ハイアス・アンド・カンパニー(6192)のIPO直感的初値予想!!

今回はBB期間が3月18日から始まったハイアス・アンド・カンパニー(6192)直感的初値予想をしていこうと思います♪

このハイアスから4月IPOになりますが、3月と違ってある程度スケジュールに余裕がありますのでピリピリした雰囲気からは解放されますね(^ ^)

ユル過ぎてもBB忘れなどでやすいので気をつけなくてはいけませんが…

ハイエス ロゴ 2

スポンサーリンク

IPO ハイアス・アンド・カンパニー(6192)の仮条件

まずは仮条件の紹介です(^ ^)

ハイアス・アンド・カンパニー(6192)の仮条件は下記となりました

【仮条件】

850円 〜 950円

4月一発目からなかなかインパクトある仮条件ですね〜

想定価格は850円でしたので想定が下限の強気の仮条件となりました!!

上限は100円アップですので10%以上です!!

まぁ人気化確実のIPOなのでこれはしょうがない結果だと思います(^^;;

また、BBスタンスですが承認時と変更なく全力申し込みでいきますよ♪

IPO ハイアス・アンド・カンパニー(6192)の直感的初値予想

続いて本題である、IPO ハイアス・アンド・カンパニー(6192)の直感的初値予想です

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります

ハイエス ロゴ 1

1,500円 〜 2,000円

(公募比約1,5倍〜公募比約2,0倍)

IPO ハイアス・アンド・カンパニー(6192)のスペック考察

仮条件が大幅に上ブレしたことにより、吸収金額は4.6億円→5.1億円となり、約0.5億円も大きくなりました

しかし、マザーズではまだまだ小型の規模となりますので需給面での有利性は変わらないと思います

このぐらいの規模ならばそれだけで初値高騰しそうなかんじです(^ ^)

業種はややわかりにくいところがありますが「住宅関連業に関わるASPシステムやノウハウの提供」ということでどちらかというと、施工というよりもアドバイスや提案をする側ですね

IPOのどストライク人気銘柄ではありませんが、悪くはないイメージがします

また、スケジュールも単独上場の上に、後前にも十分な空白期間がありますので恵まれているといっていいでしょう

スペックは満点とはいえませんが十分及第点は与えられるレベルだと思います♪

IPO ハイアス・アンド・カンパニー(6192)の業績

続いてIPO ハイアス・アンド・カンパニー(6192)業績をご紹介です(^ ^)

【売上高】

ハイアスアンドカンパニー 売り上げ

【純利益】

ハイアスアンドカンパニー 純利益

売り上げは年々増加傾向ですが純利益は波が荒いです

直近では黒字化が続いていますが、この業績ではマザーズでは物足りない感じがしますね(^^;;

IPOハイアス・アンド・カンパニー(6192)の各社割当枚数

ハイアス・アンド・カンパニー(6192)の各社割当枚数も決定しています

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事SMBC日興証券
4,230枚
423枚
1
みずほ証券
141枚
14枚
3
SBI証券
141枚
64枚
2
岡三証券
94枚
10枚
4
東海東京証券
94枚
10枚
4
委託安藤証券(?)
-枚
-枚
-
岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
-
楽天証券(?)
-枚
-枚
-
松井証券(?)
-枚
-枚
-

1番の狙い目は主幹事のSMBC日興証券です

自分は当選経験が多く、相性もいいので期待しちゃいます♪

次にSBI証券といった感じでしょう

ただ、当選枚数が少ない割には各幹事で100枚前後の割当がありますので、このくらいの枚数ならば申し込む価値はあると思います(^ ^)

しかし、自分ごとではありますが3月はまだまだ優待権利日までは資金がありません

早く権利日こないかな(^^;;

IPO ハイアス・アンド・カンパニー(6192)の総評

4月第一弾IPOはなかなか面白そうなIPOが来てくれました

やはり、一発目はある程度初値高騰しそうなIPOが来てくれないと勢いに乗れませんからね

とりあえず、公募割れするようなIPOではないと思いますので、全力申し込みでいいでしょう(^ ^)

6社同一上場でも小型株であるアグレ都市デザインが初値高騰したので、このハイアスアンドカンパニーも意外高があるかもしれません♪

その他ハイアス・アンド・カンパニーの初値予想はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)