楽天ポイントをお得にゲットする裏技とは??
立会外分売

立会外分売が当選しやすい証券会社がわかってきたかも!? 7ヶ月挑戦した戦績を振り返る

どうもメカニックです。

最近は立会外分売も非常に人気になってきました。

雑誌なんかにもよく載っていますよね♪

自分も本腰を入れて参戦したばかりですが、当選しやすい証券会社なんかもある程度わかってきたりと、7ヶ月実践していろんな発見があったように思います。

「挑戦しているけどなかなか当選できない。。」という人もいると思いますので、今回は7ヶ月挑戦してどのくらいの利益が得られたのか、またどの証券会社で多く当選できたのかを紹介していきたいと思います。

 

立会外分売への参加状況など

今回紹介する戦績はIPO同様に自分一人だけの結果になります。

そして、売却したタイミングはほとんど当選した日のお昼です。

一部、当選したことに気がつかなくて翌日に売却したのもありますが(^^;;

お昼に売却している理由ですが、これは自分が働いているため朝一で売却できないからです。

お昼に抽選結果をチェックして当選していたらそのまま売却するというルーティーンにしています。

ちなみに未成年口座でも立会外分売に参加しておりますが、今回はそちらの結果は省いています。

 

7ヶ月間で当選した銘柄と売買利益は??

では、7ヶ月の間に当選した銘柄と売買利益を紹介させていただきます。

どんな戦績になったかというと…

実施年 銘柄 当選数 利益
2017年 テーオーシー 100株 200円
2017年 オープンドア 100株 -1000円
2017年 あんしん保証 100株 400円
2017年 田辺工業 100株 3,400円
2017年 THE グローバル社 300株 3,000円
2017年 ハイアス・アンド・カンパニー 100株 900円
2017年 MS-JAPAN 100株 15,200円
2017年 キャリアインデックス 100株 4,000円
2017年 eBASE 100株 1,700円
2017年 ベネフィットジャパン 100株 9,700円
2017年 ネットマーケティング 100株 3,200円
2017年 ロングライフホールディング 100株 3,200円

当選した銘柄は12社!!

合計利益は43,900円!!

初めのほうは当選しても微益だったり、そこそこいい銘柄に当選しても売り時が悪くて損失になったりと、イマイチの展開でした。

この時は様子を見てはいましたが、内心「立会外分売、あまり旨みがないな~」と感じていたんですよね(^^;;

しかし!!

何故かMS-JAPANで1万円以上の利益を上げたあたりから調子が上向きに!!

その後は当選する銘柄はほとんど数千円の利益がでるという理想的な展開が続きました!!

後半かなり巻き返しできたと思います♪

ホント、IPOよりもポンポン当選する。

また、当然ですが自分は全ての銘柄に参加していません。

微妙なIPOは結構スルーしていて、「これはいけそうだな〜」という硬い銘柄しかほぼ参加しませんでした。

もう少し基準を緩くすればさらに当選できたかなと思います。

スルーした銘柄でも、当選すれば利益をだせていた銘柄が多かったので、ちょっと基準を厳しくしすぎたかも(^^;;

来年はこの地合いのままなら、もう少し積極的に参加しようかなと思っています(^ ^)

 

一番当選できた証券会社はどこ??

当選できた証券会社もまとめてみました!!

一番当選できたのはどこだったかというと…

証券会社
当選数
SBI証券
1
マネックス証券
5
松井証券
2
楽天証券
5
ライブスター証券
0
丸三証券
0
野村證券
1

なんと、マネックス証券楽天証券が同率1位!!

 

頭一つ抜け出ています!!

マネックス証券に至っては11月から何故か当選数が急増するという展開に!!

しかも未成年口座でも何社か当選しております(^ ^)

今年最後のロングライフホールディングに至っては親子当選できてしまいました!(◎_◎;)

一方、楽天証券のほうは初めからコンスタントに当選を頂いて、結局最後までペースが落ちなかったような感じです。

また、丸三証券とライブスター証券では結局最後まで一つも当選できず。

野村証券でも分売数が多かったグローバル社のみの当選に止まりました。

こう見ると、マネックス証券と楽天証券の当選数は突出していますね。

立会外分売では当選しやすい証券会社といっても問題ないと思います。

実際にtwitterでも、マネックス証券と楽天証券の当選が多いというコメントをいただきましたので、おそらくネットから参加している方は同様の結果が多いのではないでしょうかね。

 

まとめ

7ヶ月でこの結果でしたらから、1年通して参加すればさらに利益は増えていたと思います。

5万円は間違いなかったはずです(^ ^)

IPO投資に比べると一撃がないので、ジャブの連続という感じではありますが、それはそれで違った楽しみがあります。

ひとまず、今年本腰を入れて挑戦したことで、立会外分売もローリスクな投資ということがわかりましたので、来年はさらに力をいれていくつもりです。

今はIPOも簡単に当選できませんので、そう考えれば魅力的な投資といってもいいのではないでしょうかね。

自分同様に、IPOが当選できなくなって利益が減っている方は2018年は立会外分売も挑戦してみるといいかもしれません。

特にマネックス証券と楽天証券は当選確率が高く、オススメですよ♪

マネックス証券の公式サイトはこちら

楽天証券の公式サイト

POSTED COMMENT

  1. 123 より:

    ライブスター証券は2銘柄、丸三証券は1銘柄の当選がありましたが(8841 テーオーシーはダブル当選、4651 サニックス)どれも利益は数百円ですね...当日朝の寄付き売りです。

    • IPOメカニック より:

      123さんコメントありがとうございます!!
      ライブスター証券、丸三証券で当選しているだけで十分すごいですよぉ(^ ^)
      でも、やっぱり当選はしにくいということですよね。
      なんでこんなに差があるのか不思議です。。。
      各社でこまかなルールが違うんですかねぇ(^^;;

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。