当ブログ一押しキャンペーン!!

【限定タイアップ】

ファンディーノへの投資家登録で…

1,000円分のAmazonギフト券が貰えます!!

IPO投資

【衝撃】DMM.com証券のIPO実績は3社のみだったことが判明! 今後の参加を辞めた共有したい大事な理由

2019年は新たにIPOを取り扱い証券会社が2社増えました。

1社は1株からIPOに申し込めるネオモバ。

そしてもう一社がDMM.com証券(DMM株)です。

ネオモバに関しては2019年の11月からでしたので取り扱いが少なかったのは納得できます。

しかしDMM.com証券(DMM株)は2019年の2月から取り扱いを開始下にも関わらず全くといっていいほどIPOの噂を聞かなかったんですよね。

そこで、今回は実際にDMM.com証券(DMM株)でどのくらいのIPOを取り扱い、そして割当枚数がどれくらいかを調べて見ました。

調べて見たところ驚愕の事実がわかりましたので共有したいと思います。

 

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

そもそもDMM.com証券(DMM株)のIPOルールって??

まずはDMM.com証券(DMM株)におけるIPOルールからおさらいしていきましょう。

重要なポイントをまとめるとこんな感じです。

  • 前受金不要
  • 完全平等抽選
  • 委託販売
  • 申込は2回必要

前受金不要で割当は完全平等抽選ということでかなりネット組にとっては嬉しいルールになっています。

ただ正式幹事入りはなく、取り扱う場合は基本的に委託販売です。

また委託販売が確定していない時点で一発目の申込が必要になるという安藤証券と同じシステムを採用。

抽選を受けるには確定後に2発目の申込が必要と投資家泣かせの面倒くさい設定です。

さらに詳しく知りたい人は下記の記事で確認してくださいませ。

 

DMM.com証券(DMM株)のIPO取り扱い実績

では2019年におけるDMM.com証券(DMM株)のIPO取り扱い実績を見ていきましょう。

取り扱い実績といったらいつもお世話になっているIPOにおける個人への配分状況ですね。

こちらで1年間チェックしてみたところ取り扱ったIPOは下記の通りでした。

  • HENNGE
  • 浜木綿
  • 24/7

なんとわずか3社のみです。

先ほども行った通りDMM.com証券(DMM株)がIPOの取り扱いを開始したのは2019年の2月。

実質11ヶ月で3社しか取り扱いがありませんでした。

そして、もっと重要になってくるのが割当枚数ですよね。

DMM.com証券(DMM株)でどれくらいの割当があったかというと…

たった5枚。。

やはり委託販売だとこれが限界でしょう。

委託販売する証券会社で有名なのは岡三オンライン証券、松井証券、楽天証券、SBIネオトレード証券、カブドットコム証券などありますが、どこも5枚なんですよね。

例外として主幹事がグループ会社だったり、グループ会社がIPOする場合は違ったりするんですが、デフォはだいたい5枚です。

DMM.com証券(DMM株)は言わずもがなDMMグループ。

そして、DMMは上場していないんです。

つまり今後も割当が多くなるような状況は期待できません。

となると今後、他の証券会社と業務提携などのビッグニュースがない限りは5枚という割当枚数が続くと思われます。

 

今後もDMM.com証券(DMM株)でIPOを申込続ける価値はあるのか??

こうなってくると問題になってくるのが「申込続ける価値はあるのか!?」です。

あくまで個人的な意見を言わせていただくと…

申し込む価値はないと思います。

年間3社ほどしか取り扱いがない上に、5枚では申込する労力に合いません。

いくら前受け金が不要で申込ができたとしても当たらなければタダ働きも同然。

時給に換算したらマイナスになる可能性が非常に高いです。

で、一番やっかいなのがDMM.com証券(DMM株)はIPOの申込が2回必要になってくるところ。

先ほども言いましたがDMM.com証券(DMM株)ではまず取り扱いが確定していない段階で申込をする必要があり、取り扱いが確定した場合はもう一度申込をしなければならないんです。

1回でも面倒なのに2回って地獄です。

個人的には大事な時間を捨てているに等しいレベルに感じます。

 

まとめ

DMM.com証券(DMM株)の割当枚数に関しては今後も期待できないと思います。

おそらく他の証券会社同様に5枚が続いていくと考えた方がいいでしょう。

で、こうなると「どんどん参加者が減って逆に穴場になるのでは??」と感じる人もいるかもしれませんが、5枚程度の割当では穴場になることは絶対にありません。

一生のうちにDMM.com証券(DMM株)でIPOに当選できるのはほんの一握りです。

実は自分はDMM.com証券(DMM株)がIPOの取り扱いを決めた時に結構期待していて、しばらく参加を続けていました。

でも、途中から参加しなくなり、今回の実績をみて「途中からやめてよかった〜」と心から感じた次第です。

もちろんこれはあくまで自分の考えですし、「少しでも当選できる可能性があるなら参加する」という人もいるでしょう。

このあたりは自らの時間価値を考えながら参加するのかどうかを決めるのが良いと思います。

他の証券会社と同様に取り扱いが確定した時だけ申し込めるようなシステムに変更してくれればいいんですけどね。。

DMM株を今すぐチェック

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック