【PR】当ブログ限定キャンペーン!!

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

FUNDINNOへの口座開設で
2,000円分のAmazonギフト券
が貰えます!!

投資型クラファン

【評判】そだつ貯蓄はおすすめしない!? ALTERNAに投資してわかったメリット4選とデメリット3選。

三井物産グループが運用する資産サービスである「ALTERNA」から新たな商品がリリースされました。

その名は「そだつ貯蓄」です。

投資と貯蓄の中間に位置する金融商品となります。

今回はそんなそだつ貯蓄について、始め方やメリット、デメリットを徹底解説していきます。

評判や口コミが気になる人は是非参考にしてください。

 

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

Funds

そだつ貯蓄を10秒で解説

まずは時間がない人のためにそだつ貯蓄について簡単にまとめます。

要点まとめ

そだつ貯蓄は三井物産グループが運用しているプラットフォームであるALTERNAから申し込みできます。

銀行ローンに相乗りする仕組みで、利回りは0.3%から0.5%です。

投資と貯蓄の中間的な商品となっています。

購入後、運用期間が終わるまでは売却はできませんが、株式のような値動きはありませんので、ほったらかしで資産形成がしたい人におすすめの商品です。

 

そだつ貯蓄とは??

そだつ貯蓄は三井物産グループが提供する新しい金融商品です。

スマホからデジタル証券に投資ができるALTERNAから申し込みができます。

仕組みは大手銀行の融資に相乗りする仕組みで、不動産ファンド(不動産を保有する借主)への銀行からのローンについて、銀行に保証を提供することで得られる保証料を主な配当原資とする信託の商品です。

ALTERNAについては下記記事で徹底解説していますのでこちらも一読ください。

三井物産グループのALTERNA(オルタナ)は儲かると評判!? デジタル証券のメリット6選とデメリット2選!!三井物産グループのALTERNA(オルタナ)というデジタル証券がスタートしました。最低10万円から利回り3%のファンドに投資ができます。メリットやデメリット、遅延、元本割れ実績、確定申告を徹底解説。儲かるのか??や評判、口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

そだつ貯蓄の利回り

そだつ貯蓄では二つの商品が用意されています。

  • 3ヶ月 → 0.3%
  • 1年 → 0.5%

預け入れ期間によって利回りが異なります。

預け入れ後、期間が終了するまでは売却ができません。

資金が拘束されますので注意してください。

短期で運用したい人は3ヶ月を、利回り重視の人は1年を選択しましょう。

 

そだつ貯蓄の始め方

始め方は下記の通りです。

  1. ALTERNAに口座開設
  2. そだつ貯蓄に申し込み
  3. 口座にお金を預ける

まずはALTERNAに口座開設してください。

口座開設費、維持費は無料ですのでランニングコストは一切かかりません。

口座開設できたらそだつ貯蓄に申し込みしましょう。

運用期間3ヶ月、1年のどちらかを選択してください。

 

そだつ貯蓄のメリット

そだつ貯蓄のメリットを見ていきましょう。

  1. ほったらかしでOK
  2. 定期預金以上の利回りが見込める
  3. 価格の値動きがない
  4. メジャーな投資よりもリスクが少ない

メリット1:ほったらかしでOK

そだつ貯蓄は申し込みした後はほったらかしでOKです。

むしろ、こちら側は何もできません。

株式やREITなどは売却することで利益が確定し、売却タイミングによって利益もかわってきます。

そだつ貯蓄はあらかじめ利回りが決まっていますので、株式の売却のタイミングを間違えることによるモヤモヤはありません。

メリット2:定期預金以上の利回りが見込める

利回りは0.3%から0.5%です。

直近の大手メガバンクの定期預金金利は1年でおおよそ0.002%しかありません。

そだつ貯蓄はこちらと比較すると最大250倍も変わってきます。

3ヶ月の短期運用でも0.3%は魅力的な数字です。

メリット3:価格の値動きがない

そだつ貯蓄は固定利回り型の商品です。

運用期間が終了すると元本と利回りに応じた分配金がもらえます。

株式のような値動きがありませんので、日々の価格変動に気を取られることはありません。

ローリスク、ローリターンな投資です。

メリット4:メジャーな投資よりもリスクが少ない

そだつ貯蓄は大手銀行のローンに相乗りする仕組みです。

もちろん大手銀行が融資する時は厳しい審査を行います。

その審査に通過した企業への融資に相乗りできるため、株式投資や投資型クラウドファンディングなどのメジャーな投資と比較するとリスクは下がります。

 

デメリット

続いてデメリットをまとめます。

  1. 利回りが低い
  2. 資金が拘束される

デメリット1:利回りが低い

そだつ貯蓄は1年の運用でも利回りは0.5%です。

銀行預金と比較すれば高い数字ではありますが、直近ではネット銀行の定期預金は上昇傾向にあり、あおぞら銀行のBANK支店では0.4%の利率を提供しています。

期間が5年、さらに50万円以上という縛りはありますが、こちらは預金ですので元本保証です。

0.1%の違いなら期間さえクリアできれば定期預金の方が賢い選択だと思います。

デメリット2:資金が拘束される

3ヶ月、1年の二つから選択できますが、途中での売却はできません。

急にお金が入り用になったとしてもどうしようもありませんので、必ず余裕資金を預けるようにしてください。

 

そだつ貯蓄に1年預けるとどうなる??

そだつ貯蓄に200万円を1年預けた場合、シミュレーションしてみました。

予定通りに運用された場合は下記の利益が期待できます。

200万円 × 0.5% = 10,000円

金利0.002%の定期預金に預けていたら40円しか手に入りません。

こちらと比較すると250倍も変わります。

ただし、そだつ貯蓄はあくまで投資です。

運用が予定通りいかない場合、元本割れの可能性もありますので理解しておきましょう。

 

まとめ

では最後にまとめます。

要点まとめ

株式投資や投資型クラウドファンディングと預金の中間的な商品です。

ただ利率は低く、期中の売却ができません。

もちろん元本保証ではありませんので、自分としてはかなり微妙な金融商品だと感じました。

先ほども言いましたがあおぞら銀行のBANK支店なら定期預金で利率0.4%ですから、そだつ貯蓄の利率で満足するならよほどこちらの方がいいです。

株式市場の環境が悪い時ならまだ選択肢の一つになるかもしれませんが、今の好調な市況を考えると、そだつ貯蓄に投資する方が勿体無い気がします。

自分だったらALTERNAの不動産案件に投資しますかね。

Funds
FUNDINNO(ファンディーノ)
初心者におススメのソーシャルレンディング会社は??【PR】

だれでもコツコツと資産運用できる新しいサービスがスタートしました。

その名はFunds(ファンズ)です。

Fundsはソーシャルレンディングの仕組みを使った社債”風”の資産運用方法で、たった1円から信頼度の高い企業にお金を貸して利息を受け取ることができます。

しかも、優待付きの案件も多く、アマゾンギフト券がプレゼントされるキャンペーンも定期的に開催。

投資経験に関係なくだれでも同じパフォーマンスを出せる画期的なサービスですよ。

もちろんサービスをスタートさせてから、遅延や元本割れは一件もありません!!

スマホ一つで簡単に利用できるので、興味がある方はチャレンジしてみましょう。

さらに詳しく知りたい方は下記記事を合わせてご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック