株式投資型クラウドファンディング

【FUNDINNO63号案件】CAFE PASSを運営するsame skyに出資を悩んでいる4つの理由!!

どうもメカニックです。

株式会社same skyがFUNDINNO(ファンディーノ)で資金調達を開始することが決定しました。

結論から先に言ってしまうと出資するかどうかかなり悩んでいます。

今回はその辺りの理由も含めながら、この株式会社same skyの資金調達の概要について紹介していきますよ。

same sky(セイムスカイ)ってどんな会社??

same sky(セイムスカイ)はカフェのコーヒーなどが月額定額制で楽しめるサブスクリプション型のサービス「CAFE PASS(カフェパス)」を運営しています。

このサービスを利用することでユーザーは加盟店でスマホの画面を見せるだけでドリンクを注文することが可能。(プランにより注文できる回数が異なる)

店舗側は0円で導入ができ、さらにCAFE PASSのユーザーに店舗をアピールできるというメリットがあります。

ビジネスモデルは下記の通り。


※FUNDINNO公式サイトより引用

マネタイズはユーザーから貰うサブスクリプション収入と店舗やユーザーが増えてきた段階でお店から1杯あたりの手数料を徴収。

そして、広告収入も考えているようです。

最終的には月額定額制でロースターからの豆を自宅に届けるサービスを予定しています。

また、代表の二方さんは1991年生まれの27歳。

若くして起業する勇気は素晴らしいです。

非常に応援したくなります。

 

same sky(セイムスカイ)の募集金額と資金用途について

same sky(セイムスカイ)の目標募集額は1,600万円。

上限募集額は2,800万円です。

FUNDINNOでは比較的小規模の部類に入ります。

調達した資金は下記の目的に充てる予定です。

  • 人件費・外注費
  • FUNDINNOへの手数料
  • 広告宣伝費
  • 旅費交通費
  • その他販管費

内訳としてはほとんどが人件費と外注費です。

もし、目標金額を超えた場合は広告宣伝費や旅費交通費に使用するとのこと。

 

same sky(セイムスカイ)における現在のバリュエーション

続いて、same sky(セイムスカイ)のバリュエーション(時価総額)について見ていきます。

プレバリュー(資金調達前の時価総額)は0.83億円です。

今回のファイナンスが成功して上限の2,800万円の資金調達ができれば、ポストバリュー(資金調達後の時価総額)は1.11億円です。

FUNDINNOの中でもかなり小型の案件です。

設立は2017年の7月でまだ1年半ほどしか経っていません。

すでにプロダクトは完成しているのでステージ的にはシードとアーリーの間ぐらいですかね。

当然のことながらまだまだ赤字運営です。

正直、この資金調達ができなかったら事業が継続できるのかちょっと心配なほど。

ちなみにエンジェル投資家の曽我 健さんが出資しています。

具体的な業績はFUNDINNOの会員しかみることができません。

 

same sky(セイムスカイ)における投資金額のコースと株数

same sky(セイムスカイ)への投資は下記のコースが用意されています。

  • 100,000円コース(100株)
  • 300,000円コース(300株)
  • 500,000円コース(500株)

1株1,000円で発行を予定しています。

FUNDINNOでは標準的な設定です。

いうまでもないと思いますが、リターンを目的としている人は金額が多ければ多いほどリスクは高くなりますので注意しましょう。

エンジェル税制とは?? 株式型クラウドファンディングは節税対策としても"あり"かもしれません 2017年はソーシャルレンディングがさらに盛り上がっていくと思いますが、自分は株式型クラウドファンディングも盛り上がっていくと考...

same sky(セイムスカイ)の思いに賛同して応援したいという人は、自分が出せる金額をギブしてください。

 

same sky(セイムスカイ)のマイルストーン

same sky(セイムスカイ)のマイルストーンはこのようになっています。

※FUNDINNO公式サイトより引用

エグジットは2024年の6月以降にバイアウトまたはIPOを目指しています。

段階的にサービスを初めて行く予定ではありますが、toC向けのこのビジネスモデルにおいて重要なのは加盟店とユーザー数だと思います。

どれだけこのサービスを認知してもらい、PRできるかにかかっているのかなと思います。

 

IPOしたらどのくらいの利益になるの??

same sky(セイムスカイ)が仮にエグジットしたらどのくらいの利益になるのかざっくり計算してみましょう。

先ほど書いたように1株は1,000円です。

予定通りEXITできて1株5,000円になったとします。(分割は考慮せず。)

投資金額の約5倍ということになりますから、最低単位の約10万円投資していたとしたら、だいたい40万円くらいの利益です。

当然、エグジットできなければ投資金額が返ってこない可能性も十分にありますので、リスクとリターンをしっかりと理解してから出資するかどうか検討してくださいね。

リターンのついての詳しい考え方は下記に記載してありますので、気になる方はどうぞ。

株式投資型クラウドファンディングで投資した企業がIPOしたらどのくらいの利益が出るのか計算してみました 株式投資型クラウドファンディングの一番のメリットといえばやはり投資先がイグジットした時に得られる大きな利益です。 ...
上記は仮に設定したものです。上場時にダウンサイズや上記よりも時価総額が低い場合はリターンが低くなる、もしくは損失を被る可能性があります。ご注意ください。

 

管理人の投資スタンス

以上、same sky(セイムスカイ)の資金調達について紹介をしてきました。

冒頭でも言ったように自分は投資するか非常に悩んでいます

理由は下記の通り。

  • 若い経営者を応援したい
  • コーヒーが大好き
  • 単純に利用してみたい
  • 事業の継続性

自分はコーヒーが大好きなのでこういうサービスが近くで普及したら最高です。

絶対使うと思う。

しかも自分より年下の人がそのサービスを普及させようと頑張っているとなったら応援してくなります。

でも、気になるのは事業の継続性です。

結構、資金繰りが厳しい気がしてならないんですよね。

体感的には短いスパンで資金調達を行なっていかなければ途中で息つきしてしまいそうな気がします。

素直にこのような企業がどのように成長するか1番近くで見たいと思っていますが、悩ましいです。

申し込みのスタートは3/14なのでそれまでじっくり考えたいと思います。

う〜ん、どうしようか。

ファンディーノの公式サイト

POSTED COMMENT

  1. へたれピーマン より:

    こんにちは。

    自分も久しぶりに悩みました。
    サイゲート以来ですかね。最近は魅力を感じなくて。

    実際にシステムも出来てて使ってみたかったのですが、近くにない。
    ①近くにない。
    ②定額制まで至ってないのも。
    ③定額制だけど飲み放題ではない。まぁ仕方ないですが。
    ④自分は色んな種類を飲みたい。

    てな理由で断念しました。
    ほんと久しぶりにかなり検討しました。

    • メカニック より:

      今回のは面白いですよね。
      コーヒーが好きなこともあり近くにこういうサービスを利用できる店舗があったらいいな〜と素直に思いました。
      ただ、イグジットもそうですが自分としてはできるだけ長く企業の成長を見ていきたいという思いがあるので、今の財務状況でどこまで持つのかなというのが心配。
      もう少しだけ検討してみたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。