IPO投資

IPOの委託幹事はホントに当選しづらいの!? データを見ながら徹底分析してみたぞ!!

どうも、メカニックです!!

2019年も第一弾の株式IPOが新規承認されて盛り上がってきました。

今年はIPO数は減るなんて噂もちょこちょこでてきていますので、そんな噂を蹴散らすほどここからガンガン出てきてほしいところです。

さて、そんなIPO。

幹事は大きく分けると下記の3種類があることはみなさんもご存知だと思います。

  • 主幹事
  • 平幹事
  • 委託幹事

この中で一番当選しにくいと言われているのが委託幹事です。

当選報告もあまりみないですし、特にプラチナIPOでは皆無状態といっても過言ではありません。

そこで、今回は委託幹事は本当に当選しづらいのかをデータを見ながら分析していこうと思います。

今回利用するデータはこちら

利用するデータが信用できないものだったら意味がありません。

そこで今回は当ブログでも何回も紹介している日本証券業協会が毎月公開している”新規公開に際して行う株券の個人顧客への配分状況”を利用させていただきます。

ここにあるデータは証券会社から送られてくる嘘偽りない情報だと思いますので、信頼性は高いはず。

どんなサイトか見たいと言う方はこちらからチェックしてみてください。

IPO投資好きなら知っておいて損はないサイトですよ。

ちなみに更新はだいたい3ヶ月遅れになっています。

10月IPOだったら翌年の1月に発表。

11月IPOだったら翌年の2月といったスケジュールです。

また、毎月10日前後に最新のデータが更新されるのでこの辺も覚えておきましょう。

 

委託販売時における割当枚数は5枚ばかり??

では早速チェックしていきます。

どうせならば最新のデータを利用したほうがいいと思いましたので、今回は2018年10月のIPOデータを利用していきますよ。

岡三オンライン証券の割当枚数

まずチェックするのは岡三オンライン証券から。

岡三オンライン証券といえば最近はIPOの取り扱いが増えて存在感が増している証券会社の一つ。

そんな岡三オンライン証券の割当枚数をみてみると…

個人投資家への配分枚数は5枚 or 3枚でした!!

しかし、その全てが抽選に回っているわけではありません。

完全抽選に回っているのはわずか1枚のみ。

岡三オンライン証券ではステージ制を採用しているため、残りの4枚はステージランクが高い人に優先的に配分される仕組みになっています。

う〜ん、割当があるにはありますがこれではほぼノーチャンスと言った方がいいかもしれませんね。

1,000人申し込みしたら当選確率は0.1%。10,000人ならば0.001%です。

岡三オンライン証券のIPOルールを徹底解説!! 資金0円でも抽選に参加できる貴重な証券会社!!最近、IPOに力を入れている証券会社の一つに岡三オンライン証券があります みんなが知っているメジャーな証券会社ではありませんが、実...

カブドットコム証券の割当枚数

続いてはカブドットコム証券を見ていきましょう。

こちらも岡三オンライン証券同様に委託販売することが多い証券会社です。

2018年10月のデータはこちら。

あ〜、やっぱり少ない。。

岡三オンライン証券ではほとんど5枚でしたが、最高でも4枚。

中には1枚という銘柄まであります。。

ただカブドットコム証券では100%抽選配分してくれるので、岡三オンライン証券よりかは若干有利。

ほんとに若干ですけど。。

でも、この枚数では体感的なものは感じないでしょうね。

委託販売の実績はトップクラス!! カブドットコム証券のIPOルールや注意点を徹底解説!! カブドットコム証券といえば色々なメディアで紹介されており、知名度が高いネット証券の一つだと思います(^ ^) カブ...

楽天証券の割当枚数

だいたい上記2社を見てわかってきたと思うので、楽天証券で最後にしましょう。

楽天証券のデータを見て見ると…

5枚でした!!

っということで委託販売の時は5枚以内がほとんどです。

ちなみに楽天証券では全部のIPOで抽選確率を発表してくれています。

プリントネットの倍率は1,537倍でした。

つまり当選確率は0.06%っ!!

結構、絶望的な数字です。。

【IPOルール】楽天証券は平等な完全抽選配分!! 抽選倍率を教えてくれる貴重な証券会社!! ネット証券の古参の一つである楽天証券。 手数料も安く、人気ツールであるマーケットスピードなど取引のメイン証券として使ってい...

委託幹事って申し込みしない方がいいの??

なんだかこういう数字を見ると「委託販売って申し込みする意味ないんじゃない??」と思うかもしれません。

確かに割当枚数が5枚ではお世辞にも当選しやすいとは言えません。

しかし、時には5枚以上割当される時があり、そう言う時は大チャンスです。

大型IPOの時や委託販売する会社のグループ会社が主幹事を務める時は特にそういう傾向がありますよ。

例えば、カブドットコム証券でいうと三菱UFJモルガンスタンレー証券が、岡三オンライン証券だと岡三証券がそれぞれ主幹事になった時です。

こういう時はいつも以上に割当枚数が多くなる傾向にあるので、確実に申し込みした方がいいです。

参考までに直近の大型IPOであるメルカリを見ると、カブドットコム証券の割当枚数は100枚でした!!

こうなればいつもより数十倍当選しやすくなりますね。

 

まとめ

今回は委託販売の割当枚数をデータを見ながら紹介してきました。

はっきりいって通常時はかなり当選難易度は高いです。

岡三オンライン証券証券は資金不要で申し込みできるので金銭的な負担がないので問題ありませんが、資金拘束がある証券会社だったら無理して申し込みする必要はないかもしれません。

少ない資金でIPOに参加している方ならばなおさら。

一方、大型IPOやグループ会社が主幹事をつとめた時は当選できる可能性がグッとアップします。

こう言う時だけ参加するのは賢い戦略と言えそうです。

委託幹事への申し込みは期待値が非常に低いので、資金や時間効率など、トータル的に考えて自分なりの参加方法を決めてくださいませ。

IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【評判と口コミ】SBIソーシャルレンディングに投資してわかった5つのメリット・3つのデメリットSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。