2016年IPO

デュアルタップ(3469)のIPO直感的初値予想!!

 

LINEの後に上場するIPOデュアルタップの仮条件も決定しました

 

今回はいつも通り仮条件決定後の直感的初値予想をしていこうと思います(^ ^)

 

こちらは銘柄的にもそんあ悪くないですし、すでに多くの方がBBスタンスも決めているIPOではないでしょうかね

 

また、自分は全く関係ないのですがずっと「デュアルタップ”ス”」だと勘違いしていました

 

BBスケジュールの銘柄名にも何故か”ス”がずっと入っていたようです

 

すいません(^^;;

 

それでは気をとりなおして仮条件紹介後に初値予想、最終BBスタンスの順に紹介させていただきます♪

 

デュアルタップス ロゴ

IPOデュアルタップ(3469)の仮条件

 

まずデュアルタップ(3469)の仮条件の紹介させていただきます(^ ^)

 

【仮条件】

1,010円 〜 1,110円

 

想定価格は1,060円でしたので、50円上ブレしました

 

やや強気の仮条件といった感じですかね

 

素直に評判がよかったと受け取っていいと思いますし、これならば余程地合いがわるくならない限りは上限の1,110円で決定するでしょう

 

個人的にはちょうどいいレンジで決まったと思います♪

 

 

デュアルタップ(3469)のIPO直感的初値予想

 

続いて本題である、IPO デュアルタップ(3469)直感的初値予想です

 

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります

 

デュアルタップス ロゴ 1

1,300円 〜 1,900円

(公募比約1,2倍〜公募比約1,7倍)

 

デュアルタップ(3469)のIPOスペック考察

 

仮条件が上ブレしましたので吸収金額は最大5,6億円

 

想定価格ベースと比較すると約0.2億円大きくなりました

 

この規模ならばまだまだジャスダック市場でも小型サイズといえますので需給面は問題ありません

 

IPOでは需給が重要になってきますので、こちらは初値に大きく貢献してくれる要素でしょう(^ ^)

 

また、業種に関しても「不動産販売事業」ということで目新しさはないまでもマイナス要素にはならない分野ですからこちらもまずまず。

 

ただし、「これはっ!!」というインパクトあるプラス要素が見当たらないのも事実です

 

スペック的には中の上クラスといった感じでしょうか(^^;;

 

 

 

デュアルタップ(3469)のIPO業績

 

続いてIPOデュアルタップ(3469)の業績をご紹介です(^ ^)

 

【売上高】

デュアルタップ 売り上げ

 

【純利益】

デュアルタップ 純利益

 

 

売り上げ、純利益ともに右肩上がりです

 

成長性が感じられるマザーズ銘柄らしい業績なのでこれは投資家にも好印象だと思います

 

業績は初値を押し上げる要因になるかもしれませんね♪

 

 

 

デュアルタップ(3469)のIPO各社割当枚数

 

続いてデュアルタップ(3469)の各社割当枚数の紹介です

 

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人的期待度
主幹事 SBI証券
4,140枚
1,863枚
1
平幹事 SMBC日興証券
220枚
22枚
2
ひろぎんウツミ屋証券
220枚
0枚
エース証券
88枚
8枚
3
東海東京証券
44枚
4枚
4
東洋証券
44枚
4枚
4
水戸証券
44枚
0枚
委託 安藤証券(?)
-枚
-枚
岡三オンライン証券
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚

※目論見書に記載後に修正

 

当選を目指すならばなんといっても、主幹事であるSBI証券は外せません

 

全体でも4,400枚ほどしか当選枚数がありませんが、SBI証券では抽選配分率が45%ほどありますので今回は抽選組にも当選のチャンスは大いにあります

 

絶対に申し込みしましょう(^ ^)

 

そして、SBI証券主幹事ということでIPOチャレンジポイントにも注目が集まりそうです

 

人気度的にはそこまで高くないので120ポイント 〜 150ポイント付近がボーダーラインになりそうな気もしています

 

過去のボーダーラインは下記記事にまとめていますので、IPOチャレンジポイントを”ぶっこむ”つもりの方は参考にしてくださいませ

 

あわせて読みたい
【2018年版】SBI証券主幹事IPOにおけるIPOチャレンジポイントの予想ボーダーラインまとめ!! SBI証券が主幹事をつとめるIPOがでてくると、一番に気になるのがIPOチャレンジポイントを使うかどうかだと思います ...

 

また、デュアルタップに関してはSBI証券SMBC日興証券東海東京証券の3社からしかネット申し込みができないのも注意が必要です

 

主幹事のSBI証券で落選してしまうと”万事休す”となってしまいますね(^^;;

 

ただ、とりあえずは当選確率アップのために資金に余裕がある方は上記3社は必ず押さえておきたいところだと思います

 

ネガサ株でもありませんから申し込みしやすいですし♪

 

 

デュアルタップ(3469)のIPO最終BBスタンス

 

IPOデュアルタップに関してはインソースと同日上場など少々スケジュールには恵まれていない感じはありますが、どちらも吸収金額は大きくないのでそれほど気にする必要はないように思います

 

今のところはスペックも悪くありませんし、BBスタンスは全力参加の方向です(^ ^)

 

2倍以上初値高騰する可能性も少しはあると想いますが、個人的には1.5倍付近ではないかと考えています

 

とりあえずは当選すれば素直に喜べるIPOではないでしょうかね♪

 

最近は落選続きなので、このデュアルタップで当選していい流れを引き込みたいと思います!!

 

その他デュアルタップの初値予想はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

 

 

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
IPOがない時期にこんな投資はいかが??【PR】

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングの公式サイト

 

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

あわせて読みたい
SBIソーシャルレンディングの評判が良いので実際に投資してみましたソーシャルレンディング事業社の中でも古参の一つであるSBIソーシャルレンディング。 ネット証券のSBI証券と同じ、SBIグ...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。