ソーシャルレンディング

【評判】マリオンのi-Bond(アイボンド)を超解説!! メリット・デメリットのまとめ

ぶるぶる
ぶるぶる
マリオンがi-Bondをリリースしたみたいだね。どんなサービスか教えて!!
メカニック
メカニック
了解!! 他にはない特徴があってなかなか面白いサービスだよ。

またまた新しい不動産投資型クラウドファンディングサービスがリリースしました。

その名はi-Bond(アイボンド)。

今回はこのi-Bond(アイボンド)の特徴からメリット・デメリットを徹底解説していきます!!

評判や口コミが気になっている方は参考にしてくださいね。

i-Bond(アイボンド)はこんな人におすすめ

i-Bond(アイボンド)はこんな人におすすめの金融商品です。

ポイント
  • 低資金で資産運用をしたい
  • 流動性が高い商品に投資したい
  • 投資知識がない
  • 不動産投資に興味がある
  • 投資する時間がない

上記に該当する人はこの記事を読む価値がありますよ。

 

i-Bond(アイボンド)とは??

i-Bond(アイボンド)はマリオンがお金第3の置き場としてリリースした不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

マリオンでは並行してサラリーマンボンドという投資型クラウドファンディングサービスを運営していますが、i-Bondならさらに手軽に投資ができます。

大きな特徴は1万円から投資ができ、365日24時間買取請求ができるところ。

好きな時に現金化できます。

また、サラリーマンボンドでは様々な手数料が有料でしたがi-Bondではオンライン化を実現したことにより、多くのの手数料が0円になりました。

 

i-Bond(アイボンド)のスキーム

i-Bond(アイボンド)のスキームは下記の通りです。

事業社であるマリオンが投資家から出資を募り、対象不動産を賃貸して運用。

不動産の入居者から賃料を回収して事業費用を支払います。

対象不動産の事業収益より事業費用を差し引いたものが事業損益になり、その事業利益から投資家に対して分配金を支払います。

事業費用は管理費・固定資産税・水道光熱費・保険料・修繕費などです。

 

i-Bond(アイボンド)の手数料

i-Bond(アイボンド)の手数料は基本的にはほぼ無料です。

投資家登録無料
申し込み手数料無料
買取手数料無料
譲渡手数料5,000円(税抜き)
名義変更手数料5,000円(税抜き)

出資金の振込手数料、そして買取後の送金手数料も投資家が負担しなければいけません。

また第三者へ譲渡する場合はITだけでの処理ができないので手数料がかかってしまいます。

 

i-Bond(アイボンド)で取引するまでの流れ

i-Bond(アイボンド)における投資の流れを簡単に紹介します。

  1. 会員登録
  2. 投資ファンドを選択
  3. 申し込み
  4. 入金
  5. 運用開始
  6. 配当金をゲット

この6ステップです。

投資家は入金した後は何もすることはありません。

i-Bondの毎年9月に匿名組合決算を行い、分配金は2カ月以内に口座に振り込まれます。

だいたい11月末日になるとのことです。

 

i-Bond(アイボンド)のメリット

ぶるぶる
ぶるぶる
i-Bond(アイボンド)ってどんなメリットがあるの??
メカニック
メカニック
一つずつ見ていこう!!

メリット1:いつでも買取請求ができる

不動産投資型クラウドファンディングのデメリットの一つに流動性が低い点が上げられます。

投資後は運用期間が終了するまでは基本解約できず、現金化は不可。(一部サービスでは可能)

しかしi-Bond(アイボンド)は24時間365日、いつでも買い取り請求が可能。

買い取り請求後は5営業日以内に口座に振込されますよ。

メリット2:手数料が無料

i-Bond(アイボンド)では様々な手数料が無料。

オンライン化を実現したことにより人件費を削減できたからです。

特に買取手数料が無料なのは嬉しいですよね。

出金手数料はかかりますが、それでも数百円。

それだけでいつでも現金化できるなら安いものです。

メリット3:1万円から投資できる

i-Bond(アイボンド)は1万円から投資ができます。

今までのサラリーマンボンドでは10万円からしか投資ができませんでしたので、1/10になりました。

ハードルが非常に下がりましたね。

投資型クラウドファンディング業界でみても1万円未満で投資できるサービスは現状Fundsしかありません。

Fundsなら1円から投資できるので、さらに低資金で投資したい方にはこちらをオススメします。

メリット4:上場会社が運営

i-Bondは上場会社のマリオンが運営しています。

上場は東証の厳しい審査を潜り抜けた一握りの企業しかできません。

信頼度は抜群です。

ちなみに上場会社は業績を開示しなければいけないので、誰でもチェックできます。

この記事を書いている時点でのマリオンは黒字運営ですのでご安心を。

メリット5:優先劣後出資を採用

優先劣後出資を採用しているため、対象不動産の鑑定評価額が下落した場合でも5%の範囲内ならば投資家の元本に影響はありません。

メリット6:売却に伴う損失はマリオンが負担

もし、不動産を売却して損失が出てしまってもマリオンが全て負担します。

投資家の元本が毀損することはありません。

ただし売却益があった場合もマリオンに帰属するため、投資家に還元されることはありませんので覚えておくようにしましょう。

 

i-Bond(アイボンド)のデメリット

ぶるぶる
ぶるぶる
i-Bond(アイボンド)のデメリットも教えて!!
メカニック
メカニック
丁寧に解説していくね。

デメリット1:利回りが低い

i-Bondのファンド利回りは1.5%です。

これは他の不動産投資型クラウドファンディングサービスと比較してもかなりの低水準。

他のサービスの利回りを見ると…

CREAL4%〜5%
FANTAS Funding4%〜8%
ランドネットファンディング8%前後
RENOSY8%前後
bitREALTY2%〜3%

1番低いサービスでも2%〜3%。

i-Bondの利回りはこれを下回ります。

高利回りのファンドに投資したい方にはおすすめしません。

しかし、i-Bondはいつでも買取請求ができるなどリスクは他のサービスと比べて低いです。

利回りが高いということはそれだけリスクもあるので、どちらがいいかは投資家次第でしょう。

デメリット2:鑑定評価額が下がれば元本割れの可能性も

投資家が1番気をつけなければいけないのは不動産の鑑定評価額です。

i-Bondでは一年に一回不動産の鑑定評価額を確定します。

例えばもし、投資してから3年後の鑑定で当初の元本価格よりも5%以上評価が下がってしまったとしましょう。

この時に買取請求をしたら投資家に元に戻ってくる資金は元本価格未満です。

5%以内だったらマリオンが負担しますが、それ以上の場合は投資家が負担しなければいけません。

いつでも買取請求できますが、タイミングによっては元本割れを起こす可能性もありますよ。

メリット3:分配は1年に1回

分配金は1年に1回、11月末を目処に分配されます。

他のサービスでは毎月分配や四半期分配が行われており、こちらの方が資金効率は良いです。

特に毎月分配ならば月利複利で回すことができるので、パフォーマンスを最大限アップさせることができます、

ちょっと残念ですね。

 

i-Bond(アイボンド)に投資するとどのくらいのリターンが期待できるのか

i-Bondに投資するとどのくらいのリターンがもらえるのでしょうか??

公式サイトに定期預金と比較した図が記載されていました。

100万円を5年間運用したとするとこのようになります。

i-Bondで利回り1.5%で運用した場合、7.5万円の利益になります。

一方、定期預金で利回り0.01%で運用した場合はたった500円。

大きな差が生じます。

もちろん、投資した不動産の鑑定評価額が出資時点よりも下がれば損失を被る可能性がありますので注意してください。

 

i-Bond(アイボンド)のまとめ

では最後にi-Bondをまとめます。

要点まとめ
  • 上場企業のマリオンが運営
  • 利回りは1.5%
  • いつでも買取請求が可能
  • 1万円から投資できる
  • 売却損はマリオンが負担
  • 買取請求額は1年固定

他の不動産投資型クラウドファンディングサービスとは中身が大きく違います。

1番気にしなければいけないのは不動産の鑑定評価額です。

1年ごとに変わる可能性があるので、その時はちょっとドキドキですね。

また出資をしても、買取請求すればいつでも5営業日以内に現金化できるのは大きなメリットです。

ややリスクを抑えて投資してみたいという人には適したサービスかもしれませんね。

i-Bondを今すぐチェック!!

初心者におススメのソーシャルレンディング会社は??【PR】

現在は様々なソーシャルレンディングサービスがでてきていることもあり、初心者はどの事業者を選んでいいか迷っている人も多いと思います。

そんな方はSBIソーシャルレンディングを選択してみてはいかがでしょうか?

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在40万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングの公式サイト

 

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【評判と口コミ】SBIソーシャルレンディングに投資してわかった5つのメリット・3つのデメリットSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。