IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
ソーシャルレンディング

Funds(ファンズ)の口座開設時の注意点まとめ!! 法人口座も作成可能だってよ。

ぶるぶる
ぶるぶる
クラウドポートのFunds(ファンズ)に口座開設したいんだけど、牛でもできるかな??
メカニック
メカニック
よしっ!! じゃあ注意点を紹介していくね。ちなみに牛だと口座開設できないよ。

貸付投資という新たな資産運用を示したFunds(ファンズ)。

自分も早速体験しようと思い、口座開設をしてみました。

今回はFunds(ファンズ)に口座開設する上で注意するところと、口座開設の条件、開設方法を画像付きで紹介していきたいと思います。

これからFunds(ファンズ)に口座開設を予定している方は是非一度チェックしてみてください。

ちなみに「Funds(ファンズ)って何??」っという方がいましたらFunds(ファンズ)を提供しているクラウドポートの藤田社長にインタビューした記事がありますので、こちらをどうぞ。

Funds(ファンズ)に込めた藤田社長の想いとは?? クラウドポートが新たに切開く資産運用2.0funds(ファンズ)という新しいフィンテックサービスをクラウドポートが開始します。今回は藤田社長にインタビューしてfunds(ファンズ)に込めた想いやスキーム、メリット・デメリットまて聴き倒しました。...

 

Funds(ファンズ)の口座開設にかかる費用は??

Funds(ファンズ)は口座開設費、維持費ともに0円です。

証券口座や銀行口座と同様にランニングコストは一切かかりませんのでご安心を。

 

Funds(ファンズ)に口座開設できる年齢は??

Funds(ファンズ)に口座開設できるのは20歳以上75歳未満の方になります。

ってことで残念ながら未成年口座の開設は不可です。。

ソーシャルレンディング事業者の中には未成年口座を作成できるところもあるので、ここは改善してほしいですね。

また、海外に住んでいる人は投資できませんので注意しましょう。

ぶるぶる
ぶるぶる
やっぱり牛はダメだったか〜。改善してほしいな〜。
メカニック
メカニック
いや、それは無理だと思う。。

 

Funds(ファンズ)は法人口座の作成できるの??

Funds(ファンズ)は法人口座の作成が可能です。

ただし、作成できるのは下記の法人のみ。

  • 株式会社(未上場)
  • 合同会社
  • 合資会社
  • 合名会社
  • 有限会社
  • 一般社団法人
  • 一般財団法人

だいたいが株式会社と合同会社、一般社団法人だと思うので問題ないかなと思います。

作成する場合は法人を代表して口座を管理する人が新規会員登録の後、口座開設ページで法人を選択しましょう。

ぶるぶる
ぶるぶる
そうか、法人化すれば口座開設できるぞ!!
メカニック
メカニック
牛は法人化できないと思うけど。。

 

Funds(ファンズ)の口座開設に必要なもの

続いて、口座開設に必要な書類を紹介していきます。

個人の場合

まず、個人の場合ですが個人番号カードがあればそれ一つで大丈夫です。

マイナンバー通知カードしか保有していない人は下記の書類が必要になります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 健康保険証
  • 印鑑登録証明書(発行から6ヶ月以内)

法人の場合

法人口座を開設する場合は履歴事項全部証明書(登記簿謄本)が必要です。

発効日から3ヶ月以内のものが有効なので注意してください。

 

Funds(ファンズ)の口座開設方法

ではここからFunds(ファンズ)における口座開設方法を画像付きで紹介します。

Funds(ファンズ)ではスマホ一つで投資できるのが大きなメリットなので、今回はスマホから口座開設してみましたよ。

先に投資するまでの流れを紹介するとこんな感じ。

口座開設手順
  • 会員登録
  • 口座開設
  • 本人確認書類とマイナンバーをアップロード
  • ウェルカムレターの受け取り

この4ステップ。

口座開設は約5営業日ほどかかるとのことです。

ステップ1:Fundsに会員登録

まずは会員登録をしていきます。

下記のリンクをクリックしてFundsの公式サイトへアクセスしてください。

Fundsの公式サイト

トップページにある、「新規会員登録」をクリック。

メールアドレスとパスワードを登録してください。

パスワードはできるだけ長く、わかりにく文字列にして安全性を高めましょう。

下記の画面がでてきたら登録したメールアドレスにFundsからメールが届いていると思います。

メールを開いたら、「メールアドレスを確認する」をクリック。

登録したメルアドとパスワードを入力して、ログイン。

下記画面がでたら会員登録が完了です。

ステップ2:Fundsに口座開設

つづいてFunds(ファンズ)の口座開設をします。

まずは個人情報の入力から。

ここから氏名や住所などガンガン入力していきましょう。

ここは指示に従っていけば特別難しいところはないと思います。

個人情報の入力が終わったら次は重要書類への同意です。

書類を確認して、チェックをいれたら次へをクリック。

これで完了です。

 

ステップ3:本人確認書類とマイナンバーをアップロード

そして本人確認書類とマイナンバーを登録していきます。

まずは本人確認書類のアップロード。

下記の中から選択してください。

自分はマイナンバーカードをアップロードしました。

そして最後にマイナンバーの提出。

手元にない場合はあとからでも提出できますが、面倒なので先に提出することをおすすめします。

マイナンバーを入力すれば申込は全て完了です!!

ステップ4:ウェルカムレターを受け取る

数日経過したらウェルカムレターが届きますので待ちましょう。

ちなみにログインをすれば、現在の状況が確認できますので、心配になったらこちらをチェックしてください。

こちらがウェルカムレター発送前。

こちらが発送後の表示になります。

そして、到着したウェルカムレターがこれです!!

これで口座開設は無事完了。

もしマイナンバーを登録していない人がいたら忘れずに登録してくださいね。

 

まとめ

では最後にFunds(ファンズ)の口座開設における注意点をまとめます。

要点まとめ
  • 未成年は口座開設できない。
  • 法人口座の開設は可能。
  • 5営業日ほどかかる
  • スマホからでも簡単
  • 費用は0円

未成年口座の開設ができないのは残念ですが、法人口座が作成できるのは嬉しいところですね。

ちなみにFunds(ファンズ)1月23日の10;00からファンドの投資申し込みが始まります。

記念すべき第一弾ファンドに申し込みしたい人はできるだけ早く口座開設しておきましょう。

Fundsを今すぐチェック!!

ぶるぶる
ぶるぶる
なんとかして早く口座開設しなくちゃっ!!
メカニック
メカニック
ぶるぶる、諦めた方がいいと思うよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。