IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
金融機関・サービス

One Tap BUY(ワンタップバイ)は本当に1,000円から購入できるのか実際に試してみました。

先日口座開設の申し込みをしたスマホ専用証券会社であるOne Tap BUY(ワンタップバイ)

One Tap BUY(ワンタップバイ)の評判や口コミは?? 口座開設してわかったメリットやデメリットをまとめてみた One Tap BUY(ワンタップバイ)って知っていますか?? 実はこれ、証券会社の名前なんです。 スマホに特化した...

その後、無事口座開設が完了しました!!

口座開設が完了したら、やはりすぐ投資してみたくなるのが投資家というものでしょう。

今回はOne Tap BUY(ワンタップバイ)がアナウンスしている通り、本当に1,000円から購入できるのか実際に試してみました。

これから実際にOne Tap BUY(ワンタップバイ)で投資をしようと思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね♪

口座開設の書類を確認

まずは投資する前に届いた書類を確認しましょう。

  • 口座番号
  • 会員ID
  • パスワード
  • 入金先口座

この4つが記載されていると思います。

ログインする時に必要になりますので、この紙は大切に保管してください。

 

One Tap BUY(ワンタップバイ)にログイン

では、早速One Tap BUY(ワンタップバイ)にログインしていきます。

口座開設している人はすでにOne Tap BUY(ワンタップバイ)のアプリがスマホにインストールされていると思いますので、そちらをクリックしてください。

会員IDとパスワードを上記の書類をみながら入力。

ログインできたら下記の画面がでるはずです。

どちらから投資を始めるか聞かれますので、投資したい方を選択してください。

自分は個別アメリカ株に投資したかったので、こちらを選びましたよ♪

この画面が出てきたら無事ログイン完了!!

 

One Tap BUY(ワンタップバイ) に入金

投資するにはOne Tap BUY(ワンタップバイ) への入金が必要になります。

届いた書類に入金先口座が記載してありますので、そちらに振り込みをすれば自分のOne Tap BUY(ワンタップバイ) の口座に反映されます。

入金でのワンポイントとしては、振込手数料は残念ながらこちらが負担しなければいけませんので、所定回数手数料無料になる下記の金融機関から振込するのがベストです。

これだけで数百円節約できますよ♪

自分は住信SBIネット銀行から、振込手数料無料で1,000円入金しました(^ ^)

振込が完了すると、残高にしっかりと反映されます。

これで投資準備完了です!!

入金してから反映される時間はリアルタイムではありませんので、だいたい半日〜1日のタイムラグが生じますので、ここは注意してくださいね。

 

One Tap BUY(ワンタップバイ)で投資

では、ついに投資です!!

One Tap BUY(ワンタップバイ)では日本株に丸ごと投資もできますが、今回はアメリカ株を購入する前提で説明してきます。

アメリカ株に投資するには、まずどの銘柄に投資するかを選ばなければいけません。

自分が知っている銘柄で、今後成長できそうな企業の見当がつけばその銘柄に投資してもいいですし、もしわからない場合はまずは会社の成り立ちを漫画で知ってから購入するというのもいい方法です。

One Tap BUY(ワンタップバイ)に口座開設すると、One Tap BUY(ワンタップバイ)で投資できる全企業の詳細が書かれた漫画を閲覧可能になります。

どれもしっかりと作り込まれているので、読み物としても普通に面白いですよ♪

一度読んでみることをオススメします(^ ^)

さて、自分はというと、今回は日頃からお世話になっているクレジットカードの国際ブラン会社であるVISAに投資することにしました!!

投資する銘柄をタップすると買い付け価格やレートが表示されるので、これを確認して、どのくらい投資するのか金額を入力しましょう。

今回は本当に1,000円で購入できるのか試すため、1,000円に設定。

設定したら一番下にある”買う”ボタンをクリックです!!

パスコードを入力し…

確認して、問題がなければ”買う”をクリック!!

この画面が現れれば無事購入!!

「あなたは経営者よりパワーを持ちました。」って言葉に若干笑ってしまいました 笑

追記

その後、購入したVISAですが株価が上昇していき、今現在は24円のプラスとなっています(^ ^)

 

 

One Tap BUY(ワンタップバイ) の注意点

One Tap BUY(ワンタップバイ) ではみずほ銀行と連携でき、みずほ銀行で入金されている資金を利用して購入する方法もあります。

ただし、こちらを利用すると最低購入金額は1万円からとなり、1,000円から購入はできません。

1,000円で購入したい人はOne Tap BUY(ワンタップバイ) の口座に入金しなければいけませんので、そこは頭に入れておきましょう。

みずほ銀行に入金したままでも、1,000円から購入できれば最高だったんですけどね(^_^;)

ここは少し残念でした。

改善に期待しましょう!!

 

まとめ

One Tap BUY(ワンタップバイ)はアナウンス通り、確かに1,000円から購入ができました。

そして、実際に購入してみて感じたことは…

「とにかく購入が簡単!!」

これにつきます!!

しかも操作だけでなく、画面もスマホ用に見やすく作られているのもいいですね。

最近はスマホしか持っていない人も多いので、そういう人には最適な証券会社だと感じました。

投資を今まで経験したことがない人でも、全く問題ありませんよ(^ ^)

また、自分の時は個別株が海外株しか購入できませんでしたが、現在は”日本企業の個別株も購入可能です。

漫画を読めたり、投資を身近に感じさせてくれる仕掛けが非常に多くありますので、興味が湧いた方は是非One Tap BUY(ワンタップバイ)で新たな投資を体験して見てくださいね♪

One Tap BUYを今すぐチェック

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
1円からコツコツ資産運用してみませんか??

だれでもコツコツと資産運用できる新しいサービスがスタートしました。

その名はFunds(ファンズ)です。

Fundsはたった1円から信頼度の高い企業にお金を貸して利息を受け取ることができる、いままでになかった社債”風”の資産運用方法になります。

投資経験に関係なくだれでも同じパフォーマンスを出せる画期的なサービスですよ。

スマホ一つで簡単に利用できるので、興味がある方は是非チャレンジしてみてくださいね。

今すぐ無料で口座開設

運営するクラウドポートの社長にFundsに込めた想いを聞いてきたので、気になる方は是非一読してみてください。

Funds(ファンズ)に込めた藤田社長の想いとは?? クラウドポートが新たに切開く資産運用2.0funds(ファンズ)という新しいフィンテックサービスをクラウドポートが開始します。今回は藤田社長にインタビューしてfunds(ファンズ)に込めた想いやスキーム、メリット・デメリットまて聴き倒しました。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。