【収穫あり】エメラダとクラウドポート主催の懇親会に参加してきたのでタメになる情報を共有しちゃうぞ

株式型クラウドファンディングを運営するエメラダとソーシャルレンディングのメディアを運営するクラウドポートが主催した懇親会に参加してきました!!

クラウドポートが定期的に開催してくれているんですが、今回はエメラダさんもそれに加わった形です。

もう3,4回やっているのかな??

自分も第一回に参加させていただいたこれが2回目の出席になります。

時間がたつと色々と忘れてしまうので、早速、温度感があるうちにどんな懇親会だったのか紹介させていただきますね♪

スポンサーリンク

会場はなんとマネックスベンチャーズ!?

今回の懇親会が開かれたのはなんとマネックスベンチャーズです。

所在地はマネックス証券も入っているアーク森ビルというめちゃくちゃ大きいビル!!

こんな所に普段いくことがないので、着いた途端まわりをキョロキョロ。

25階までの行き方すらわからないという 笑

とりあえず受付にいってみるとクラウドポートさんの社員さんがいてくれたのでなんとか無事入館することができました♪

それにしてもマネックスベンチャーズがある25階まで昇るには受付で手続きをして身分証明書まで提出しなければいけないという超徹底ぶりです。

こんな厳重なところ人生で一度も入ったことない。。

そして、エレベーターに乗って25階につくとマネックス証券の大きなロゴとなぜかスターウォーズのR2D2がお出迎え!!

さすがにこれを見たときは「おぉ〜っ!!」とついつい言葉がでちゃいましたね。

“いつもお世話になってますっ!!”って感じでした 笑

まずは会社説明からスタート

懇親会はエメラダとクラウドポートの会社説明から始まりました。

会社説明といってもほんとにあっさり。

まずはエメラダについて澤村帝我社長が説明。

そして、クラウドポートについても藤田雄一郎社長がご紹介。

社長直々に説明してくれると恐れ多すぎるっ!!

でもお二人とも場慣れしてるしているからか説明がすごく上手でした。

この辺りはさすがですね♪

にしても二人ともイケメンだったな〜。

ベンチャーの社長でイケメンとか羨ましい 笑

ソーシャルレンディングの話題はグリフラが中心!!

この後はフリータイムとなり、みんなで飲み食いしあんがらワイワイガヤガヤお話。

そんな中ソーシャルレンディングはやはりグリフラことグリーンインフラレンディングの話題で持ちきりでした!!

日経の一面にもmaneoマーケットの社名が載りましたし、政治家まで絡んでくるという誰もが予想しない展開。

話題にならないわけありません。

ただ、営業者であるmaneoマーケットにも監督責任はあるが、やはりグリフラに大きな問題あったという考えをしている方が多かったです。

今は投資家への償還や分配も行われていないので今後どうなるかはわかりませんが、とりあえず膿は全部出し切って全貌解明をしてほしい。

あとはクラウドバンクの米ドルサービスを期待しているという人も多かったように思います。

やはり為替リスクがなくなるのは大きなメリットですからね〜。

クラウドバンクが業界初の米ドル資産運用サービスを開始!! 投資する価値はあるの??
老舗ソーシャルレンディングサービスのクラウドバンクがこれまた面白いサービスをスタートさせます!! なんとこれからは…...

日本のソーシャルレンディング界に一石を投じる画期的なサービスだと思います。

また、匿名化廃止についても話題があがっていました。

これについてはほぼ間違い無いとのことで、これが実現してくれれば投資家は借り手側の情報がわかるため投資する際に慎重な検討ができるようになります。

今までは情報の非対称性が半端なかったので、投資家としてはウェルカムです!!

エメラダの澤村社長ともお話

エメラダの澤村社長ともお話させていただき、株式型クラウドファンディングについて今思っていることをいろいろとお話させていただきました。

まずエメラダがFUNDINNOGoAngelに比べると案件数が少ないことについて聞いたんですが、これについては相当厳選しているようです。

エメラダ・エクイティの評判や特徴は!? 日本最速で投資した自分がメリット・デメリットを徹底解説します!!
日本でも株式投資型クラウドファンディングの動きが徐々に活発化してきており、既に国内第一号のFUNDINNO(ファンディーノ)、第二号...

かなり多くの企業からお声がかかるようですが、エメラダではプロ投資家が投資している案件しか扱わないというルールがあるのでここで7割〜8割ほどフィルタリングされる。

のこった会社も企業内容や業績、将来性など詳しくチェックするとのこと。

具体的にどのくらいの割合が募集までいくのかは教えていただけませんでしたが、「これは相当厳しそうだな」という印象を持ちました。

実際、この記事を書いている時点でまだ4社しか募集してませんし。

また、個人的にはエメラダの案件が少ないのでエメラダの業績が心配だったんですが、直近で始めた”エメラダ・バンク”がかなり順調とのこと。

なので案件数が少なくてもエメラダ的には大丈夫のようです。

また、まだわかりませんがエメラダ・バンクの方でいい企業があったらエメラダ・エクイティでも募集をするかもしれないという話もしてくれました。

そうなれば一石二鳥といいますか、お互いにとってメリットがありますし、この辺りはセレクティブに行きたいようです。

あとは個人的な要望として掲載から募集開始までの期間をもう少し長くしてほしいという話も伝えておきました。

もう少し投資スタンスを考えたいですし、新規で投資したい人の口座開設が間に合うぐらいにはしてほしいかなと。

他にも色々と現状における株式型クラウドファンディングについての考えを色々お話したんですが、こちらは長くなるので今後またお話したいと思います、

まとめ

今回の懇親会では多くの方とお話させていただきましたが、やはりいろんな話を聞くと自分の考えもアップデートされますね。

ネット上でも有意義な情報交換はできますが、リアルじゃないと伝えきれない部分もあり、こういう機会はとても貴重です。

クラウドポートさん、エメラダさん、当日お話してくださった方々本当にありがとうございました。

お話できなかった人も多くいらっしゃったので、是非次回お話したいです。

ちなみにクラウドポート、エメラダ、今後もこの2社は日本のクラウドファンディング市場で活躍してくれること間違いなしなので、是非チェックしてみてください♪

クラウドポートの公式サイトはこちら

エメラダ・エクイティの公式サイトはこちら