IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
仮想通貨

Zaif(ザイフ)の評判ってどうなの?? 使い方や手数料、取扱い通貨まで初心者向けに徹底解説!!

 

仮想通貨の国内大手取引所の一つであるZaif(ザイフ)

 

 

日本でも早くからサービスインしていることもあり、国内で仮想通貨投資をしている人では知らない人は一人もいないと思います。

 

ビットコインやイーサリアム、ビットコインキャッシュなどの主要通貨はもちろん、モナコインやNEMを古くから取り扱っていたことでも有名。

 

これから仮想通貨投資を始めようとしている方には必須の取引所といっても過言ではないでしょう。

 

今回はそんなZaifの評判から使い方、手数料、取扱い通貨まで、実際に利用している自分が徹底解説していきたいと思います。

 

Zaifの公式サイト

 

そもそもZaif(ザイフ)って何なの??

 

Zaif(ザイフ)は大阪に本社をおくテックビューロ株式会社が運営している仮想通貨取引所です。

 

 

すでに仮想通貨交換業者として近畿財務局に登録済み。(登録番号は00002号)

 

運営しているテックビューロは国内初のICOプラットフォームであるCOMSAの運営から、ブロックチェーン技術を使った新しい技術も数多く開発している企業。

 

未上場にも関わらず素晴らしい技術力を持っていることから、日本では非常に注目されているんです。

 

従業員の給与に上乗せして30%分の仮想通貨・トークンを付与している面白い会社でもあります。

 

そんな国内最先端のブロックチェーン技術を持っているテックビューロが運営している仮想通貨の取引所、それがZaif(ザイフ)です!!

 

 

Zaif(ザイフ)の評判は??

 

Zaif(ザイフ)の評判について調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

手数料の安さ、積立投資ができる点などは評価されていましたが、口座開設の長さを訴える声が多かったです。

 

どうやら口座開設までに2週間〜1ヶ月ほどかかっているみたい。。

 

 

Zaif(ザイフ)の取扱い通貨は??

 

Zaif(ザイフ)の取扱い通貨は国内でもトップクラスの品揃えです。

 

下記の仮想通貨を取引できます(^ ^)

 

主要通貨

 

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン
  • XEM

 

トークン

 

  • Zaif
  • XCP
  • BitCrystals(BCY)
  • Storjcoin X (SJCX)
  • フィスココイン(FSCC)
  • PEPECASH
  • カイカコイン(CICC)
  • ネクスコイン(NCXC)
  • Zen(JPYZ)
  • COMSAトークン

 

 

Zaif(ザイフ)の手数料は??

 

Zaifの手数料はこんな感じで基本無料です。

 

 

無料というか、むしろ現物取引にいたってはマイナスなんですよね。

 

「マイナスってどういうこと??」って感じだと思いますが、要は取引するとキャッシュバックされるということです。

 

例えば1BTC = 200万円の取引が成立したら200円キャッシュバックされますよ。(200万円 × 0.01% =200円)

 

ただし、ちょっとややこしいのが、手数料体系がmakerとtakerに別れているところ。

 

上記の手数料はmaker側の手数料となります。

 

ちなみにmakerとtakerですが、こちらは単語の意味からもわかる通り…

 

  • maker=注文を作る側
  • taker= 注文を取る側

 

もっとわかりやすく言えばmakerは取引板に指値で注文を置く人takerはそれに注文をぶつける人っていった感じです。

 

taker側もBTC/JPYのペアならば-0.01%の手数料になるので、キャッシュバックを受けられますが、その他通貨ペアでは0.1%の手数料がかかりますので注意してください。

 

参考までに具体的な手数料を載せておきます。

 

※クリックすると拡大します

 

株取引やFX取引をやっている人だと手数料がマイナスというのが信じられないかもしれませんね 笑

 

でもこれ、現実です。

 

 

Zaif(ザイフ)のメリット

 

取り扱い通貨が多数

 

先程も紹介しましたが、Zaifは取り扱い通貨が非常に多いです。

 

トークンも含めれば15種類の通貨を売買できますが、これは国内の取引所ではNO.1

 

取引所の多くは10種類未満ですので、Zaifは頭一つ抜けています。

 

 

仮想通貨の積立投資ができる

 

仮想通貨の積立投資ができるのもZaifを利用する上での大きなメリットです。

 

積立投資の名称は”Zaifコイン積立”といいます。

 

 

積立は最低1,000円から可能で、下記の通貨を毎月コツコツと積み立てることができますよ。

 

  • bitcoin(ビットコイン)
  • Ethereum(イーサリアム)
  • monacoinモナコイン
  • XEM(ネム)

 

毎月積み立てることにより、ドルコスト平均法を利用できます。

 

ちなみに自分は現在、上記4つの通貨を毎月3,000円ずつ積立中。

 

詳しい記事は下記にありますので、やり方などを詳しく知りたい方は一読してみてください。

 

ビットコイン積立投資は儲かるのかを徹底検証!! 方法やメリットを初心者向けに完全ガイド!! ビットコインは200万円を一時突破、さらにはアルトコインまで軒並み暴騰!! 仮想通貨界ではお祭りが起こっています!...

 

 

ビットコインの取引手数料がマイナス

 

こちらも先ほど紹介しましたが、Zaifの場合ビットコインを購入するとキャッシュバックを受けられます。

 

 

bitFlyerの場合は0.01%〜0.15%、coincheckでは0%になっているので、この2社と比較してもその差は歴然。

 

Zaifの場合は手数料が取られるのではなく、むしろ”貰える“のでビットコインを取引する場合は大きなメリットがあります。

 

 

XEMを安い価格で購入できる

 

XEMを安い価格で購入できるのもZaifの魅力の一つ。

 

 

現在、国内の取引所ではcoincheckでもXEMを取り扱っていますが、こちらはZaifと比較すると少々割高です。

 

同時間帯における価格を確認してみたところこんなに差がありました。

 

  • Zaif・・・197円
  • coincheck・・・204円

 

なんと7円も違ってきます。

 

1,000XEM購入したとすると7,000円も変わってくることになりますから、これは大きな差ですよね。

 

XEMを購入したい人はZaifを利用しましょう

 

 

Zaif(ザイフ)のデメリット

 

注文が通りづらい時がある

 

もちろんZaif(ザイフ)にも利用する上でのデメリットはあります。

 

ユーザーが大量に押し寄せて回線が混んでしまうと非常に注文が通りづらいです。

 

 

自分は過去にモナコインを売買する時になかなか売れなくて非常に困りました。

 

こうなるといくらボタンをクリックしても反応してくれないんです。

 

取引が活発になってきて動きが重たくなってきたらちょっと注意するようにしましょう。

 

機会損失になる場合もありますよ。

 

それでも最近は多少改善されたような気がしますけどね(^_^;)

 

 

口座開設に時間がかかる

 

仮想通貨の人気が2017年から急激に上がっているため、なかなか口座開設ができないようです。

 

どうやら2週間以上はかかるとのこと。

 

 

人気が落ち着けばもう少し早くなると思いますが、今の状況を見るとしばらくは期待できないかなと思います。

 

 

Zaifの登録方法

 

Zaifの登録方法について紹介します。

 

まずは下記リンクをクリックして、Zaifの公式サイトへ移行してください。

 

Zaifの公式サイト

 

まずはメールアドレスを入力しましょう。

 

 

すると入力したアドレスにZaifからメールが届くと思いますので、その中にあるリンクをクリックします。

 

 

ここからユーザー登録になりますので、まずはパスワードを決めていきます。

 

パスワードは強度が50%以上にならないと設定できませんので、できるだけ他人から推測されないような複雑な文字列にしましょう。

 

決まったらページ最下部にある”同意して登録”を押してください。

 

 

これでログインができるようになりましたので、メルアドとパスワードを入力してログインをします。

 

 

はい、ログインができました。

 

ただし、まだ本人確認が完了していませんので、続けて行っていきましょう。

 

まずは携帯電話の番号を入力。

 

 

SMSで認証コードが届くと思うので、そちらを入力。

 

 

最後に本人確認書類をアップロードします。

 

 

下記の画面がでれば登録が完了。

 

 

内容の確認と承認が終わるとこんな感じの郵便物が届きます。

 

 

この書類の中にある本人確認コードを入力すれば、Zaifにおける全ての取引が解禁になりますよ♪

 

2段階認証を設定してセキュリティを上げてから取引してくださいね。

 

Zaif(ザイフ)の使い方

 

Zaif(ザイフ)への入金方法

 

Zaifへは”銀行振込”、”コンビニ決済入金”、”ペイジー入金”の3つの方法で入金が可能です。

 

銀行振込の場合はまず、ログインしてメニューにある”入出金”を選択。

 

 

次に銀行振込による入金を選択。

 

 

入金したい金額を入力。

 

 

入金開始をクリック。

 

 

あとは入力した金額を振込すれば完了です。

 

 

ただし振込するときは上記のように振込名義人のあとに識別コードを入力する必要があります。

 

これを忘れてしまうと入金処理が完了しないので、忘れないようにしてください。

 

また、振込先は住信SBIネット銀行になりますので、こちらも住信SBIネット銀行から振込をすればすぐに入金が完了されます。

 

しかも振込手数料は無料!!

 

自分の時は夜に入金しましたが、ほんの数分で完了しましたよ。

 

住信SBIネット銀行の口座を持っておくといろいろ便利ですので、まだお持ちでない方は開設しておきましょう。

 

Zaif(ザイフ)での購入方法

 

入金が完了したら仮想通貨を購入していきましょう。

 

今回はビットコインを例に購入方法を説明していきますね。

 

0.01btc分を成行で現物買いしていきます(^ ^)

 

まず、上部メニューにある”取引”をクリック。

 

 

ページ真ん中左にある仮想通貨選択ボタンをクリックして、この中からBTC/JPYを選択します。

 

ビットコイン以外の通貨を購入したい場合はそちらを選択してください。

 

 

右側に注文画面がでてきますので、そちらへ注文条件を入力していきます。

 

今回は現物で0.01btc分を成行で購入しますので下記のように注文。

 

ちなみにこの注文は成行で注文していますので、手数料はtakerが適用されます。

 

 

一番下段の”買い注文“を押すとすぐに注文が発注されます。

 

確認画面はでませんので注意してください。

 

その後、上部メニューにある”取引履歴”からしっかりと購入できたか確認していきましょう。

 

 

下記のように2回に分けて購入できていました。

 

 

takerだったので0.01%分のボーナスもしっかりと反映されているのがわかるかと思います。

 

Zaif(ザイフ)での売却方法

 

続いて先ほど購入したビットコインを売却していきます。

 

売却する場合は注文画面で”現物売り”を選択してから、注文条件を入力していきましょう。

 

今回は成行で、先ほど購入した0.01btcを全て売却しました。

 

 

その後取引履歴を確認。

 

 

しっかりと売却され、今回もtaker分のボーナスが付与されていましたよ♪

 

 

まとめ

 

回線が混み合うと注文が通らなくなるなど気になる点はありますが、”取り扱い通貨の多さ”、”取引手数料”、”積立投資ができる”などメリットの方が大きい取引所です。

 

今後、さらにユーザー数が増えることは間違いないと思います。

 

特に積立投資はこれから仮想通貨投資を始めようとしている方にオススメです。

 

貯金感覚でコツコツと積み上げていけば、リスクを抑えながら投資することができますよ。

 

先ほどもいったように現在は口座開設者が殺到して口座開設までにかなりの時間がかかっています。

 

今後さらに急増した場合、新規口座開設を一時ストップする可能性もありますから、興味がある方はなるべく早く申し込みするようにしてくださいね♪

 

Zaifの公式サイト

 

 

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    数々の問題を起こしているザイフは流石にちょっと

    • IPOメカニック より:

      匿名さんコメントありがとうございます。
      仮想通貨はまだまだ発展途上ですから、多少の問題はしょうがないかなと思います。
      Zaif以外の取引所でもいろいろとありますし(^^;;
      個人的にはトライアンドエラーを繰り返しながらより良くなっていって欲しいと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。