のマネックス証券におけるIPO抽選ルールや幹事実績などを徹底紹介!! IPO投資で欠かせない証券会社の一つがマネックス証券です。 必須口座といっても過言ではないでしょう(^ ^) 本日は...

 

口座開設はこちら→マネックス証券

IPO マネックス証券 2
ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
IPOがない時期にこんな投資はいかが??【PR】

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングの公式サイト

 

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

あわせて読みたい
SBIソーシャルレンディングの評判が良いので実際に投資してみましたソーシャルレンディング事業社の中でも古参の一つであるSBIソーシャルレンディング。 ネット証券のSBI証券と同じ、SBIグ...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。