IPO アールエステクノロジーズは不人気だった?? 3月IPOの証券会社別抽選配分枚数結果【その2】

昨日に引き続き3月IPOで各証券会社が抽選にどれくらいまわしたかの第二弾を紹介していこうと思います(^ ^)

本日紹介するのは”ヒューマンウェブ (3224),アールエステクノロジーズ (3445),ファーストコーポレーション (1430),イード (6038)の4銘柄です!!

また、下記の表は見るデバイスの表示サイズによって隠れてしまっている項目があると思いますので、証券会社にある ”+” を押せば表が展開します

表 展開

スポンサーリンク

IPOヒューマンウェブ (3224) の抽選配分枚数の結果

ヒューマンウェブ ロゴ

証券会社割当枚数抽選配分枚数抽選割合当選人数
SMBC日興証券
2,879枚
305枚
10,5%
305人
三菱UFJモルガンスタンレー証券
127枚
14枚
11,0%
14人
SMBCフレンド証券
100枚
11枚
11,0%
11人
岡三証券
70枚
7枚
10,0%
7人
藍澤証券
34枚
0枚
0,0%
0人
SBI証券
33枚
16枚
48,4%
16人
マネックス証券
34枚
34枚
100,0%
34人
カブドットコム証券
2枚
2枚
100,0%
2人
岡三オンライン証券
5枚
5枚
100,0%
5人

ヒューマンウェブはマザーズの小型IPOだったにも関わらず初値が期待ハズレだった銘柄です(^^;;

主幹事のSMBC日興証券ですら305枚しか抽選に回されていないのでかなり当選難易度は高かったはずなんですがやはり飲食業というのが影響したのかもしれませんね(^^;;

ただ、今は初値以上の株価を維持しておりなかなか好調な推移を見せています

配分枚数に戻り、詳しくみてみると主幹事かマネックス証券以外ではかなり当選が厳しかった銘柄だったことがわかりますね

ただ、こうみると委託販売したカブドットコム証券岡三オンライン証券の枚数を合わせれば7枚となるので幹事の岡三証券の配分枚数に匹敵することになります

なんだか委託幹事の大事さを再認識させられました(^ ^)

IPO アールエステクノロジーズ (3445) の抽選配分枚数の結果

RS Technologies ロゴ

証券会社割当枚数抽選配分枚数抽選割合当選人数
SBI証券
8,618枚
2,407枚
27,9%
1,798人
野村證券
825枚
69枚
8,3%
69人
SMBC日興証券
540枚
56枚
10,3%
56人
岩井コスモ証券
223枚
23枚
10,3%
23人
東海東京証券
181枚
19枚
10,4%
19人
岡三証券
223枚
23枚
10,3%
23人
SMBCフレンド証券
54枚
6枚
11,1%
6人
東洋証券
51枚
6枚
11,7%
6人

SBI証券主幹事で残念ながら、大幅な公募割れを起こしたIPOです

上記の表を見て、特に気になった点はSBI証券での抽選割合でしょう!!

アールエステクノロジーズでは僅か27,9%しかありません

通常は45%〜50%ほどの抽選割合になりますからブックビルディングが積み上がらずに店頭配分を多くしたんだと思います(^^;;

申し込み期間の時から人気がなく100株しか申し込まなかった人も多かったのでその影響でしょう

そして、主幹事でしたので今回も複数配分された方がいました!!

2,407枚の抽選配分枚数に対して当選人数が1,798人ですから、609枚分は追加で配分されたことになります

ここ数回、SBI証券が主幹事の時は複数配分が出ていますので今後も主幹事になった場合は「複数配分がある」と頭に入れておいたほうがよさそうですね(^ ^)

IPO ファーストコーポレーション (1430) の抽選配分枚数の結果

ファーストコーポレーション ロゴ

証券会社割当枚数抽選配分枚数抽選割合当選人数
みずほ証券
4,740枚
501枚
10,5%
501人
SMBC日興証券
619枚
65枚
10,5%
65人
いちよし証券
56枚
7枚
12,5%
7人
SMBCフレンド証券
57枚
6枚
10,5%
6人
岡三証券
59枚
6枚
10,1%
6人
マネックス証券
59枚
59枚
100,0%
59人
松井証券
5枚
5枚
100,0%
5人

こちらは抽選配分枚数でも全て合わせれば600枚以上ありましたので当選できた方もそれなりにいた銘柄だったと思います

抽選割合はどこも約10%前後、マネックス証券流石の100%という結果でした(^ ^)

松井証券は委託幹事入りしましたが100%抽選配分なのでほぼ幹事と同じくらいの配分となっていますね♪

6月IPOのマーケットエンタープライズでは幹事入りしましたがどのくらいの配分があったのか、個人的には気になっています

IPO イード (6038) の抽選配分枚数の結果

イード ロゴ

証券会社割当枚数抽選配分枚数抽選割合当選人数
野村證券
6,762枚
644枚
9,5%
644人
SBI証券
233枚
111枚
47,6%
111人
マネックス証券
253枚
253枚
100,0%
253人
SMBC日興証券
159枚
17枚
10,6%
17人
大和証券
142枚
24枚
16,9%
24人
みずほ証券
155枚
17枚
10,9%
17人
岩井コスモ証券
84枚
9枚
10,7%
9人
藍澤証券
84枚
17枚
20,2%
17人
エース証券
84枚
8枚
9,3%
8人

野村証券が主幹事でしたが枚数が多いIPOだったので644枚を抽選に回しています。

さらに上位幹事に抽選割合が高いSBI証券マネックス証券が入っていましたので当選が困難なネット系の中でも当選できた方が多かったのではないでしょうか??

マネックス証券の253枚はインパクトありますよね♪

個人的にも直近ではメニコンがマネックス証券で当選して10万円以上の利益を出せましたので、やっぱり100%抽選配分の威力は大きいな〜と実感しました

総評

アールエステクノロジーズでもSBI証券は複数配分していますので、上記でもいった通り…

主幹事IPOの時は複数配分がある

と考えていたほうがいいですね!!

これは”IPOチャレンジポイントをつかって当選した人だけが複数配分されたのか” それとも “一般抽選でも複数配分” するのかというのはわかりませんが自分はモバイルファクトリーでチャレンジポイントを使い300株当選していますので、

主幹事IPOでチャレンジポイントを使って当選した場合は複数当選する可能性がある

というのは間違いないでしょう(^ ^)

この辺を追求するにはどうしても多くの抽選結果のデータが必要になってくるので、これからもいろいろとネットで情報を集めながら検証していきたいと思います♪

参考になりましたらクリックしてくださると幸いですにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

今回の抽選割合の結果をみていただければわかると思いますが。SBI証券は抽選に回す枚数が多いため自分のようなネット組にはかかせない証券会社です(^ ^)

しかも主幹事になることも多く、年間での取り扱い数がトップになったりとIPOにはかなり強い傾向があります

上記でもいった通り自分は3月のモバイルファクトリーでIPOチャレンジポイントを使って当選を勝ち取り、42万円の利益をゲットできました

モバイルファクトリー (3912) のIPO抽選結果!! IPOチャレンジポイントを使って当選できたのか!?
3月IPOで抽選組が一番期待していたといっても過言ではないモバイルファクトリー(3912) 抽選配分が多いSBI証券主...

もし、まだSBI証券の口座をお持ちでない方はこれからも多くの取り扱いが期待できるので今のうちに準備しておくといいと思いますよ♪

公式サイトはこちら→SBI証券

G.W後のIPOに参加する準備はできていますか??

 

ついにG.W後のIPOが続々と新規承認されてきましたが、申し込みするための準備はできていますか??

 

今、個人的に押さえておいて欲しい証券会社は…

 

岡三オンライン証券です。

 

 

初値高騰ができるディーエムソリューションズに申し込みできることが公式でアナウンスされました(^ ^)

 

しかも岡三オンライン証券なら資金不要でIPOの抽選に参加できるので低資金でIPOに参加している人でも申し込みが可能です。

 

岡三オンライン証券 IPO前受金不要

 

口座開設には1週間〜10日ほどかかるそうなので、まだお持ちでない方は早めに準備しておきましょう

 

また、そんな岡三オンライン証券ですが、現在当ブログとタイアップキャンペーンを実施しており…

 

  • キャンペーンコードを入力
  • 下記リンクからの口座開設
  • 5万円以上入金

 

上記3つを満たすと…

 

現金5,000円がキャッシュバックされます!!

 

 

今なら資金不要でIPOに参加できる上に、現金5,000円まで貰えるという一石二鳥のタイミングです。

 

ちなみにディーエムソリューションズに申し込みしたい方は、ここ2.3日以内で開設しないと間に合わない可能性が高いので気をつけてくださいね♪

 

タイアップキャンペーンを使って口座開設する

 

 

スポンサーリンク