キャッシュレス

【口コミ】楽天カードの評判は?? 3年使ってわかったメリット6選とデメリット4選

ぶるぶる
ぶるぶる
楽天カードってすごく評判いいね!! でもどんな特徴があるの??
メカニック
メカニック
じゃあメインカードとして使っている自分がメリット・デメリットを解説していくね。

日本にクレジットカードは数あれど、その中でも抜群の知名度を誇るのが楽天カード。

買い物でも利用できるし、最近では資産運用まで可能になるなど最早クレジットカード2.0と言っても過言ではないでしょう。

当然自分も保有していて、作成からすでに3年ほどは経過しています。

そこで今回は楽天カードを利用している管理人がメリット・デメリットを徹底解説していきたいと思います。

口コミや他人の評判が気になる方は是非参考にしてくださいね。

ちなみに今回紹介するのは通常の楽天カードです。

楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードではありませんよ。

結論:楽天カードは保有しておいた方がいい

結論からいうと楽天カードは保有しておいた方がいいです!!

その理由がこちら。

おすすめの理由
  • 年会費が無料
  • 楽天ポイントが貯まる
  • 1枚で3役
  • 楽天証券で投信積立ができる
  • 海外旅行傷害保険が利用付帯
  • 楽天市場での買い物が最低3倍

年会費無料なのでランニングコストはかかりません。

1枚でクレカと楽天Edy(電子マネー)、楽天ポイントカードの3役を兼ねます。

また、楽天証券では投信積立が楽天カードで購入が可能。

ポイントをゲットしながら投資ができます。

楽天市場での買い物が最低ポイント3倍になりますし、海外旅行傷害保険も利用付帯ですよ。

楽天カードの公式サイト

 

楽天カードとは??

楽天カードについて知らない人ってほとんどいないと思いますが、一応念のため。

その名の通り、楽天が発行しているクレジットカードです。

楽天カードマンをはじめとしたテレビCMをたくさん放映しているので一度は見たり聞いたりしてことがある人も多いでしょう。

どうやら最近はお買い物パンダがプリントされた券面もかわいくて人気があるようです。

ちなみに上記のカードは自分が利用しているもので2代目になります。

初代は楽天Edyとポイントカード機能がなかったので作り直しました 笑

楽天カードの国際ブランドは??

いくらお得でも利用できる店舗が少なければ意味がありませんよね??

でも、そこはさすがの楽天カード。

もちろん多彩な国際ブランドから作成することができます。

  • VISA
  • JCB
  • mastercard
  • AMEX

主要ブランドは全て網羅。

国内で利用する上ではどのブランドを選んでも問題はないと思います。

でも、AMEXは少数ですが利用できない店舗もありますので使い勝手という部分ではやや劣ります。

VISAとmastercard、JCBの3つから選べば問題ありません。

海外でも利用したい場合はVISAとmastercardから選びましょう。

楽天カードの年会費は??

楽天カードは作成するカードによって年会費が変わってきます。

年会費無料なのは下記です。

  • 楽天カード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天カードアカデミー

一方、年会費がかかるのが楽天ANAマイレージカードです。

初年度は無料、次年度から年会費540円がかかります。

ただし年に1回でも利用すれば次年度の年会費は無料。

ということでそこまで気にする必要はないかもしれません。

楽天カードで得られるポイントは??

楽天カードは100円(税込み)ごとに楽天スーパーポイントが1P付与されます。

よって還元率は最大1%です。

最大と書いてあるのは端数分はポイント付与されないからです。

日常利用ではどうしても還元率は多少下がります。

 

楽天カードのメリット

ぶるぶる
ぶるぶる
楽天カードってどんなメリットがあるの??
メカニック
メカニック
よしっ!! じゃあ徹底解説していくね。

メリット1:楽天ポイントがザクザク貯まる

楽天カードを利用することで楽天ポイントがザクザク貯まります。

日々の出費をできるだけ楽天カードで支払うようにすれば年間1万円ポイント貯めることも不可能ではありません。

1万ポイント貯めるには100万円利用する必要がありますが、年間通せば多くの人が100万円以上利用するはずです。

メリット2:楽天Edyとポイントカード機能が付帯

楽天カードはクレジットカードではありますが。楽天ポイントカード機能とオプションにより楽天Edyも付帯させることができます。

つまり、3つの機能がついたオールインワンなカードなんです。

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • ポイントカード

これ一枚あれば支払いで困ることはほとんどないでしょう。

メリット3:楽天Payでポイントの3重取りができる

楽天PayというQRコード決済を利用すればかなりお得。

楽天Payに楽天カードを紐づけて楽天ポイント加盟店で支払いをするとポイントの3重取りができます。

  • 楽天カード → 最大1.0%
  • 楽天ポイントカード → 最大1.0%
  • 楽天Pay → 最大0.5%

最大2.5%も還元されますよ!!

メリット4:海外旅行傷害保険が付帯

楽天カードは年会費無料にもかかわらず海外旅行傷害保険が付帯されています。

利用付帯となりますので、海外旅行代金などを楽天カードで支払うようにしてください。

保有しているだけでは保険が適用されないところは注意です。

海外旅行傷害保険は数千円以上かかるので、これが無料になるのは嬉しいですよね。

ただ、実はエポスカードは年会費無料にもかかわらず自動付帯となっています。

楽天カードで支払いたくない人にはエポスカードがオススメです。

メリット5:楽天市場での利用でポイント+2倍

楽天カードというだけあって、楽天市場で利用すると非常にお得。

楽天市場にはSPU(スーパーポイントアッププログラム)があり、条件を満たすことで還元される倍率がどんどん上がっていきます。

上記表を見ると楽天カードで支払うだけで+2倍。

楽天会員はポイント1倍は確定なので、合計3倍になります。

アプリで買い物したり楽天銀行から引き落とし設定するだけでも、倍率をアップさせることができるので+5倍はとっても簡単です。

ネットショッピングで楽天市場をメインにしている方には多大なメリットがあります。

メリット6:楽天証券で投資信託を購入できる

楽天証券の口座があれば投資信託を楽天カードで購入できます。

もちろん、投資信託の購入分も楽天スーパーポイントの付与対象。

投資しながら楽天スーパーポイントを貯めることができるんです。

いきなり1%の含み益から始められるようなものなので、インデックス投資家には増すとツールといっても過言ではありません。

また、低リスクの投資信託を選択することにより楽天スーパーポイントのタダ取りも可能です。

興味がある方は下記記事を一読してみてください。

 

楽天カードのデメリット

ぶるぶる
ぶるぶる
楽天カードのデメリットも知りたいな。
メカニック
メカニック
デメリットも理解して賢く使っていこう!!

デメリット1:nanacoチャージができない

でもクレジットカードによっては電子マネーにそもそもチャージすることができなかったり、チャージはできてもポイント付与の対象外ってがあるんです。

で、肝心の楽天カードはどうかというと…

ポイント付与の対象外。。

残念ながらnanacoへのチャージはできますが、楽天スーパーポイントは貯めることができません。

でも、あきらめるのはまだ早い!!

実はkiigoというサイトを利用するとポイントの2重取りができます。

楽天カードでnanacoギフトを購入してからチャージしなければいけないので手間はかかりますがその分お得ですよ。

kiigoについて知らない方は下記記事も合わせてご覧ください。

デメリット2:楽天からのメールが多く届く

楽天カードを保有すると楽天から様々なメールが届きます。

別に害があるわけではないですが、少々うざったいです。

受け取りたくない場合はメルマガを配信を停止するようにしてください。

デメリット3:ETCカードは有料

残念ながらETCカードの作成は有料です。

年会費540円(税込)がかかります。

高いというレベルではありませんが、年会費無料で発行できるクレジットカードもあるのでそれと比較すると残念なポイントの一つ。

ただ、ダイヤモンド会員、プラチナ会員になると翌年度のETC料金が無料になります。

ETCカードが欲しいならランクを上げてから作るのがベストです。

デメリット4:期間限定ポイントの有効期限が短い

楽天ポイントには通常ポイントと期間限定ポイントがあります。

期間限定はその名の通り、期限が決められていてその期限も短いです。

気づいたら有効期限が過ぎていたなんてこともありえますので注意しましょう。

ちなみに楽天カードを利用して得られる基本ポイントは通常ポイントです。

通常ポイントの有効期限は最後にポイントを獲得した月を含めた1年間で。

期間内に一度でもポイントを獲得すれば延長されますので

 

楽天スーパーポイントのお得な利用方法

ぶるぶる
ぶるぶる
手に入れた楽天ポイントってどうやって利用すればいいの??
メカニック
メカニック
お得な利用方法を紹介するね。

ネットショップや実店舗で利用する

基本的な方法としてはネットショップや実店舗での現金代わりです。

楽天スーパーポイントを利用できる店舗ならばポイントだけでの支払いも可能ですよ。

楽天証券の投資信託を購入する

楽天証券の口座を保有していれば楽天スーパーポイントで投資信託を購入できます。

「投資に興味があるけどなかなか踏み出せない」という人にオススメです。

現金で購入しているわけではないので、心に余裕を持って投資ができると思います。

もちろん、ポイントで購入したからといって何か制限があるわけではありませんので安心してください。

貯まった1ヶ月分のポイントで積立購入していけばリスクを減らして投資ができますよ。

100Pから購入できるので、月1万円利用すれば購入できちゃいますね。

詳しくは下記記事にまとめています。

ANAマイルと交換ができる

楽天スーパーポイントはANAマイルと交換ができます。

レートは2P → 1マイルです。

数字だけ見れば半分になりますがANAマイルはビジネスクラスやファーストクラスで利用すると1マイルは10円以上の価値になります。

そうなると交換しても価値が下がることはありませんね。

ANAマイルを貯めている人は検討余地ありです。

 

楽天カードの評判は??

楽天カードにおけるネット上の口コミを集めてみました。

評判はこんな感じ。

すぐに審査に通るところ、海外保険が付帯するとこは評判がよかったです。

ポイントがザクザク貯まるという声もありました。

しかし、どうやらカードの限度額が勝手に上がってしまっている人も発見。

限度額はしっかりと適用範囲内に抑えて方が良さそうですね。

ちなみに自分が保有している他のクレジットカードも勝手に限度額上げてきます。

 

楽天カードのまとめ

では最後に楽天カードについてまとめます。

要点まとめ
  • 年会費無料
  • 楽天ポイントがザクザク貯まる
  • 海外旅行傷害保険が利用付帯
  • 楽天証券で投信積立を購入できる
  • nanacoにチャージできない
  • メールが多い
  • ETCカードは有料

自分もメインカードとして使っていますのでかなりオススメです。

年会費は無料ですし、楽天ポイントは使い勝手抜群。

人生初のクレジットカードには最適だと思います。

また、投信積立も出来るので投資家にはマストツールでしょう。

楽天カードでポイントをザクザク貯めていってくださいね♪

ちなみに4月22日までは楽天ポイントが7,000P貰えます。

いつもは5,000Pしか貰えないので、気になる方はこの機会を逃さないようにしましょう。

楽天カードの公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。