当ブログ一押しキャンペーン!!

【限定タイアップ】

ファンディーノへの投資家登録で…

1,000円分のAmazonギフト券が貰えます!!

金融機関・サービス

【IPOルール】SBIネオトレード証券は資金0円でIPOに参加できる!! 詳細や当選実績を徹底解説!!

格安の手数料で頭一つ抜けているSBIネオトレード証券ですが、とうとう2017年の1月に…

IPOの取り扱いを発表しました!!

管理画面では”IPOの項目”が増設されていたので、取り扱いの噂はありましたが、この度正式にリリースされた形です

新規にネットからIPOに申し込める証券会社ってなかなかでてきませんから、IPO投資家にとっては非常に嬉しいですよね♪

しかも今から詳しく説明しますが、IPOルールもかなり投資家に易しい設定をしてくれました。

今回は新たにIPOに新規参入したSBIネオトレード証券のIPOルールを徹底紹介していきます。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

SBIネオトレード証券ってホントにIPO当選するの??

「SBIネオトレード証券ってIPO当選できるの??」って思っている人いますよね。

実は自分は過去に当選したことがあるんです!!

そのIPOはレオス・キャピタルワークス。

この時はめちゃくちゃテンションが上がりました。

しかし、そのあとに悲劇が来襲。

急遽IPOするのをやめてしまったんです。。

結局はこの当選もなかったことに。。

ただ、個人的には抽選をしっかりと行ってくれていると確認できたのは大きな収穫でした。

めげずに今後もガンガン参加していくつもりですよ。

SBIネオトレード証券に口座開設する

 

SBIネオトレード証券とは??

SBIネオトレード証券はネット証券の一つです

以前はISホールディングスの子会社でライブスター証券という名称でしたが、SBIグループの子会社となり、現在のサービス名に変更となりました。

一番の特徴はなんといっても、業界最低水準の手数料でしょう。

ネット証券の中でも破格の安さを誇ります

株主優待タダ取りをしている方は日頃からお世話になっている人も多いのではないでしょうか??

 

SBIネオトレード証券の口座開設費は??

いうまでもありませんが口座開設、維持費共に無料です。

口座を持っているだけでは、ランニングコストは全くかかりませんよ♪

 

勧誘の電話は??

大手証券で店頭口座を持っている場合は、金融商品の勧誘があります

ただ、だいだい勧誘の電話は証券会社にとって利益がでる商品が多く、投資家にとっては魅力的な商品でないことが多いんです

欲しくない商品を勧誘されたら嫌ですよね。

しかしながらSBIネオトレード証券は先ほどもいったようにネット証券なので、金融商品は全て自分で選んで購入する必要があることから、勧誘の電話はありません

欲しくない商品を付き合いで購入しなければいけないということもないので、変な気を使わずにマイペースで取引ができます

自分も口座開設して数年が経ちますが、勧誘の電話が来たことは一度もありませんので安心してください。

 

IPOの抽選方法やルールについて

では、ここからが今回の最も大事な部分であるIPOルールの説明になります。

抽選配分率は??

IPOルールの中で重要になってくるのが抽選配分率

証券会社に10,000株の割り当てがあったとしても10%しか抽選にまわさなければ、ネットから申し込み人が当選するのは難しくなってしまいます

では、SBIネオトレード証券ではどうかというと、抽選配分率は…

100%です

もし、SBIネオトレード証券に10,000株の割当があった場合は10,000株全てを抽選で当選者をきめます

抽選組にとってはこれ以上ない最高の配分率です!!

ただし、抽選は平等抽選とステージ抽選にわかれます。

ステージ制は3段階

抽選を下記の方式で行います。

  • 平等抽選 → 10%
  • ステージ制 → 90%

まずは全員が平等に抽選されます。

その後、落選した人でかつステージ制の対象者が抽選をうけます。

ステージ制は3段階に分けられ、それぞれの条件は下記の通り。

どちらかの条件を達成すればステージ制が適用されますよ。

各ステージにおいて抽選票数が変わり、N3ではN1よりも当選確率が5倍にアップ。

申し込みに前受金が不要

SBIネオトレード証券では少ない資金でIPOに参加している人にも考慮しています

ほとんどの証券会社ではIPOの申し込み時に資金を前もって入金しておかなければなりませんが、SBIネオトレード証券では資金不要で申し込みが可能!!

簡単に言えば、0円でIPOの抽選に参加できるということなんです♪

これならば低資金でIPOに参加している人でも申し込みができますよね

もちろん、見事当選した場合はその株を購入する資金を入金しなければいけませんので、そこは注意してください。

 

SBIネオトレード証券のIPO幹事実績

SBIネオトレード証券の幹事実績は下記の通りです。

年度 社名
2017年 スシローグローバルホールディングス
2017年 Game With
2017年 JSB
2017年 壽屋
2017年 西本WismettacHD
2017年 一家ダイニングプロジェクト
2017年 SGホールディングス
2018年 RPAホールディングス
2018年 日本リビング保証
2018年 ZUU
2018年 レオス・キャピタルワークス

委託販売が基本ですが、2018年のレオス・キャピタルワークスで正式幹事となりました。

この先の幹事入りも期待したいところですね。

 

SBIネオトレード証券の注意点

SBIネオトレード証券におけるIPOの注意点です。

申し込みが変則的

SBIネオトレード証券のIPOは専用ページからログインして、申し込みする形となります。

一般的にはマイページの中にある”IPO”という項目から申し込みを行いますが、SBIネオトレード証券では少し変則的ですので注意してください。

どうやら、こんな感じでIPOの申し込みをしなければいけないみたいです。

ただ、以前は問い合わせフォームから申し込みする形でしたので、そちらと比較すれば大分改善されました。

取扱実績が少ない

自分がIPO投資を初めてからすでに4年が経ちますが、残念ながらSBIネオトレード証券が正式幹事になったのはレオス・キャピタルワークス1社だけです。

基本、IPOの取り扱いは委託販売という形になります

残念ながら委託販売の場合は割当枚数が極小なので、当選するのは至難の技。

“100%抽選配分”、”申込資金不要”という大きなメリットが2つありますが、こちらは裏を返せば多くの人が申し込みできる証券会社ということにもなりますので、さらに当選を難しくしている部分もあります

期待はあまりしないようにしましょう。

 

SBIネオトレード証券のIPOまとめ

資金不要で申し込めるということでIPOルールは現在ある証券会社の中でもトップクラスの内容です。

資金が少ない人には本当にありがたい証券会社と言えるでしょう。

ただ、ステージ制に多く配分するためお金持ちが有利なシステムとなっています。

委託販売という面も含めると、残念ながらお世辞にも当選がしやすい証券会社とはいえません。

しかし、申し込まなければ当選はありませんし、こちらには負担もありませんから申し込みをしないのは勿体ないです

申し込みすれば多少なりとも当選確率をアップさせられますし、そもそもチャンスを棒にふる必要もないですからね

IPO投資家にとっては必須証券ではありませんが、持っておいたほうがいい証券会社だと思います。

今までは、”株主優待タダ取り”や”立会外分売”などでSBIネオトレード証券を使っていた人が多いと思いますが、これからはIPOでも活躍してくれそうですね♪

タイアップキャンペーン使って口座開設する

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

100%抽選配分かつ0円でIPOに参加可能!!
SBIネオトレード証券をチェック
SBIネオトレード証券をチェック