テンポイノベーションで主幹事が確定!!

2017年5月のソーシャルレンディング収支結果!! 投資金額400万円が目前に!?

各事業者から2017年5月分の分配金が分配されましたので、ソーシャルレンディングにおける5月度の収支結果を紹介したいと思います。

5月はIPOの新規承認やら、仮想通貨がお祭り騒ぎ、さらには新たなロボアドバイザー投資を始めたりといろいろ重なって大変ではありましたが、ソーシャルレンディングも魅力的なファンドには追加投資していました(^ ^)

それでは早速紹介していきます♪

スポンサーリンク

2017年5月時点で投資しているソーシャルレンディング事業者

まずは自分が2017年5月時点で投資しているソーシャルレンディング事業者を紹介させていただきます。

自分は現在下記で投資を実行中です!!

合計19社!!

今月は新たにサービスが開始されたクラウドリアルティに15万円を投資してみました。

投資したファンドは京都の建物をリノベーションとして宿泊施設にするという、京町家再生プロジェクトです。

利回りは10%と高利回りで魅力的な数字ではありますが、期間36ヶ月、さらには最低投資金額が15万円からとなかなかリスクが高いファンドになります。

ファンド自体の内容は他の事業者にはないユニークなものなので、とても面白いのですが、ちょっとソーシャルレンディング初心者の方にはオススメできませんかね(^^;;

ソーシャルレンディング経験者で「面白いファンドに投資してみたい!!」という方向けのファンドだと思います。

ちなみにこの記事を書いている時点では募集金額7,200万円に対して、進捗率は約41%といまいちな状況。

最近は新たにサービスを開始した事業者ではすぐにファンドが満額に達していましたが、クラウドリアルティは苦戦している印象を受けます。

サービス自体の知名度も低く、募集金額が7,200万円と高額、さらには広告費も使っていないようなので、その辺が原因ではないでしょうか。

まだ募集期間が17日残っていますので、とりあえずどうなるか確認したいと思います。

もしかしたらファンド不成立になってしまうかもしれません。

2017年5月におけるソーシャルレンディングの収支結果

では、本題である2017年5月におけるソーシャルレンディングの収支結果を紹介させていただきます。

今月はこうなりました!!

プラットフォーム投資資金利益
合計394万円15,672円
ラッキーバンク45万円2,913円
オーナーズブック10万円0円
クラウドバンク34万円928円
みんなのクレジット75万円4,497円
トラストレンディング20万円1,342円
LCレンディング13万円137円
クラウドクレジット15万円389円
SBIソーシャルレンディング20万円488円
tateru funding20万円0円
maneo27万円549円
ガイアファンディング10万円589円
グリーンインフラレンディング20万円1,897円
クラウドリース10万円0円
アメリカンファンディング10万円590円
さくらソーシャルレンディング10万円811円
キャッシュフローファイナンス10万円542円
アップルバンク10万円0円
スマートレンド10万円0円
クラウドリアルティ15万円0円
ファンディーノ10万円0円

0円が多くなっていますが、分配月ではなかったり、新規投資への谷間だったりするのが原因です。

来月は新規投資分の分配金も振り込まれていますので、大分改善してくるとおもわれます。

今月もみんなのクレジットを含めて、デフォルト、遅延などは一切なく、各社からきっちりと分配金が支払われました。

4月は20,000円ほどの利益でしたので、今月は少し下がってしまいましたが、それでも15,000円は優秀でしょう(^ ^)

2017年5月における各社の投資資金

続いて各社の投資状況をグラフで表してみました。

みんなのクレジットがまだ頭一つ抜けている状況ですが、毎月少しずつ減ってきています。

MAXは105万円でしたからね。

ちなみに償還された30万円は他の事業社にまわしました。

7月にはさらに30万円ほど償還されるので、それが実行されれば大分自分が思い描いている状況に近づくと思います。

そちらも他の事業社に追加投資するつもりです。

円グラフであらわすと下記のとおり。

いろんな色が多すぎてわかりにくいかもしれませんね(^^;;

ただ、今後も新規参入してきた事業社では投資をしていくつもりなので、さらに分かりにくくなっていくと思います 笑

ご了承ください。

ちなみに自分は若干ソーシャルレンディングが趣味になってきていることもあり、いろんな事業社に投資していますが、多くの方はここまで分散投資する必要はないと思います。

自分が「ここだ!!」と思った3社~5社くらいで投資をするのがベストでしょう。

管理も楽ですからね。

2017年5月現在までのソーシャルレンディング実績

2017年度のソーシャルレンディング実績も計算してみました。

5月現在までの利益は下記の通りです。

プラットフォーム利益
合計113,296円
ラッキーバンク16,885円
オーナーズブック936円
クラウドバンク4,316円
みんなのクレジット33,738円
トラストレンディング8,721円
LCレンディング748円
クラウドクレジット7,091円
SBIソーシャルレンディング946円
tateru funding995円
maneo4,195円
ガイアファンディング2,354円
グリーンインフラレンディング7,404円
クラウドリース1,548円
アメリカンファンディング1,632円
さくらソーシャルレンディング1,270円
キャッシュフローファイナンス1,625円
アップルバンク596円
スマートレンド359円
クラウドリアルティ0円
ファンディーノ0円
スマートエクイティ15,937円
キャンペーン2,000円

今月で10万円を超えると思ったんですが、来月に持ち越しとなりました。

このペースなら間違いなく年間20万円は突破できそうです♪

まとめ

今月も投資している全ての事業社から予定通りの分配金をいただけました。

5月はIPOが1社もありませんでしたから、IPO投資だけしていたら利益は0円でしたので、そう考えるとソーシャルレンディングをやっていてよかったと思います。

今のところは順調そのものなので、このまま投資を継続していきますよ。

ただ、ソーシャルレンディングはあくまで投資なので、リスクがあるということは忘れないようにしたいと思います。

最悪元本割れになって、資金が0円になることもありますからね。

これから投資をしようと思っている方がいましたら、そこはしっかりと頭に入れておいてください。

また、今回の記事でソーシャルレンディング投資に興味がでたという方はクラウドバンクや、オーナーズブッククラウドクレジットの3社がおススメです。

1万円から投資可能なので、低リスクでソーシャルレンディングを始めることができますよ♪

最近はいろんなメディアで取り上げられるているので、人気化する前に次世代の投資を体験してみてくださいね。

オーナーズブックの公式サイトはこちら

追記

2017年6月のソーシャルレンディング収支結果を更新しました。

2017年6月のソーシャルレンディング収支結果!! ついにほったらかしで年間利益10万円を達成!!
各事業者から2017年6月分の分配金が分配されましたので、ソーシャルレンディングにおける6月度の収支結果を紹介したいと思います。 ...

この先のIPOに参加する準備はできていますか??[PR]

 

9月、10月とIPOが次々新規承認され始めました!!

 

そんな中、岡三オンライン証券がSUS、PKSHA Technology、壽屋、ロードスターキャピタルと一気に4社の取扱を発表!!

 

 

ここにきて急激にIPOに力を入れている感じが見受けられます♪

 

岡三オンライン証券は資金不要でIPOの抽選に参加できますので、必ず申し込みをしてくださいね♪

 

岡三オンライン証券 IPO前受金不要

 

ちなみにそんな岡三オンライン証券ですが、現在当ブログとタイアップキャンペーンを実施しており…

 

  • キャンペーンコードを入力
  • 下記リンクからの口座開設
  • 5万円以上入金

 

上記3つを満たすと…

 

現金5,000円がキャッシュバックされます!!

 

 

さらに今なら株主優待本まで!!

 

 

資金不要でIPOに参加できる上に、現金5,000円+株主優待本まで貰えるという一石二鳥、いや、一石三鳥のタイミングなので、まだ口座をお持ちでない方は是非このお得な期間内に口座開設をしてくださいね♪(9月20日まで)

 

ここから年末にかけてさらに多くの取り扱いを期待できますよ(^ ^)

 

タイアップキャンペーンを使って口座開設する

 

 

スポンサーリンク

コメント

  1. 久保原 より:

    IPOメカニックさん、こんばんは。

    今日仕事が忙しく、スマホを触る時間がありませんでして、SBI証券の一般信用取引で、返済期限の現渡しをし忘れてしまったのですが、どうなりますか?

    • IPOメカニック より:

      久保原さんコメントありがとうございます。
      返済期限が過ぎた場合は現物渡しでの決済ができず、明日の朝一で信用売りが強制決済されます。
      なので、現物も朝一で成り売りしてください。
      そうすれば、手数料が2倍かかってしまいますが、株価変動による損失は防ぐことができますよ。

      • 久保原 より:

        なるほど。ありがとうございます。

        と言うことは、現物は値上がりを期待して所有し続けても大丈夫と言うことですか?
        それから、買付余力が足りてれば、代用有価証券が任意で売却されることはありませんか?

        • IPOメカニック より:

          久保原さん返信ありがとうございます。
          そうですね。買付余力が足りてればそのままにしても大丈夫だと思います。
          自分はつなぎ売りをするつもりがたまに信用売りを忘れて、現物だけを保有していたということがあるんですが、その場合は利益がでるまでホールドすることもありますね 笑

  2. 久保原 より:

    たびたびすいません

    SBI証券の一般信用取引で返済期限までに決済出来なかった場合、その後何かペナルティーってありますか?
    ただ、翌営業日に強制決済されてしまうだけで済むのでしょうか?

    ちなみに今回のケースは、信用売りを行ったときの価格より返済買いの価格の方が安く、現物は買ったときより高く売れました。結果的につなぎ売りで現渡しするよりちょっとだけプラスって事でしょうか?

    • IPOメカニック より:

      久保原さん返信ありがとうございます。
      まずペナルティーですが、こちらは何もありませんのでご安心ください。

      利益についてですが、同じ株価でつなぎ売りした場合は基本的に同じタイミングで売却すれば、利益は0円に成ります。
      どちらかのポジションで利益が出て、もう片方のポジションで損失が出るのが基本です。
      ただ、久保原さんのケースでは利益が出ていることになりますね。
      株主優待ももらえて、利益が出せた一番よかったケースではないでしょうか(^ ^)