楽天ポイントをお得にゲットする裏技とは??
THEO

ロボアドバイザーでも損益通算できるの?? 各社における税の区分から年間取引報告書まで詳しく調べてみた。

 

THEOから始めたロボアドバイザー投資も気づけばいつのまにか、数社で運用している状況。

 

はまってしまうと次々に手を広げてしまう性格が影響してしまいました(^^;;

 

これが良いのか悪いのかは相場環境にもよると思いますが、今のところは各社全てでプラスになっているので、とりあえずはいい方に動いてくれていると自分を納得させています。

 

さて、そんなロボアドバイザー投資ですが、年が明けると気になってくるのが税金関係

 

 

新しい投資ということもあり、このあたりはどう処理していいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか??

 

自分自身も”各社によって違いがあるか“などいまいち把握していなかったので、少し調べてみました。

 

年間取引報告書についてもチェックしてみましたので、確定申告するつもりの方は是非参考にしてみてください。

 

ちなみに、自分は税のプロではありませんので、詳しい部分まではわかりません。

 

十分に調べてから書いてはいますが、間違っている部分もあるかもしれませんのでそこはご了承くださいませm(_ _)m

 

 

特定口座源泉徴収ありを選択している場合は確定申告をしなくてもオッケー

 

THEOやWealthNaviなどのロボアドバイザーサービスでは特定口座(源泉徴収あり)が選択可能です。

 

こちらの口座を選択している場合は運営会社の方で譲渡益から税金を源泉徴収して税務署に納税してくれます。

 

よって確定申告をする必要はありません。

 

 

一方、特定口座(源泉徴収なし)一般口座の方は確定申告が必要になります。

 

また、特定口座(源泉徴収あり)を選択している方でも、複数の証券会社の損益を通算して、損失になる場合などは源泉徴収された税金が還付される場合がありますので、この場合も確定申告した方がいいです。

 

さらにロボアドバイザー投資で損失がでている方も、確定申告をすれば翌年以降3年間にわたって、上場株式等の譲渡所得などの金額から控除することができますよ。

 

 

WealthNaviの場合

 

WealthNaviの場合は海外市場のETFに投資をしているため、他証券会社と損益通算が可能です。

 

 

また、年間取引報告書はWeb上から印刷ができますし、書面で欲しい方はマイページから申請すれば自宅まで郵送してくれます。

 

あわせて読みたい
【評判や口コミ】WealthNavi(ウェルスナビ)で1年5ヶ月投資してみた 日本でもロボアドバイザー投資という言葉がいろいろなところで聞こえるようになりました。 ネット記事はもちろん、最近はメディア...

 

 

THEOの場合

 

THEOの場合もWealthNavi同様に海外ETFに投資しているため、損益通算は可能。

 

 

ただし、年間取引報告書はWeb上から印刷ができません。

 

欲しい方は”マイページにあるお客様情報”からの申請が必要です。

 

郵送の請求は1月31日までになりますので注意してくださいね。

 

申請すると、書面を郵送で送ってくれますよ。

 

あわせて読みたい
トライオートETFの評判や利益が気になる方へ!! 60万円投資してわかったことをまとめました!!ロボアドバイザー投資などのほったらかし投資にすっかりはまっているメカニックです。 いま現在はTHEOやWealthnaviなどの人...

 

 

楽ラップの場合

 

楽ラップは楽天証券が提供しているサービスになります。

 

 

なので、楽ラップでの売買も株取引なども含めた年間取引報告書に記載されています。

 

楽ラップだけの年間取引報告書は発行されませんので注意してください。

 

書面での郵送も申請できますし、ネット上での閲覧もできます。

 

もちろん、他証券会社との損益通算は可能です(^ ^)

 

あわせて読みたい
楽ラップの評判や運用実績は?? 10万円投資してわかったことをまとめてみました 現在はWealthNaviやTHEOなどの独立系ロボアドバイザーサービスが人気ですが、証券会社でも個々に独自の色を出したロボアド...

 

 

投信工房の場合

 

松井証券の投信工房も楽ラップ同様です。

 

 

と、いうか投信工房の場合は普通に投資信託を買い付けしているだけですので、こちらは説明するまでもないかもしれません。

 

ロボアドバイザーというよりは投資信託ですね(^^;;

 

もちろん、利益確定した場合は損益通算が可能です(^ ^)

 

年間取引報告書は書面、ネットでの閲覧、両方に対応しています。

 

 

トライオートETFの場合

 

トライオートETFの場合は注意が必要です。

 

 

なんとサービス名にETFと書いてあるのに株取引との損益通算はできません!!

 

実はトライオートETFは、ETFへの投資ではあるんですが、CFD(差金決済取引)の形態をとっているからです。

 

“先物取引に係る雑所得等の金額” に分類されるため、投資信託・ETF・株式と税制の取扱いが違うとのこと。

 

また、特定口座などもありませんので、原則確定申告が必要です(T . T)

 

ちなみに損益通算ができるのは下記の商品になります。

 

年間取引報告書は下記の手順で取得することが可能です。

 

 

ここは知らない方も多いと思いますので注意してください。

 

 

まとめ

 

トライオートETFは注意が必要ですが、その他は株取引とも損益通算ができます。

 

他証券でも売買している方は、この辺も頭にいれておけば、節税ができるかもしれませんね。

 

ロボアドバイザー投資に多くの資金を特に恩恵が受けられるかも(^ ^)

 

自分はこのことを知らなくて去年はTHEOの利益分をスルーしてしまいましたので、今年はしっかりと損益通算したいと思います♪

 

また、ロボアドバイザー投資に関しては2017年のまとめ記事で最新の運用実績を紹介しています。

 

興味がある方は、是非一読してくださいませ。

 

あわせて読みたい
今年1年ありがとうございました!! 2017年における全投資の運用成績を一挙紹介します!! 今日で2017年も最後。 今年はIPOだけでなく、いろんな投資に手を出し、かつ結果も残せた1年。 自...

 

 

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。