IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
金融機関・サービス

【口コミ】Pring(プリン)とは?? 使える店は?? 利用してわかった3つのメリット

様々なキャッシュレス決済サービスが増えてきていますが、その中でも独特の存在感を出しているのがPringです。

読み方は”プリン”。

なんか可愛い 笑

実はこのPring(プリン)、他のキャッシュレス決済にはないメリットがたくさんあるサービスなんです。

今回はこのPring(プリン)とは??という基本的な部分からメリット・デメリットを徹底紹介していきますよ♪

 

Pring(プリン)とは??

Pring(プリン)はお金コミュニケーションアプリです。(と公式サイトで紹介されています。)

なにやらちょっと変わった説明ですが、他のキャッシュレス決済サービス同様にお店の支払いや友達同士での送受信ができます。

わざわざコミュニケーションアプリとしたのは相手にスマホでメッセージを送るような感覚で、 簡単にお金のやりとりをしてほしいとの思いが込めらているようです。

このPring(プリン)を運営しているのは株式会社Pring。

マザーズに上場しているメタップスグループになります。

2018年には第三者割当増資を行い、SBIインベストメントや伊藤忠商事、SMBCベンチャーキャピタルなどが出資をしました。

 

Pring(プリン)でできる事

Pring(プリン)でできることは大きく分けると下記の3つになります。

  • お店の支払い(QRコード)
  • 知り合いへの送受信
  • チャット

お店への支払いはQRコードを読み取ることで可能です。

知り合いへの送受信はアプリ内でもできますし、SMS、LINE、QRコードでも対応しています。

また、チャット機能もありますのでこれを利用すればお金のやりとりをスムーズにできますよ。

チャット機能は他のキャッシュレス決済サービスにはありませんのでPring(プリン)の強みといえるかもしれません。

さすが、お金のコミュニケーションアプリ!!

 

Pring(プリン)のチャージ方法

Pring(プリン)を利用するにはまずお金をチャージしなければいけません。

チャージ方法は今の所、銀行口座からのみ。

クレジットカードやお店でチャージすることは不可です。

 

Pring(プリン)に登録できる銀行口座

Pring(プリン)に登録できる銀行口座は下記の通り。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 福岡銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 近畿大阪銀行
  • 東邦銀行
  • 北九州銀行

現在はたった9行のみ。

大手銀行はみずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行の3つ。

残念ながら三菱UFJ銀行は入っていません。

地方銀行も入っていないところばかりですし、信用金庫、ゆうちょ銀行も利用できない状態。

選択肢はかなり少ないです。

 

Pring(プリン)を利用するまでの流れ

Pring(プリン)を利用するまでの流れを紹介。

登録方法
  • アプリをインストール
  • 携帯番号を登録
  • 個人情報を入力
  • 銀行口座を登録
  • チャージする
  • 支払う

この5ステップです。

先ほど紹介した銀行口座を持っていない方は本人限定郵便を受け取ることで利用できるようになります。

しかしチャージができないので、利用範囲はかなり狭くなってしまいます。

 

Pring(プリン)のメリット

メリット1:全ての手数料が0円

一番のメリットは全ての手数料が0円ということ。

  • お金を送る
  • お金をもらう
  • お店ではらう
  • チャージする
  • 口座に戻す

ユーザーはすべて無料です。

そうなると「Pring(プリン)ってどうやって利益を出しているの??」っと気になる人もいると思いますが、Pring(プリン)は決済手数料をお店から徴収しています。

ただ、決済手数料は0.95%とかなり安価に設定されているので、多くのお店で利用されないと利益をあげるのは厳しいかなという印象。

お店側としては嬉しいことですけどね。

メリット2:銀行口座に戻せる

Pring(プリン)の残高にあるお金を銀行口座に戻せるというのも大きなメリットです。

PayPayもチャージして利用できますが、一度チャージしたあとは現金に戻すことができません。

Pring(プリン)ならチャージも0円、出金も0円なので簡単に出し入れができるんです。

また、割り勘するときにお金を集める人が手数料無料で口座に戻せるのも嬉しいところでしょう。

誰も損せず割り勘できますよ。

銀行営業日12時以降に出金申請した場合は翌営業日15時頃に振込みされます。

メリット3:アプリがシンプルで利用しやすい

Pring(プリン)は金融系のアプリです。

金融系っていうと身構えたり、使いにくそうというイメージがあるかもしれませんがPring(プリン)はすごくシンプルに設計されていて、誰でも直感的に操作できます。

どうですか??

これなら誰でも簡単に操作できそうですよね??

ここまでシンプルなら老若男女問わず利用できると思います。

 

Pring(プリン)のデメリット

デメリット1:利用できるお店が少ない

Pring(プリン)を利用する上での最大のデメリットは利用できるお店がまだまだ少ないこと。

今現在自分の近くのお店で利用できる店舗は一件もありません。(田舎だからかもしれませんが。)

公式サイトにも使えるお店が掲載されていませんので、多分掲載できないほど少ないんでしょう。

コンビニで使えれば最高ですが、この記事を書いている時点でPring(プリン)決済に対応しているコンビニは今のところありません。

デメリット2:クレジットカードが登録できない

もう一つの大きなデメリットはクレジットカードからチャージできないことです。

Pring(プリン)は限られた銀行口座しか対応していないため、全ての機能を利用できる人が少ない状態。

クレジットカードからチャージできるようになれば利用できる人も増えますし、利便性も大幅にアップするんですけどね。

PayPayや楽天Pay、Origami Payなどはクレジットカードを登録してそのまま支払いができますので、ユーザー側からするとやや使いにくい印象は否めません。。

クレジットカードからチャージできるようにするとPring(プリン)に経済的負担がかかるので難しいかもしれませんが、是非改善してほしいです。

 

Pring(プリン)の評判や口コミは??

Pring(プリン)におけるネット上の評判をチェックしてみましょう。

こんな口コミがありましたよ。

Pring(プリン)の良い評判

まずは良い評判から。

やはり、Pring(プリン)と銀行間の手数料が0円というのは評価されていました。

Pring(プリン)の悪い評判

続いて悪い評判です。

登録できる銀行の少なさがやはりネックみたいです。。

後は送金制限が人によって違うそうなので、ここも注意したいところですね。

 

Pring(プリン)のまとめ

では、最後にPring(プリン)をまとめていきます。

Pringの要点まとめ
  • 手数料無料で銀行に出金できる
  • 誰でも直感的に操作できる
  • 登録できる銀行が少ない
  • クレジットカードでチャージできない
  • チャット機能がある
  • 支払いできる店舗が少ない
  • 友達同士でお金の送金ができる

残念ながら支払いに対応している店舗が少なすぎてPring(プリン)での支払いは現実的ではありません。

今のところQRコード決済アプリというよりは、友達や知り合い同士でお金をやりとりする方がメインかなという印象です。

友達同士のお金のやりとりなら手数料は無料ですし、銀行口座へも手数料無料で出金できますからね。

お金のコミュニケーションアプリと言っているだけあります。

ちなみに今はPring(プリン)に会員登録してから下記のコードを入力して利用開始すると、お年玉1,000円が貰えるキャンペーンを実施中。(2019/1/20まで)

紹介コード:9dBKXG

リスクなしで1,000円はぶっちゃけかなり美味しいです 笑

気になった方は是非この機会に体験してみてくださいませ。

プリン(pring) - 送受金アプリ
プリン(pring) – 送受金アプリ
開発元:pring Inc.
無料
posted withアプリーチ
1円からコツコツ資産運用してみませんか??

だれでもコツコツと資産運用できる新しいサービスがスタートしました。

その名はFunds(ファンズ)です。

Fundsはたった1円から信頼度の高い企業にお金を貸して利息を受け取ることができる、いままでになかった社債”風”の資産運用方法になります。

投資経験に関係なくだれでも同じパフォーマンスを出せる画期的なサービスですよ。

スマホ一つで簡単に利用できるので、興味がある方は是非チャレンジしてみてくださいね。

今すぐ無料で口座開設

運営するクラウドポートの社長にFundsに込めた想いを聞いてきたので、気になる方は是非一読してみてください。

Funds(ファンズ)に込めた藤田社長の想いとは?? クラウドポートが新たに切開く資産運用2.0funds(ファンズ)という新しいフィンテックサービスをクラウドポートが開始します。今回は藤田社長にインタビューしてfunds(ファンズ)に込めた想いやスキーム、メリット・デメリットまて聴き倒しました。...