その他投資

【評判と口コミ】STOCK POINT(ストックポイント)に投資してわかったデメリット2つ

突然ですがSTOCK POINT(ストックポイント)というサービスをご存知ですか??

このサービス、貯めたポイントで各銘柄に投資ができるサービスなんです。

しかもポイントが増えていけば現物株式と交換までできる画期的な仕組み!!

今回はこのSTOCK POINT(ストックポイント)について徹底紹介していきます♪

前もっていうとネット上ではあまりいい評判を見かけませんでしたがタイミングを見て投資すればそこまで悪くない感じでした。

ポイント運用アプリ StockPoint

ポイント運用アプリ StockPoint

STOCK POINT Inc.無料posted withアプリーチ

マネックス証券

STOCK POINT(ストックポイント)とは??

STOCK POINT(ストックポイント)はポイントで株式などの金融商品に投資できるサービスです

運営しているのはSTOCK POINT株式会社で、世界初の株価連動型ポイント運用システムを開発した会社。

サービス内容としては他社ポイントから独自ポイントであるSPポイントに交換、そのポイントを利用して投資をする形になります。

SPポイントは現金で購入することはできません。

投資した商品の価値が利用した分のポイントが増えますし、逆に下がった場合はポイントも減ってしまいます。

また、個人的に面白いと感じたのがポイントが貯まっていくと実際の株式と交換ができるところ。

ポイントで株式を購入できるなんて聞いたことがありません。

STOCK POINT(ストックポイント)を簡単にまとめるとポイントと金融を結びつけてくれる新しい金融サービスといった感じでしょうかね。

 

STOCK POINT(ストックポイント)の利用料

STOCK POINT(ストックポイント)は口座開設費用、利用料は無料です。

ランニングコストは一切かかりません。

スマホアプリになりますのでスマホをお持ちの方しか利用できませんのであしからず。

 

STOCK POINT(ストックポイント)で投資できる銘柄

STOCK POINT(ストックポイント)ではポイントを使って下記の銘柄に投資することができます。

それぞれのジャンル毎にわかれていますので、自分に合った投資先を選択できます。

投資先に迷ったら一番身近な企業である生活応援タイプから選択するのがいいと思いますよ。

【生活応援タイプ】

  • みずほフィナンシャルグループ
  • KDDI
  • ドコモ
  • イオン
  • セブン&i

【変動重視タイプ】

  • ソフトバンク
  • 日本株レバレッジ上場投信
  • ソニー

【逆張りタイプ】

  • 日本株ダブルインバース上場投信

【注目銘柄タイプ】

  • サイバーエージェント

【海外銘柄タイプ】

  • 上海株式指数
  • 米国株指数30種

追記:投資できる銘柄は180銘柄に拡大

投資できる銘柄が180銘柄に拡大されました。

しかも個別株式以外にも下記の金融商品でポイント運用ができます。

  • 外国為替(米ドル)
  • REIT
  • 投資信託
  • 仮想通貨

なんと仮想通貨のビットコインまで取引が可能です。

 

STOCK POINT(ストックポイント)で投資するまでの流れ

STOCK POINT(ストックポイント)で投資するまでの流れはこんな感じです。

  • ポイントサイト(他社ポイント)でポイントを貯める
  • ストックポイントでアカウントを作成
  • 他社ポイントをSPポイントに交換
  • 投資する

SPポイントを入手するためにはポイントサイトで貯まるポイント、クレジットカードで貯まるポイントが必要です。

有名なところだとモッピーやハピタスですかね。

ポイントサイトで貯めた場合はドットマネーというポイントサイトを経由しなければいけません。

ポイントサイト → ドットマネー → ストックポイント

この流れ。

もちろんドットマネーも無料で利用可能です。

クレディセゾンが提供しているクレジットカードは永久不滅ポイントが貯まりますが、こちらもドットマネーに移行できます。

また、クレディセゾンでは永久不滅ポイントを利用して直接運用することも可能です。

ただしこちらはクレディセゾン側で投資コースを選択する形になりますので、ストックポイントで投資するのとはちょっと違います。

この辺は混乱しないようにしてくださいね。

 

STOCK POINT(ストックポイント)のメリット

STOCK POINT(ストックポイント)のメリットをまとめます。

メリット1:現金を使わずにポイントで投資ができる

ポイントを持っている人ならば現在保有しているポイントで投資を体験できるので、現金を持ち出す必要がありません。

現金で投資をして損失を出すと精神的にもショックが大きいですが、ポイントならばそこまでのショックはないと思います。

利用できるポイントは下記の通りです。

  • ドットマネー
  • 永久不滅ポイント
  • MI POINT

しかもクレジットカードのポイントだったら貰ったものですからね。

ローリスク、またはノーリスクで投資をすることができます。

メリット2:証券口座に口座開設する必要がない

ポイントで投資するので証券口座を必要としません。

証券口座を開くのはネットからできるようになり、昔と比較してかなり敷居は低くなりましたがそれでも証券口座を開設するのに抵抗を感じる人も多いと思います。

そういう人にはぴったりです。

ただSPポイントを株と交換する場合は証券口座が必要となりますのでその際は観念してくてください 笑

メリット3:株式に交換できる

株式に交換することもできます。

現在はSBI証券とみずほ証券の口座を保有していれば現物に交換できますよ。

ちなみに1株単位での交換が可能で1株と交換するためには1.01(1.01株相当分)SVのSPが必要になります。

個人的にはSBI証券は手数料も安いので、交換する際はこちらに口座開設するのがおすすめです。

 

STOCK POINT(ストックポイント)のデメリット

続いてデメリットも整理していきます。

デメリット1:配当金は貰えない

一番大きなデメリットは配当金が貰えないことです。

通常、株式を持っていれば配当を出している企業ならば配当金が定期的に貰えます。

しかし、STOCK POINT(ストックポイント)の場合は全企業、配当を貰えません。。

要はインカムゲインは貰えないのでキャピタルゲインを期待するしかないということです。

デメリット2:手数料が高い

STOCK POINT(ストックポイント)はランニングコストはかかりませんが、ドットマネーからSPポイントに交換するとき、SPポイントに戻すとき、この2つのアクションを起こすときにそれぞれ手数料がかかります。

  • ドットマネー → SPポイント・・・5%
  • SPポイント → ドットマネー・・・2%

特にドットマネーからSPポイントに変換するときの5%は痛い。。

ただ、こちらは定期的にキャンペーンが行われており、むしろ多くもらえるときもあるんです。

 

こういうキャンペーンの時は交換するだけでポイントが増えます。

ドットマネーに戻したとしても1%分お得にっ!!

STOCK POINT(ストックポイント)で投資をする際はこのようなキャンペーン時を狙いましょう。

また、直近ではフリーコインというシステムが新たに登場し、銘柄ポイントからフリーコインに戻せば交換レートは99%、再度銘柄ポイントに交換する場合は100%です。

他の銘柄ポイントに移行したい場合はこのフリーコインを上手に利用してみましょう。

 

STOCK POINT(ストックポイント)で投資してみました

早速STOCK POINT(ストックポイント)で投資を体験してみました。

まずはSTOCK POINT(ストックポイント)のアプリをインストールします。

ポイント運用アプリ StockPoint
ポイント運用アプリ StockPoint
開発元:STOCK POINT Inc.
無料
posted withアプリーチ

トップページはこんな感じです。

続いてドットマネーでSPポイントに移行する手続きをします。

今回は1,000ポイントを移行です。

これであとはSTOCK POINT(ストックポイント)へ移行されるのを待つのみ。

 

STOCK POINT(ストックポイント)の運用実績

2018年7月現在におけるSTOCK POINT(ストックポイント)の運用実績がこちら。

プラス162というかなりの好成績を残してくれています!!

1,000ポイントを投資したのですでに10%以上の高パフォーマンスです。

サイバーエージェント、今後も期待してます 笑

 

STOCK POINT for CONNECTとの違い

STOCK POINTは新しくSTOCK POINT for CONNECTというサービスもスタートさせました。

こちらは大和証券グループが運営するCONNECTと連携したサービスです。

ポイントで株式が購入できるなど基本的なサービス内容は一緒ですが、大きく違う点がいくつかありますので紹介していきます。

取り扱い銘柄が株式のみ

STOCK POINT for CONNECTで取引できるのは現時点では株式のみです。

仮想通貨やFXは取引できません。

Pontaポイントでも投資ができる

STOCK POINTでは永久不滅ポイント、ドットマネー、MI POINTの3種類でポイント投資ができましたが、STOCK POINT for CONNECTではMI POINTに代わりPontaポイントで投資ができます。

今までポンタポイント運用というサービスがありましたが、これがリニューアルされてSTOCK POINT for CONNECTになりました。

また、STOCK POINTから銘柄ポイントやフリーポイントを移行も可能です。

株式に交換するにはCONNECTの口座が必要

STOCK POINTで株式に交換するにはSBI証券かみずほ証券の口座が必要です。

一方、STOCK POINT for CONNECTではCONNECTの口座が必要になります。

CONNECTについては下記記事で詳しく開設しています。

 

STOCK POINT(ストックポイント)のまとめ

以上、今回はSTOCK POINT(ストックポイント)について説明してきました。

ポイントで各銘柄に投資できるところは非常に面白い仕組みだと思います。

ただ、投資経験者にはメリットがほとんどありません。

上記で説明した通りSTOCK POINT(ストックポイント)で投資するにはドットマネーからSPポイントに交換しなければいけませんが、そもそもドットマネーで貯めたポイントは現金に交換することもできるんです。

その現金で投資をした方がメリットが多いです。

配当金も貰えますし。

あくまで投資未経験者の方がお試し感覚で利用するサービスだと思いますよ。

それにしても最近はポイントと現金の境界線がどんどんなくなってきていますね。

STOCK POINT(ストックポイント)だけでなくこういうサービスがどんどんでてきそうな気がします。

ポイント運用アプリ StockPoint

ポイント運用アプリ StockPoint

STOCK POINT Inc.無料posted withアプリーチ

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
1円からコツコツ資産運用してみませんか??

だれでもコツコツと資産運用できる新しいサービスがスタートしました。

その名はFunds(ファンズ)です。

Fundsはたった1円から信頼度の高い企業にお金を貸して利息を受け取ることができる、いままでになかった社債”風”の資産運用方法になります。

投資経験に関係なくだれでも同じパフォーマンスを出せる画期的なサービスですよ。

スマホ一つで簡単に利用できるので、興味がある方はチャレンジしてみましょう。

さらに詳しく知りたい方は下記記事を合わせてご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。