ビーブレイクシステムズでIPOチャレンジポイントはどうする?? ボーダラインを少し考えてみた

ついにゴールデンウィーク後の第一弾IPOである”ビーブレイクシステムズ”が新規承認されましたね♪

しかも、SBI証券主幹事というおまけまでついていたので、IPO投資家としてはいきなり気合がはいるIPOがきちゃいました!(◎_◎;)

そして、主幹事がSBI証券ということで、やはりIPO投資家が一番気になるのは…

IPOチャレンジポイント

「使った方がいいのか??」、「ボーダーラインはどのくらい??」など、いろいろと気になるところでしょう(^^;;

と、いうことで今回はビーブレイクシステムズのIPOチャレンジポイントについて少し考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

ビーブレイクシステムズに使う価値はあるの?

まず、ビーブレイクシステムズについてですが、スペックも問題ありませんし、スケジュールも最高なので、初値高騰する可能性が非常に高いです。

IPOチャレンジポイントを使って当選したとしても、マイナス価値になることは”ほぼない”と思います。

ポイントを使うことを考える価値は十分にあるIPOだと思いますね♪

ビーブレイクシステムズのIPOチャレンジポイントのボーダーラインは??

続いて、ビーブレイクシステムズのIPOチャレンジポイントのボーダーラインについて考えていきます。

まずは、2017年のSBI証券主幹事IPOにおけるボーダーラインをチェックしてみると、こんな感じ。

銘柄上場日推測ボーダーライン当選枚数1Pの価値
4/25270P200株約2,925円
3/31165P300株約749円
3/28200P200株約1,890円
3/09130P300株約4,338円
上記表はあくまで自分が調べた範囲になりますので、厳密には間違っている可能性もあります

一番少なくてピーバンドットコムの130P、多くてアセンテックの270Pです。

そして、当選枚数を見ると一番ボーダラインが高かったアセンテックは約4,500枚ほど、そしてビーブレイクシステムズは約3,400枚

規模的にも小さく、枚数も少ないので、ビーブレイクシステムズの方が普通に考えて当選が困難になると思います。。

さらにスペック、人気共にアセンテックと同レベルといっていいでしょう。

そんなことをいろいろ加味すると、このアセンテックのボーダーラインだった270Pというラインは必要になってくるように感じます。

個人的には300P以上になっても驚かないレベルですね(^_^;)

まとめ

おそらく割当枚数は100株か200株のどちらかになると思いますが、もし100株だった場合はポイントパフォーマンスがかなり低下してしまう可能性があります。

ビーブレイクシステムズでIPOチャレンジポイントを使うかどうか迷っている人は、この割当枚数も視野にいれて、ポイントを使うかどうかを考えてみてください。

自分は200株配分だと思っていますが、もしかしたら100株割当になってしまう可能性もありますので(^_^;)

また、ポイントを多く使いすぎると1Pあたりの価値も下がりますから、ここも判断を悩ませるポイントです。

ビーブレイクシステムズは想定価格が1,380円とそこまでネガサ株ではありませんから、公募比3倍になっても、利益が30万にはとどきませんからね。

ひとまず仮条件が決定しないとなんともいえませんが、自分で想定利益を考えながら使うポイントを決めるのがベストな選択だと思います。

ただ、やっぱりSBI証券が主幹事だとポイントが絡んだりしてくるので、個人的には考えるポイントが増えて楽しいです(^ ^)

G.W後のIPOに参加する準備はできていますか??

 

「IPOに参加したいけど、資金が少なくて思うように参加できない」という人はいませんか??

 

そんな方へ個人的にオススメしたい証券会社は…

 

岡三オンライン証券です。

 

 

岡三オンライン証券なら資金不要でIPOの抽選に参加できます。

 

岡三オンライン証券 IPO前受金不要

 

過去には日本郵政グループ、JR九州など注目度の高いIPOを数多く取り扱いしました♪

 

今後のIPO投資でも欠かすことができない証券会社ですよ。

 

また、そんな岡三オンライン証券ですが、現在当ブログとタイアップキャンペーンを実施しており…

 

  • キャンペーンコードを入力
  • 下記リンクからの口座開設
  • 5万円以上入金

 

上記3つを満たすと…

 

現金5,000円がキャッシュバックされます!!

 

 

資金不要でIPOに参加できる上に、現金5,000円まで貰えるという一石二鳥のタイミングなので、このお得な期間を逃さないでくださいね♪

 

ちなみに岡三オンライン証券は6月に初値高騰が期待されているDMソリューションズの取り扱いが確定していますので、申し込みしたい方は早めに口座開設しておくことをオススメしますよ(^ ^)

 

タイアップキャンペーンを使って口座開設する

 

 

スポンサーリンク