【驚愕】

クラウドリアルティに投資家登録するだけで…

5,000円相当のポイントが貰えます!!

12/31で終了

株式型クラウドファンディング

【人気化必須!?】hakkenがファンディーノで資金調達!! 史上最小金額で瞬殺確定か!?

どうも、株式投資型クラウドファンディング専門家のメカニックです。

いや〜、嬉しい♪

FUNDINNOで新たな案件が開示されましたが、今までで一番注目しているといってもいいかもしれません。

今回開示されたのは”株式会社hakken“です。

実は投資家が開催したECF ROUND PITCHでグランプリを受賞した企業なんです。

【熱狂】投資家発で開催された祭典「ECF ROUND PITCH」を徹底レポート!! 株式投資型クラウドファンディングの投資家たちが主導し行われたピッチコンテスト「ECF ROUND PITCH」が大盛況の内に幕を...

しかも、目標金額はFUNDINNO史上最小金額となっています。

人気化必須のクリック合戦になりそうな予感。

今回はhakkenのファイナンスの概要から特徴を詳しく紹介していきますね。

FUNDINNO(ファンディーノ)について知らない方は先に下記記事をチェックしてください。

マネックス証券

hakkneの要点まとめ

時間がない人向けに株式会社hakkenの要点だけをまとめます。

要点まとめ
  • バーチャル整理券アプリを運営
  • 2019年10月に設立
  • 目標金額は僅か558万円!!
  • 新株予約権方式での募集
  • 初の資金調達
  • 2024年9月以降のIPOを目指す

株式会社hakkenはバーチャル整理券アプリ「hakken」、オンラインレストラン「#いえつなキッチン」、Youtubeのタグ最適化エンジン「hakken BASE」の3つを運営しています。

目標金額はFUNDINNO史上最小額の558万円、上限応募額は657万円。

新株予約権での資金調達です。

転換上限評価額はFUNDINNOの投資家しか見れませんが、シードステージということもありかなり低価格に設定されています。

マイルストーンは2024年9月までに売上を約4.8億円まで伸ばして、その後でIPOによるイグジットを目指しています。

 

株式会社hakkenってどんな会社??

株式会社hakkenはバーチャル整理券アプリ「hakken」を開発、運営している企業です。

お店はQRコードを設置するだけで簡単に導入でき、ユーザーはこれをアプリで読み込むことで整理券を簡単に発行でき、行列に並ぶことができます。

店舗側は行列管理のコストをなくすことができ、ユーザーは待ち時間を他のことに利用することが可能。

それぞれにメリットがあります。

また、オンラインレストラン「#いえつなキッチン」、Youtubeのタグ最適化エンジン「hakken BASE」も運営。

上記のようなビジネスサイクルを生み出すことが期待できます。

hakkenのビジネスモデル

ビジネスモデルは上記の通り。

マネタイズは有料版をリリースし、店舗やイベント会場などからのサービス利用料を予定しています。

導入店舗が増えれば増えるほど売上が伸びるわかりやすいビジネスモデルです。

株式会社hakkenの社長はどんな人??

hakkenの社長は竹井淳平氏。

経歴は下記の通りです。

1984年 6月1日生まれ

三井物産株式会社にて、航空機の改造、ヘリコプターの販売や経営企画を経て、資源プロジェクトで海外(ブラジル・モザンビーク)駐在。

2016年 社会貢献に舵を切るために独立、企業の社会的リブランディング、廃棄野菜活用や地域開発を手がける。

2019年 株式会社hakkenを設立し、よりドラスティックに社会に働きかけるサービス開発に乗り出す。

 

株式会社hakkenの募集金額と資金用途について

株式会社hakkenの目標募集額は558万円。

上限募集額は657万円です。

なんと、FUNDINNO史上最小金額。

株式投資型クラウドファンディングでは1億円までしか資金調達しかできませんので、超小型規模ということになります。

ちなみに自分は想定していなかったのではじめ5,000万円と勘違いしてしまいましたww

そして投資家から調達した資金は下記の目的に充てる予定です。

  • リードエンジニア人件費
  • その他開発人件費
  • 外注費
  • 日本クラウドキャピタルへの手数料

メインは人件費ということになります。

 

株式会社hakkenの業績

hakkenの設立時貸借対照表(2019年10月3日)における純資産は、4,000千円、また直近試算表(2020年5月31日)における純資産は、7,966千円です。

現在設立第1期目で第1事業年度未経過。

直近試算表(2020年5月31日)における売上は5,288千円で営業利益となっています。

 

株式会社hakkenにおける現在のバリュエーション

続いて、hakkenのバリュエーション(時価総額)ですが、新株予約権での資金調達のため計算することはできません。

ただ、資本金が400万円で発行済株式数が400株、さらに初めての資金調達ということですから時価総額はそのまま400万円だと思います。

1株のあたりの発行価格は1万円ですかね。

また、投資家登録している方は転換価額の上限を見ることができるのでそちらを確認してください。

投資家登録していない人は登録すれば見れますよ。

 

株式会社hakkenに出資しているプロ投資家

株式会社hakkenは今回が初のエクイティでの資金調達ということもあり、出資しているプロ投資家はいません。

 

株式会社hakkenにおける投資金額のコースと株数

株式会社hakkenの投資は下記のコースが用意されています。

  • 90,000円コース(9個)
  • 180,000円コース(18個)
  • 270,000円コース(27個)
  • 450,000円コース(45個)

最低投資金額は9万円、最高は45万円。

最低が10万円未満ということで比較的投資しやすい案件かと思います。

 

株式会社hakkenのマイルストーン

株式会社hakkenのマイルストーンは下記の通りです。

最終的にIPOを目指します。

※FUNDINNO公式サイトより引用

まずは3つのサービスのローンチを進めます。

2021年にクラウドレストランの大規模販促をし、Youtubeタグ解析での利益回収を予定。

観光業の需要が戻りそうな2022年から整理券アプリを本格展開させ、マーケットの軸を日本から海外へシフトします。

新サービス開発のための力をつけながら2024年の9月に売上高4.8億円を達成させ、その後IPOを目指す予定です。

 

株式会社hakkenがEXITしたらどのくらいの利益になるの??

hakkenが計画通りにIPOしたらどのくらいの利益が見込めるか計算していきましょう。

シードステージということでIPOまでいけば、投資額の数十倍のリターンが期待できます。

新株予約権方式ということもあり具体的な数字はだせませんが、仮に9万円投資して30倍になったら270万円、利益はざっくり261万円です。

とはいえ、上手くいかなければIPOはできませんし、破産する可能性もあります。

最悪は元本が0円になりますのでしっかりと理解して投資をしましょう。

未上場株の投資とはそういうものです。

ただ、エンジェル投資の醍醐味を味わえる企業だと思いますよ。

また、株式投資型クラウドファンディングの本質は企業への応援の気持ちです。

まだIPOをした企業はいませんので、金銭的なリターンをメインに投資することはおすすめしませんよ。

また株式募集形式によるリターンの計算方法は下記にまとめてあります。

上記は仮に設定したものです。上場時にダウンサイズや上記よりも時価総額が低い場合はリターンが低くなる、もしくは損失を被る可能性があります。株式の希薄化についても考慮しておりませんのでご注意ください。

 

まとめと管理人の感想

最後に株式会社hakkenの資金調達についてもう一度まとめます。

要点まとめ
  • バーチャル整理券アプリを運営
  • 2019年10月に設立
  • 目標金額は僅か558万円!!
  • 新株予約権方式での募集
  • 初の資金調達
  • 2024年9月以降のIPOを目指す

自分の投資スタンスですが、投資を前向きに検討しています!!

バーチャル整理券アプリなどはVACANも参入したりと競合も多いですが、hakkenの方が店舗が簡単に導入でき、差別化はできているように感じました。

また、シードステージですので予定通りのイグジットができれば大きなリターンを得られます。

エンジェル投資というものを味わうにはこれ以上ない銘柄です。(もちろんその分ハイリスクな点はご注意を)

新株予約権方式でバリュエーションを先送りできる点も個人的に好印象。

また、目標金額が史上最小額ということも忘れてはいけません。

でおそらく久しぶりのクリック合戦になるでしょう。

グッドラックスリーの時みたいにサイトがめちゃくちゃ重くなりそうww

募集開始は2020年の7月15日の19時半からですので投資予定の人は気合いを入れて準備してくださいね。

もしかしたらオーシャンスパイラルがもつ限度額最速到達記録を塗り替えるかもしれません!!

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
1円からコツコツ資産運用してみませんか??

だれでもコツコツと資産運用できる新しいサービスがスタートしました。

その名はFunds(ファンズ)です。

Fundsはたった1円から信頼度の高い企業にお金を貸して利息を受け取ることができる、いままでになかった社債”風”の資産運用方法になります。

投資経験に関係なくだれでも同じパフォーマンスを出せる画期的なサービスですよ。

スマホ一つで簡単に利用できるので、興味がある方はチャレンジしてみましょう。

さらに詳しく知りたい方は下記記事を合わせてご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック