FUNDINNO(ファンディーノ)の口座開設が無事完了!! 早速ログインしてみた所…

日本初の株式型クラウドファンディングを目指しているFUNDINNO(ファンディーノ)に先日口座開設の申し込みをしましたが、ついに審査が完了し…

FUNDINNOから書類が到着しました(^ ^)

ファンディーノ 1.1

ただ、書類をもらってそれでおしまいではなく、完了の手続きをネット上でしなくてはいけません

そこまでして口座開設が完了します

今までソーシャルレンディングサービスの口座開設したことがある人にとっては簡単ですが、慣れていない人は少し戸惑うかもしれませんので、今回は書類が届いてからの手続きを紹介したいと思います

と、いっても特別難しいことはありませんので、肩の力を抜いて読み進めていってくださいね♪

日本初の株式型クラウドファンディングが開始間近!? FUNDINNOが投資家登録をついに開始しました!!
現在、日本初の株式型クラウドファンディングに最も近いサービスであるFUNDINNO(ファンディーノ)!! ...

スポンサーリンク

FUNDINNOの口座開設にかかった時間は??

まずは、口座開設にかかった時間を少し振り返ってみたいと思います

口座開設の申し込みをしたのが12月18日で、審査結果の連絡がメールで来たのが12月26日でした(^ ^)

FUNDINNO 審査結果

そして、本人限定郵便で書類が届いたのが12月28日。

fundinno-%e6%9b%b8%e9%a1%9e-1

なので、ちょうど10日くらいかかったことになります

この10日という数字ですが、投資型クラウドファンディングサービスの中では比較的遅い部類に入ります

中には、翌日に書類を届けてくれたサービスもありますし、みんなのクレジットに関しては全てネット上で完結してしまいます

自分が開設したサービスの中では、一番時間がかかりましたね(^^;;

中々書類が届かなかったので「あれ!? 忘れらてないかな??」とちょっと心配になってしまうほどでした

ただ、本登録を開始した直後だったこともあり、申し込みが殺到した可能性もありますから落ち着いてきたらもっと早く口座開設が完了する可能性が高いです

とりあえず、口座開設にかかる時間は10日と思っておけば間違いないと思います!!

アクティベートコードを入力

書類が到着したら、FUNDINNO(ファンディーノ)のサイトにログインして、アクティベートコードを入力必要があります

FUNDINNO ファンディーノ 書類 2

まずは、書類に書かれたURLを入力するか、書かれたQRコードを読み取り、FUNDINNOのサイトにログインをしましょう

ファンディーノ FUNDINNO 口座開設 1

上記画面がでたらユーザー登録した時と同じ方法で、ログインしてください

自分はメールアドレスで登録しましたので、こちらを入力してログインしました(^ ^)

無事、ログインができると早速アクティベートコードを入力する画面になりますので、そちらに入力です

ファンディーノ FUNDINNO 口座開設 2

間違いがなければこれで投資家登録は完了!!

ファンディーノ FUNDINNO 口座開設 3

今の所はまだサービスが開始してないこともり、このような画面が表示されました(^^;;

サービスが開始したらメールで連絡するとのことなので、第一号案件がでるまで、待つしかないですね

ちょっと面白い情報を発見

ログインしても今の所は何もできない状態ですが、唯一FAQは見ることができましたので、そちらをチェックした所、ちょっと面白い情報を発見!!

ファンディーノ FAQ

投資家にはあまり参考になる情報ではありませんが、どうやらFUNDINNO(ファンディーノ)で1億円未満の資金調達が可能で、審査費用が10万円、募集成立時に10%〜20%の手数料がかかるようです

もし仮にある企業がFUNDINNO(ファンディーノ)で5,000万円の資金調達した場合、企業は500万円〜1,000万円の手数料を払わなければいけないということになります

これを安いととるか、高いととるかは企業によって変わるとは思いますが、FUNDINNO(ファンディーノ)はソーシャルレンディング会社よりも1件辺りの単価がめちゃくちゃ高くなりそうです

ソーシャルレンディング会社の手数料は調達金額の1%っていうところも多いですからね(^^;;

ちなみに直接自分たちに関わる内容ではありませんので、「へ〜そうなんだ〜」ぐらいの軽い感じで流してください(笑)

まとめ

とりあえずは株式型クラウドファンディングの第一号案件がでる前にFUNDINNO(ファンディーノ)の口座開設が完了してホッとしました

これでいつ発表されてもすぐに投資することが可能です(^ ^)

自分は絶対に投資したいと思っていますので、できるだけ早く日本初の株式型クラウドファンディング第一号案件がでてきて欲しいと思います!!

どんな会社が第一号になるのかワクワクしますよね♪

「VR関連」、「フィンテック」、「ブロックチェーン」など今後成長していく分野だったら、テンションが上がっちゃいそうですww

ちなみに、順当にいけばこのFUNDINNO(ファンディーノ)が日本初になると思われます

自分同様に株式型クラウドファンディングに挑戦したいと考えている方は早めに、FUNDINNO(ファンディーノ)に投資家登録しておいてくださいね!!

第一号案件のリリースがアナウンスされてからだと、口座開設に時間がかかると思いますので。

ファンディーノの公式サイト

日本初になれるか?? FUNDINNO(ファンディーノ)が株式投資型クラウドファンディングを始動!!
融資型クラウドファンディングは賑わってきていますが、日本では未だ株式型クラウドファンディングは行われていません スマー...

IPO投資と合わせてこんな投資もいかが??【PR】

 

IPO投資は非常にローリスクで、人気のIPOに見事当選できれば大きな利益を得ることができます

 

しかしながら安定した当選は難しく、当選できなければ利益は0円のままです(^^;;

 

非常に不安定な投資方法なんですよね

 

そこで自分はIPO投資だけでなく、最近はソーシャルレンディングにも力を入れ始めました

 

 

ソーシャルレンディングは"ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス"のことで最近は日本でも人気が高まっているんです

 

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%で運用することもできるんですよ(^ ^)

 

今は銀行金利が0.1%の時代ですからそう考えると100倍も違いますよね♪

 

現在は様々なソーシャルレンディングサービスがでてきていますが、その中でも特に高利回りのファンドを多く募集しているのが…

 

クラウドクレジットです

 

クラウドクレジットは海外のローンファンドに投資ができ、その利回りはなんと8%〜14%!!

 

自分は利回り9.6%のファンドに投資をしていましたが、最近満期を迎え、期待通りの利益を上げることができました

 

しかもクラウドクレジットの株主には大企業の伊藤忠商事がいますので、信頼面でも全く問題ありません(^ ^)

 

伊藤忠商事が信用できない会社に出資することはありませんからね♪

 

「IPOがなかなか当選できないな〜」と悩んでいる方はこのソーシャルレンディングもうまく取り入れてみてはどうでしょうか??

 

2017年度はさらに色々なメディアで取り上げられると思いますので、興味がある方は早いうちに始めておきましょう♪

 

クラウドクレジットの公式サイトはこちら

 

もっと詳しく知りたいという方は下記の記事に自分の経験を全て書きましたので、一読してくださると幸いですm(_ _)m

 

クラウドクレジットの評判や1年以上投資してわかったことをまとめてみました
クラウドクレジットで投資をしてから早いもので1年以上が経ちました。 自分はクラウドクレジットに...

 

 

スポンサーリンク

フォローする

直近IPOをチェックしよう!!

最新BBスケジュール


下記の表は管理人の独断と偏見によるものです。投資はあくまで自己責任でお願いいたします

銘柄
上場日
BB期間
評価
4/18
【公開価格】1,370円
B〜A
4/25
【公開価格】2,000円
A